祝!講座を受けた方が、補助金申請に通りました!最大50万円が出ます!





今日のポイント
「やり方」「ノウハウ」を知ることは
お金につながる!

 

本年3月、
札幌商工会議所の白石支所様の依頼で
講座を実施しました。

 

「小規模事業者持続化補助金」への
申請書類の書き方講座を実施したのです。

 

☆講座紹介はこちら↓
https://www.sapporo-cci.or.jp/web/events/details/post-319.html

 

「申請書類は、読み手のことを考えよう!」
というテーマで、お話しました。

「読む」人のこと、考えてますか?担当者が【うんざり】しない申請書を書こう!札幌商工会議所白石支所にて、持続化補助金書類の書き方講座を実施しました!

2018.03.10

 

この講座では
中小企業診断士の細田先生と
2人で連携して行う講座となりました。

 

細田先生とのチームプレーも相まって
講座は大成功!

 

アンケートにも好評の声を
いただきました。

講師に大事なのはチームプレー!札幌商工会議所主催 持続化補助金の書き方講座、大成功!

2018.03.11

 

 

実はこの持続化補助金申請の講座を受けて、
実際に何社もの会社が
「小規模事業者持続化補助金」に
申請なさったそうです。

 

 

 

その結果が先日通知されました。

 

 

 

 

なんと・・・

 

 

 

講座実施前に比べ、
大幅に採択率が上がったそうです!

 

 

有り体に言えば、
補助金申請に通る確率が
大幅に上がったのです!

 

 

別に補助金制度全体の採択数が
上がったわけではありません。

 

 

私が細田先生とともに行った
「持続化補助金講座」を受講することで、
【補助金申請が圧倒的に通りやすくなった】、
ということなのです!

 

 

 

このニュースを聞いて、
とても嬉しかったですね!

 

講座でお話した内容が
直接受講者の方のお役に立てたわけですから。

 

 

しかも持続化補助金は
最大【50万円】が出る補助金です。

 

 

つまり、私が実施した講座に
【実質50万円の価値があった】
ことにもなるからです。

 

 

しかもですよ、
この白石支所さんの講座、
なんと受講料は【無料】だったんです。

 

 

これ、すごいですよね〜。
なんか「ゼロから価値を生み出した」ような
気がします。

 

 

今回のポイントです。

・・・・・・・・・・・・・・・
「やり方」「ノウハウ」を知ることは
お金につながる!
・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

実は持続化補助金の申請には
「コツ」なり「やり方」なり
「ノウハウ」なりがあります。

 

 

これを知らないで申請しても
ムダに終わります。

 

 

でも、講座を受けたり、
ノウハウを知ったりすると
通りにくい申請も通るようになります。

 

 

結果的にお金が手に入り、
よりよい経営が可能となるわけです。

 

 

実は講座後、ある会社さんから
「持続化補助金の書類を見てもらえませんか?」
という依頼がありました。

 

私がアドバイスをして修正した内容で
提出なさったそうです。

 

 

なんとこの会社さんも
無事採択されていたんです!

 

 

お役に立てて
めちゃくちゃ嬉しかったです。

 

ちなみにこの会社さんには、
作文教室ゆうの
「文章定期コンサルティングサービス」(後述)に
入っていただいています。

 

ともあれ、
「やり方」「ノウハウ」を知ることが
お金につながることが実感できますね!

 

 

 

ちなみに、
私はビジネス関係の「書く」案件について
アドバイスや添削を差し上げることも
可能です。

 

出張での講義も可能です!

☆お問い合わせはこちらからどうぞ!
https://school-edu.net/asc

☆文章定期コンサルティングサービスも
承っています。

https://school-edu.net/bunsyo

ではまた!


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


5 × 2 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください