過去の自分の文章を読むと、懐かしさと感動が胸いっぱいに広まる。

札幌駅前!手軽に「国語力」アップ!
【日本語検定】6/10(土)実施!
申し込み好評受付中!(~5/8)

6/10(土)、作文教室ゆう@札幌駅前で日本語検定に挑戦!

 

「本」を作ってます

 

こんにちは、
作文・論文アドバイザーの
藤本研一です。

 

昨日は
「頼まれていない原稿を書く」
という記事を書きました。

自分の仕事を飛躍させるには「頼まれていない原稿を書く」こと!

新年度1発目の投稿です。

 

この記事にも書いたように、
いま
「頼まれていない原稿を書」いて
います。

 

それが
【社会人に役立つ!伝わる文章を書く100のコツ】
です。

 

 

これまで私が書いてきた
「作文の書き方」シリーズがあります。

こちらのシリーズです↓

作文・小論文がすぐ書ける、書き方のコツ+オススメ教材リスト

 

すでに約80本記事を書いています。

 

これを
大幅に加筆修正して

本にまとめる計画です。

 

 

そんなわけで、
いまはブログ記事の整理と
修正の仕事を行っています。

 

過去の文章を読むと面白い!

 

過去の自分の文章を読むと、
なかなかおもしろいです。

 

 

 

書いた当時の状況を思い出します。

 

「作文の書き方」というシリーズを
書き出したのは2015年の
11月。

 

この記事が最初です↓

作文の書き方①「理由は3つ」法をマスターしよう!

 

 

今から読むと
「読みにくいな〜」
と感じます。

 

あの頃は
ブログ用の一文の長さを
全く意識していませんでした。

 

改行も
あまり考えずに行っていました。

 

 

それでも。

読んでいて
懐かしい思いが
胸の中に広まります。

 

この記事を書いたのは
まだ前職時代。

 

高校教員として
帯広で勤務していた頃です。

 

 

高校教員をしながら
開業準備に取り組み、
作文講座イベントを
休日に行っていました。

 

 

「作文塾で独立する!」

そう決めていても、
何か確たる方法論があるわけでも、
うまくいく自信があったわけでもありませんでした。

 

 

文字通り、
ブログを書きながら
自分の知見を広めていきました。

 

 

塾を開業する前から
ブログの形で自分なりの「ワザ」を
考えていました。

 

今から思うと、
現在の自分の土台になっています。

 

 

昔のブログ記事を読むと、
独立に向かって悪戦苦闘する
過去の自分の姿を思い返します。

 

独立前は
塾開業を目指し
毎月 帯広-札幌間の移動をしていました。

 

 

往復400キロメートル。

 

自分の車で動き回っていました。

 

10月に夏タイヤで札幌に行き、
急遽 大雪に降られました。

あわてて、帰りのガソリンスタンドで
冬タイヤを5万円で買った
ことも、いい思い出です。

 

 

やみくもに
独立に向かっていた時期の記憶が
よみがえってくるのです。

 

 

ちょうどいま、
「フリースクールを作りたい!」
という人の相談にも乗っています。

 

自分同様、
現在 高校教員をしている方です。

 

「独立したい!」
という思いを聞いていると、
あの時の自分の記憶が戻ってきます。

 

 

そんなわけで、
ブログ記事の整理は
意外と面白いことに気づきました。

 

 

 

前職時代のブログ記事ですが、
今やっていることの
本質をついている部分も
多いのです。

 

 

起業をする際、
まずはブログを書く。

 

これも有効なのだと思います。

 

 

ともあれ、
いま本を作りかけています。

 

どういう形で完成させるか
未定ですが、
お楽しみに!!!

 

今日のまとめ

 

過去の自分の原稿。

たまに読み返してみましょう。

 

書いた時の自分の気持ちも
よみがえってきて
ちょっとした「旅行」のようです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【私・藤本が担当する講座のご案内です】

札幌商工会議所主催の
今日から使える!伝わるビジネス文書&メールの書き方
講座にて

講師を担当することになりました!

作文教室ゆうでの実践を元に、
「役立つ!」
「使える!」
技術を4回に分けてお伝えします!

【費用】
商工会議所会員 12,300円
一般      20,600円

社員研修として、
また自分の技術向上として、
ぜひ「使える!」ワザを
身につけてください!

お申込み・詳細はこちら!
今日から使える!伝わるビジネス文書&メールの書き方


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください