1,000文字の文章を分かりやすくスラスラ書くには・・・?





7/8(土)「1,000文字の文章をスラスラと分かりやすく書く方法!」講座開催!

 

こんにちは、
作文アドバイザーの
藤本研一です。

 

いや、本当に
アツいですね。

 

いささか、
夏バテ気味です。

 

皆様、お元気でしょうか?

ぜひ今晩あたりは
ざる蕎麦・そうめんなど
涼しい食事をしながら
ビールでも飲みたいですね〜。

 

さて、
7/8(土)は
毎月開催中の
【大人のための「書き方」講座@札幌駅前】
を開催しました!

 

http://nomad-edu.main.jp/www.school-edu.net/otona_kakikata

報告書・企画書・メールなど、
社会人の方が文章を「書く」機会って、
結構多いです。

 

でも、
「書く」方法を学ぶことって
ほとんどないものです。

 

そんなわけで、
社会人の方が気軽に
毎月「書く」力を学べる場所として
講座を実施しています。

 

今回のテーマは
「1,000文字の文章をスラスラと
分かりやすく書く方法」
です。

1,000文字というと、
だいたい

A4用紙1枚

にあたります。

 

会議の議事録、
イベントの企画書、
依頼文、
報告書など、

A4用紙1枚で
文章を書く機会って
けっこう多いです。

 

そんなとき、
具体的にはどう書けばいいか。

 

それをお伝えする講座でした!

 

1,000文字書くポイントとは?

 

1,000文字の文章を、
やみくもに書くと
日が暮れます。

 

何を書いていいか、
途中で分からなくなります。

 

そんなときは
「文章の型」を知ればいいんです!

 

講座で扱ったのは、
「1,000文字書く基本の型」。

 

 

1,000文字の文章は
150~200文字程度の段落
5つ分に分けることができます。

 

つまり、
1,000文字といっても、
150~200文字の文章を
「5つ分書く」
イメージで書けばいいんです!

 

分けると書きやすくなるのです。

 

 

では、
実際にはどう書けばいいか。

 

型をお伝えします。

 

 

1,000文字書く基本の型

 

1,000文字の文章を書くときは、
まず
【序論-本論-結論】の
3つに分けます。

 

その後、
【本論】自体を
3つに分けるのです。

 

すると、
それぞれの段落で書く内容が
明確になります。

 

明確になるので、
書きやすくなるのです!

 

下の表が、
「1,000文字書く基本の型」。

 

詳細について聞きたい方は
ぜひ作文教室ゆうまで
お問い合わせくださいね!

お問合わせはこちらからどうぞ!
アクセス・お問い合わせ

内容 詳細
序論 コンセプト・概要 本論へつなげるための導入部分。

この文章で最も伝えたいこと(コンセプト)を書く。意図・概要・問題提起・意見・主張など。

☆「以下、3点に分けて説明する」と書いて本論に続けるとラク。

本論 序論のコンセプトを伝えるための詳細(説明)を本論(3つの各論)で書く。

☆内容の詳細を書く。情報はそれぞれの内容に分割する(ワンパラグラフ、ワントピック)

各論1 1つ目の要点・理由 伝えたいことの詳細1を書く。その後に詳細1に対する理由・証拠・事実・事例などを続ける。

☆「第一に〜」と書くとラク。

各論2 2つ目の要点・理由 伝えたいことの詳細2を書く。その後に詳細2に対する理由・証拠・事実・事例などを続ける。

☆「第二に〜」と書くとラク。

各論3 3つ目の要点・理由 伝えたいことの詳細3を書く。その後に詳細3に対する理由・証拠・事実・事例などを続ける。

☆「第三に〜」と書くとラク。

結論 ダメ押し ダメ押しで力強いまとめを書く

☆ 5段落それぞれは150-200文字程度の文章(合計1,000文字程度)

受講生の声

 

今回は5名の方が参加されました。

 

「1,000文字って、
やみくもに書くのではなく、
こう書けばいいんですね!」

 

そう言っていただけて
非常に嬉しかったです!

 

 

 

 

 

 

ご参加くださり、
本当にありがとうございます!!!

次回は「小論文の型」!

 

今回は
「1,000文字の文章を
スラスラと分かりやすく書く方法」
でした。

 

次回はこれを発展させ、
「堅い文章」を書くコツをお伝えします!

 

論文や報告書などを書く際、
役に立つ内容です!

【こんな方にオススメです】

・就職試験・転職試験などで
堅い文章をスラスラ書けるようになりたい方
・本格的な論文を書けるようになりたい方
・推薦入試で小論文を使う受験生の方

キャリアアップをしたい
社会人の方はもちろん、
高校生・大学生の参加も可能です!

 

ぜひふるってご参加くださいね!

 

【すぐ書ける!型書き小論文】

(ロジカル・シンキング講座part.4)
(大人のための「書き方」講座@札幌)

【日時】平成29年8月5日(土)16:30-18:00

☆小中校生向けの講座は10:30-12:00で開催します。

【場所】作文教室ゆう札幌駅前校
060-0807
札幌市北区北7条西5丁目6-1 ストーク札幌201
☆JR札幌駅北口徒歩1分。
ヨドバシカメラ様道向かい。
ミアボッカ札幌駅北口店様上。

【内容】
・堅い文章はどう書けばいい?
・小論文の型とは?
・実践演習

【参加料】3,000円(資料代として)

【参加定員】10名

【主催】日本ノマド・エジュケーション協会
050-3557-1392

☆ 次回以降の年間予定はこちらからご確認ください。
http://nomad-edu.main.jp/www.school-edu.net/otona_kakikata


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


18 − fourteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください