大学院受験英語の攻略法!「Goolge翻訳」アプリで壁を破れ!

藤本研一

Digest!
大学院受験の英語試験は難しいと感じる方も多いですが、実は長文読解と英文和訳が中心です。基礎読解スキルと専門分野の英単語を身につけ、過去問を翻訳アプリでチェックすることで効率的に対策できます。
翻訳アプリを使って大学院入試の英語を乗り切りましょう!

大学院受験の鬼門は英語!

大学院受験の英語試験。

対策するのが大変ですよね…。

そもそも英語がニガテな方にとって
大学院入学を妨げる大きな壁となります。


そんな英語の対策方法について、
これまでも記事をまとめてきました。

☆こちらをご覧ください↓

 

実は、大学院受験の英語はそんなに難しくない!

ただ、ここでおさえるべき
重要な要素があります。



それは、
大学院受験の英語試験って
そんなに難しくない、ということです。

大学院受験の英語で
出題されるのはたいてい「長文読解」と
「英文和訳」だけです。


英語でのスピーキングもリスニングも
求められませんし、
文法の試験も(ほぼ)出ません。

出てくる内容も、
自分の専門分野に近い内容です。

例えば看護学研究科でしたら
医療に関する内容、

経営学分野でしたら
経営学に関する内容だけが出題されます。

自分の専門分野に近い出題であれば
ある程度内容を推測して読むことができるのです。

なので「何の分野から出題されるかわからない」
大学受験の英語よりもグッと対策しやすいのです。

(大学院受験の入試では
 英文学科でない限り小説は出ませんし…)

2つの力をつければ大学院の英語はクリアできる!

まとめますと、
大学院受験の英語の試験をクリアするには

(1)基礎的な読解スキル向上
(2)専門分野の英単語

この2つさえ身につければ合格できるわけです。

(1)の分野についていいますと、
私がおすすめしているのは
基礎英文解釈の技術100』で和訳スキルを高めること。

これ1冊でいいので最後まで和訳すると
英文を読む力が格段と高まります。

☆具体的なやりかたはこちらをご覧ください↓

(2)については
自分の専門分野の英語論文を
ネットなどで調べて読んでいくのが
受験対策になります。

(1)と(2)を着実に勉強していれば
大学院合格が見えてくるのです。



合否を分ける!過去問をどんどん解こう!

その上でやるべきは過去問演習です。

大学院受験においては
「過去問をどんどん解く」ことが必要です。

ですがこういう過去問って
解答がついていないことが多いです。

「解いたはいいけど、
 ちゃんと自分が英文を読めているかわからない…」

そんなことによくなります。

スマホの翻訳アプリは強い味方!

この問題を解決できるのが
翻訳アプリ。

スマホの翻訳アプリを使うとあっという間に
和訳をしてくれます。


その和訳と照らし合わせることで
訳があっているかどうかがすぐわかります。

中でも「Google翻訳」というアプリは
カメラにかざすだけで
和訳してくれます。

これ、かなり便利です!

しかも(ありがたいことに)直訳風に訳してくれるので
文章構造の理解ができているか・
構文を訳せているかを
確認することもできます。

なので過去問を解く際は
スマホの「Google翻訳」活用が
オススメですよ!

これさえあれば
「過去問はあるけど解答や和訳がないから
 演習ができない…」
状態が起こらなくなります。

無料なので
使わないのは損ですね!!!

今回のポイント


大学院入試の鬼門は英語。
和訳力と単語力を高め合格を勝ち取ろう!
翻訳アプリもお忘れなく!

以前はめっちゃ手間がかかっていました。

以前の私は
スキャンアプリで英語を文字データ化し、
それを翻訳サイトで翻訳していました。

「一太郎Pad」というアプリが優秀で、
紙のページを写真に撮ると
そこに出ている文字を言語化してくれます。

一太郎Padで印刷した過去問の英文を文字化し、
それを翻訳アプリの「DeepL」に
貼り付けていました。


これでも和訳はきちんとできます。


訳も正確です。

ですが、いかんせん
スキャンアプリから翻訳サイトへ貼り付ける流れが
面倒でした。

Google翻訳ならかざすだけ!

…最近「Goole翻訳」に
カメラから翻訳する機能があることを知り、
そこから使うようになりました。


(外国人の友人が使っているのを見て
 使うようになったのです)


「Google翻訳」のアプリ、
これがあれば
例えば英語論文や洋書を読んだ際も
訳があっているかすぐ確認できて便利ですね…!


英語学習にはスマホを使う!

これで大学院入試の英語も
乗り切りましょう!!!

ではまた!


☆メルマガ登録後1通目が届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください