人との約束同様に、自分との約束も守る努力を!大学院受験は長期戦!




今回のポイント

他人との約束同様に、
自分との約束も必死で守る!

仕事において何よりも重要なことは何か?

仕事において重要なことって
いったい何でしょうか。

社会人になる前、
仕事において何より重要なことは
【約束を守る】ことだと教わりました。

たとえば誰かと会う際に
時間を守ること・

締め切りを守ることなどが
これにあたります。

そうやって「約束を守る」のが
何よりも大事だと教わる機会があったのですね。

(自分ができているかは別として、
「大事なことだな」といつも思っています)

約束を守る秘訣は約束しないこと!?


このとき、安易に受ける、
つまり「安請け合い」をしてしまうと
約束を果たせなくなりがちです。

だからこそ、逆説的ですが
約束を守るためには
「安易に約束しない」ことだというのが
大事なようです。

たとえば自分の時間の都合が合わないものを
無理に引き受けると
将来的なトラブルになることもあります。

…この辺、私も常に気をつけないとな…
と常に思っているところです。

自分との約束も守る意識を!

で、この「約束」で大事なのは
「自分との約束も守っていく」
ことだと密かに思っています。

たとえば大学院進学のための
日々勉強をつづけていくのも
ある意味で「自分との約束」を守ることにつながります。

来年なんとしても大学院に入学したい、
という思いがあるなら
それを叶えるため
日々努力をしていく必要があるのですね。

自分との約束は破られやすい…。

ただ、この「自分との約束」、
ともすれば破られやすいです(笑)

「今日、仕事のあとに勉強するぞ!」
と気合を入れていても、

そのときに急に依頼が入ったり、
「そろそろ飲みにでも行こうよ」と
声掛けされたりするのですね…。

せっかくそれまで学習が進んでいても、
そこからズルズルと計画倒れが横行することにも
繋がりかねません。

このように「自分との約束」は
破られやすいからこそ
細心の注意が必要なのです。

今回のポイント


他人との約束同様に、
自分との約束も必死で守る!

自分との約束を守るため「他の人」を加える!

「毎日、英語を勉強する!」などという
「自分との約束」。

ほっておくと急遽の依頼などで
破られやすいです。

この状態が続くと、
大学院合格という目標も
遠のいてしまいます。

だからこそ大事なのは
「自分との約束」に
【他の人】を加えていくことです。

言ってしまえば
「今日はこういう勉強を必ずやる」
というのを誰かに宣言することですね。

友人・家族に宣言すると
イヤでもやらざるを得なくなるので(笑)
これはこれでオススメですよ!

うちの塾の取り組み。

実はうちの塾でもこういう取り組みをしています。

うちの塾では受講生の方と
「次回までに何をどこまで勉強するか」を
授業後に確認するようにしています。

次回までの目標を一緒に決めることで
計画的に学習できるようにしているのですね。

大学院進学対策は長期戦となります。

だからこそ、計画を立て、
日々の学習行動に落とし込み、

「次までに何をするか」

という約束を日々重ねていくのが大事なのですね。

そうやって「自分との約束」を
コツコツ守っていくことで
合格も見えてくるわけです。

なので人との約束同様、
自分との約束も守っていきたいですね!

ではまた!