行ってみてわかった中標津空港のアクセスの良さ!発見するためには旅の「予習」をせよ!

中標津 自動車ツアーに行ってきました!

 

こんにちは、
文章アドバイザーの
藤本研一です。

 

7/29-30にかけて、
妻とともに旅行にいってきました。

中標津(なかしべつ)旅行です。

 

中標津といっても
イマイチ分かりにくいのと思うので
地図がこちらです↓

 

 

 

友人が
中標津に住んでいるので
久しぶりに会いに行ったのです。

 

札幌-帯広はバスで約4時間。

帯広から車を借りて約4時間。

 

 

結論的に言うと

めちゃくちゃ遠い

場所です。

 

ただあまり来る機会もない場所なので
珍しい経験も多かったです。

 

 

行ってよかったと思いました。

 

友人も元気そうでしたし、
彼の家にいるネコたちとも
関われました。

(15匹もいたんです)

 

 

さて、
中標津の街は
クルマで行くと
恐ろしく手間のかかる場所です。

 

 

行く途中、
ドライブがてら
中標津空港にも寄ってみました。

かつて私がよく使っていた
とかち帯広空港より
ちょっと小さめのサイズ。

 

 

でも
内部は木材を活用した
あたたかみのあるデザイン

 

とかち帯広空港が
「羽田-帯広」
便しかないのに対し、

「新千歳-中標津」便も
「羽田-中標津」便もあります。

 

 

つまり、
札幌からなら
1時間以内に中標津に行けるのです。

 

そうか、
クルマが不便でも
飛行機があるんだ!

 

 

あらためて
実感しました。

 

 

もう一つ驚いたことが。

 

 

この中標津空港、
市街地に
めちゃくちゃ近いのです。

 

 

だって空港から
車で
5分でもう街中なんです。

 

とかち帯広空港は
街中から30分以上
運転して向かっていたことを考えると
えらい違いです。

 

札幌から新千歳空港に向かうのも、
どんなに早くて40分はかかることを考えると
驚異的です。

 

 

実は
中標津旅行の前、
インターネットを使って
「予習」していました。

 

 

Wikipediaなどがメインです。

 

「空港から街まで近い」
という表記があったのを覚えています。

 

それにしても
こんなに近いなんて・・・。

 

驚きでした。

 

中標津は
根室振興局管内で
2番めに人口が多い街。

 

なんと
人口が増え続けている
という特徴も持っています。

 

クルマで中標津に向かうと、
何もない牧草地帯が
いきなり街に変わるので
けっこう衝撃を受けます。

 

 

中標津はロードサイドショップも
ショッピングモールも集中しており、
生活しやすい。

 

 

それを実感しました。

 

 

現地に行かないとわからないことがある。

 

私は
道内旅行がけっこう好きです。

 

あちこち回っています。

 

そのたびに
多くの発見があります。

 

 

今回の中標津の旅も、
中標津空港へのアクセスの良さに
気づいたのが発見でした。

 

……ただ、
中標津空港は
「匂い立つ空港」
としても有名です。

空港の出口を出た瞬間、
堆肥の香りが迎えてくれます。

 

これも
実際に空港に寄ってみることで
気づいたことでした。

 

これはこれで
個性的な空港と言えるでしょう。

 

 

途中立ち寄った
開陽台の景色の素晴らしさも
表現しようがありません。

 

地球が丸いと実感できるほど、
目の前に地平線が広まります。

すごく贅沢な景色でした。

 

 

 

 

実際に行ってみないと
実感できないことだな〜
と感じました。

 

旅で感動するためには「予習」せよ!

 

 

今回の中標津空港の近さも、
もともとネットで「予習」していたから
実感できたことです。

ネットの情報を「予習」して読んでいたから
空港に寄ってみる気になったのです。

 

 

予習をすると
街のことがよくわかるものです。

 

旅行にいく前に
その場所の内容を
wikipediaで調べておく。

 

それだけで
発見が大きくなります。

 

中標津に行く前に
私もWikipediaで調べていると、
なんとあのムツゴロウさんの牧場があることも
初めて知りました。

 

「予習」に関して。

 

学校の勉強において
「予習」はあまり役立ちません。

 

イヤでもその内容を
先生が教えてくれるわけですから。

 

でも、
こと旅行に関しては
予習が役立つのです。

 

行く予定のことを
少しでもネットで調べてみる。

 

「へ〜、こんな場所があるんだ!」

「こんな歴史があったんだ!」

 

発見が多いです。

旅行へのモチベーションも高まります。

ワクワクしてきます。

 

旅の「予習」は
役立つことだらけです。

 

「予習」するからこそ、
現地での「発見」が大きくなります。

 

旅先ではペンを。

 

旅先では
なぜか手帳やノートに
感想を書きたくなりませんか?

 

私はまさにその一人です。

 

旅先でしか感じられないことを
書き留める。

 

ぜいたくな旅の楽しみだと思います。

 

せっかくなら、
書き留める内容を
もっと深いものにしたい。

 

その時に役立つのが
「予習」です。

 

ネットで行きたい場所のことを
「予習」する。

 

そのことで現地に行ってからの
「発見」も増えます。

 

すかさず書き留めれば、
旅の充実度が一段と高まるのです。

 

今回の旅行で
改めて実感しました。

 

札幌に戻るので、
また仕事、がんばりますね!

 

ではまた!

 

「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

はじめての方はこちらもご覧ください。

1 個のコメント

  • 好い旅行ができましたね!。
    昨年11月にお会いしたとき、私も中標津の友人に会って、中標津に宿を取りました。
    空港が有るのは知っていましたが、街からそんなに近いとは知りませんでした。
    次回行くときは、羽田から中標津空港へ行くのが便利ですね!。
    この地域へは女満別空港をよく利用していました。
    この近くのお勧め観光地は野付半島が一番です。
    北方4島も間近に観る事ができます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください