ライティングスキルは身を助ける。〜ギリギリの出願でも合格できた件〜




今回のポイント

直前の出願でも無事合格!
ライティングスキルは身を助ける!

北海道大学のプログラムを受験した結果。

先日、
北海道大学主催のあるプログラム受講のため、
面接試験を受けたことを記事に書きました。

  

受けてきたのは
CoSTEP(コーステップ)という
教育プログラム。

https://costep.open-ed.hokudai.ac.jp/

CoSTEPとは
「科学技術コミュニケーション」に関する
人材養成を行うプログラムです。

「CoSTEPは、広く社会人に開かれた、
 独自の科学技術コミュニケーター養成プログラムを展開します。
 
 また、北海道大学の学部・大学院教育に携わるだけではなく、
 学内外の組織の教育活動に協力します」

北大CoSTEP概要  https://costep.open-ed.hokudai.ac.jp/pioneering-the-future

「科学技術コミュニケーター」として
専門の科学知識やその活用方法などを
実践を交えて学んでいくというプログラム。

…かえってわかりづらくなったかもしれませんが、
要するに

(1)科学技術についてを専門の講師から学び、
(2)その内容を他の人に対しわかりやすく伝え、
(3)新たな知を作っていく

ことを目的としたプログラムとなっています。

 

で、これができる人材を育成するのが
CoSTEPというプログラムだというわけです。

 

 

私、このCoSTEPが前から気になっていました。

 

社会人の立場で受講できる教育プログラム

北海道大学の教育プログラムを
社会人の立場で受講することができるということ、 

また専門知識を
イチから学んでいけるということに
魅力を感じていたのです。
 

私自身、いま専門看護師(CNS)や
経営管理修士(MBA)をはじめとする
大学院受験対策を行っていることもあり、

最新の科学知識や専門知識を
身につけられる機会を探していたのです。

(大学院で勉強はしていましたが、
 修了から10年が経過しているので
 そろそろ学び直しが必要だと
 思っていました

このプログラム受講のため
志望理由書も書き、
面接の対策も行っていました。

今回、幸いなことに
無事「合格」することができ、
たいへんうれしく思っています。

今回のポイント


直前の出願でも無事合格!
ライティングスキルは身を助ける!

 

締め切り3日前でもなんとかなる…?!

正直言うと、
このプログラムの受講を決断したのは
プログラム申し込み締切の
3日前でした。

 

すでに同プログラムを終えた友人から

「CoSTEPは大変だけど
 絶対 力になるよ」

と言われ
「やるなら今しかないかも」
と思い、エイヤっと志望したのです。

 

締切間際であっても出願書類の
「志望理由」などを書ききれたのは

受講生の方の
大学院進学の志望理由書作成の
アドバイスをふだんから行っていたたまもの、でしょう。

 

「書く力」をつけていると、
直前の「チャンス」も掴んでいけるのかも知れないな、
とふと思ったしだいです。
 

だからこそ、
「夢」や「目標」を叶えるためにも
ふだんから書く力(ライティングスキル)を高める
トレーニングをしていたほうがいいわけですね。

受講生の方に還元します!

ともあれ、
Co-STEPでの学習が
この5月から始まります。 

授業は土曜午後+水曜夜と固定なので
ここからスケジュールを調整していくところです。

 

1年後 力をつけて修了できるよう
取り組んできたいと思います!

(今年度CoSTEPを通して学んだことを
 受講生の方に還元してきたいと思っています…!)
 

ではまた!