面接の本番力は「自撮り」で身につく!〜社会人が大学院進学をめざすなら?⑯〜




今回のポイント

面接勝利の必須練習。
【自撮り】で勝負を決める!



「大学院進学って、
 どうやって進めればいいの…?」

そんなお悩みにお応えするシリーズ
第16弾(「面接対策」編 vol.3)、
今回もお届けします!

 

 

面接を軽視すると痛い目を見る!

前回・前々回とお伝えしてきたのは
【面接対策を軽視すると痛い目を見る】
という事実です。

 

「ぶっつけ本番」で臨むケースの多い
大学院入試の面接。

 

だからこそ、
本番に大失敗をしてしまうケースが多いのです。

そのため、
【志望理由書の内容を
 自信をもって話すこと】
(前々回)や

【研究室訪問を必ず行うこと】(前回)
をお届けして来たわけです。

今回は面接試験対策の
【オススメの方法】をお伝えします。

面接対策オススメの方法!それは【自撮り】

面接対策
オススメの方法。

それは自撮りです。

スマホをセットし、
カメラを面接官だと思って
志望理由や研究計画・自身の長所を話していくのです。

 

当然、はじめは「照れくさい」こともあるでしょうが、
試験本番のためと思い
がまんして行うのが必要です。

 

もし可能なら
面接会場に扉を開けて入るところや
面接官へのお辞儀(礼)の仕方も
撮影できるといいでしょう。

 

ヘコんでもいいから撮った動画を自分で観る!

で、撮った動画を
自分で観てみるのです。

 

これ、やったらわかりますが、
最初は死にたくなります(笑)

「え、自分ってこんな
 キモい喋り方をしているの…?」

「話している時、
 ムダに手を動かしている…」

そんな発見があります。

 

仕草だけではなく、

「あ、志望理由を言っているとき、
 【あ〜】とか【え〜】とか
 ムダな発言が多いな…」

という部分にも気づけます。

なにごとも、
自分に欠けている部分を認識することが
スタートになります。

 

まずは「どこがよくないか」を
認識した上で、
その部分を意識してなんども練習をする。

 

それが
面接当日の
勝利につながるのです。

 

今回のポイント

面接勝利の必須練習。
【自撮り】で勝負を決める!

大学院進学後のキャリアアップにも役立つ!

面接勝利につながる
【自撮り】練習。

これ、うちの塾の受講生の方にも
お伝えしています。

実際に【自撮り】練習をした
多くの方から

「動画を観て
 泣きたくなった

という声を聞きます。

実際、私もYouTube動画を作っている関係上
自分が話している様子をよく目にします。
 

自分が思っている声と違う声で聞こえること、
ジェスチャーや話している内容がクドいことなど
見る度に落ち込むこともあります。

 

泣きたくなる上に
死にたくもなります。

 

でも、だからこそ、
自分が話しているのを【自撮り】してみることが
自分の成長につながるのです。

 

この【自撮り】ですが、
単に面接試験につながるだけではなく、
自分の話し方・プレゼンの仕方を向上する際にも役立ちます。

 

自分のどの部分を直せばいいかと
改善点に気づけるからです。

 

これがトータルな自分の成長・
キャリアアップに直結するのですね。
 

だからこそ、
今後の成長のためにも
面接の様子の【自撮り】を忘れずに
行ってみてくださいね!

「面接試験対策がひとりで出来る動画」も活用を!

なお、面接練習の際は
こちらの「面接試験対策がひとりで出来る動画」も
活用してみてくださいね!
 

  

ではまた!