学歴コンプレックスを晴らすための大学院進学。これって邪道?




今回のポイント
学歴コンプレックスを晴らす!
そのための大学院進学も大いにアリ!

 

 

学歴コンプレックスから大学院進学を目指すのは邪道か?

 

「学歴にコンプレックスがあるのですが
 そんな理由で大学院を目指すのは邪道でしょうか?」

 

たまに私のもとに
こういったご相談をいただくことがあります。

 

 

たとえば看護専門学校卒で、
職場に出てから

「4年制大学を出ていればよかった…」

「親の負担を考えて
 地元の看護学校にしたけれど、
 奨学金を借りてでも
 看護大学にいったほうが良かったのでは…

と軽く「後悔」している方がいらっしゃいます。

 

 

看護学士を取ろう!

 

いま、医療業界において
「看護学士」を持つ看護師の割合が
増えてきています。

 

 

それを受け、
看護学士の資格を目指す方も
多くなっています。

 

実際、うちの塾でも
3年制看護専門学校出身で

「放送大学などを経て
 看護学士の資格をとりたい」

と来てくださっている看護師さんがいらっしゃいます。

 

 

 

良くも悪くも医療業界では
「学歴」がモノをいう側面があります。

 

 

これが良いことなのかどうかはわかりませんが、
現状がそうなっている以上、
自分が力をつけていくと
自分のやりたい看護や医療が実現できるようになるのも事実です。

 

その上で「学歴コンプレックス」で悩んでいるなら
思い切って「学歴を上書きする」のもありだと思うのです。

 

 

大学院で学歴の上書きを。

 

以前も書いていますが、
大学を出ていなくても、

言い換えれば
専門学校卒・短大卒であっても

大学院に進学することは
十分可能です。

(なおこの場合、
大学院が個別に実施する
出願資格審査を通る必要があります。
この資料作成のお手伝い・アドバイスも
うちの塾で行っていますよ!)

 

で、大学院を出てしまえば
大学に行っていなくとも
最終学歴は「大学院卒」になります。

 

一気に学歴を「上書き」することが
可能となるのです。

 

 

 

人によっては学歴コンプレックスを解消するために
大学院を目指すことについて
「邪道」という方もいるかも知れません。

 

でも、コンプレックスを解消する方法として
これでも良いと思うのですね。

 

…私の話をいいますと、
私の出身である早稲田大学教育学部、
私の中では「第5志望」でした。

第1志望の慶応大学法学部に落ち
第2志望の早稲田大学法学部に落ち
第3志望の中央大学法学部に落ち
第4志望の早稲田大学商学部にも落ちてしまいました。

 

そのため、
私が教育学部に行ったのは
「そこしか受からなかったから」、
という言い方が正しいようにも言えます。

 

 

なので
なんとなく教育学部に行くことに
「引け目」を感じてもいました。

 

 

その思いから
「大学院に行く」
という気持ちになったところもあります。

 

 

学歴コンプレックスの晴らし方

 

ともあれ、
「学歴コンプレックス」って
意外といろんな人が持っています。

(東大卒の人も持っているケースがあります)

そのコンプレックスを晴らすために
進学を決意する、というのも
私的には「アリ」だと思うのですね。

 

「いい歳なんだから
いまさら進学なんかしてどうするの?」

みたいに言う人もいますが、
「雑音」はほっといておいてもいいと思うのです。

 

せっかく一度きりの人生、
学歴コンプレックスで悩んでいるなら
思い切って進学し、
進学しなければ見えない世界を目指すのもありだと思うのです。

 

 

今回のポイント

 

 

今回のポイントです。

 

学歴コンプレックスを晴らす!
そのための大学院進学も大いにアリ! 

 

 

大学院進学でしか取れない資格はいくつもある!

大学院進学をすることでしか
取れない資格はいくつもあります。

 

専門看護師(CNS)もそうですし、
保健師助産師資格を取るために
大学院に行くというルートも存在しています。

(MBAや教員免許専修免許状なども
院卒でしか取れない資格です)

 

学歴コンプレックスを克服できるだけでなく
今後に役立つ資格も取れてしまうのが
大学院進学の魅力です。

 

ぜひ一緒に目指していきませんか?

 

一人では取り組みにくくても
一緒に取り組めれば今後の可能性を開いていけますよ!

 

 

ではまた!


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください