コロナ情報を知っても正直なんにもならない事実。自分の「これから」につながる専門性を磨け!




今回のポイント
コロナで一喜一憂するくらいなら
ニュースを「断って」、
自身の専門性を磨く!

 

コロナのニュース、見るのをやめませんか?

 

「新聞を毎日読もう!」

 

そう言ってきた私。

ですが、さいきん
「コロナ」記事については
意識的に読み飛ばすようにしています。

 

 

 

 

何かというと、
なんにも「新しいニュース」がないから、
です。

 

 

たとえば…。

 

緊急事態宣言が出たり
解除されたり、
また出たり…。

「まん防」がいまどこに出ていて、
いつ解除されるか…。

 

 

 

これら、毎日見ていると
なんだか気持ちが落ちてきます。

 

イメージとしては

「危険」
「かなり危険」
「めっちゃ危険」
「ものすごく危険」

…というもはや
強弱がなにかわからなくなった
ニュースを毎日見ていると、
心がウンザリしてしまうのですね。

 

 

 

 

おそらく、
報道関係者も、
またテレビコメンテーターも、
「ウンザリ」しているのだろうと思います。

 

 

だからこそ、
最近の「さざなみ」発言で
「炎上」が起きるなど、

  「真新しいニュース」

に皆が飛びつくのですね。

 

 

別にコロナの最新ニュースを知らなくても困らない。

 

思うんですけど、
私がコロナについての最新ニュースを
知っていても知らなくても、
本質的な違いはほぼないと思うのです。

 

 

 

特に今の時代、
コロナについて少し知ったところで
正直なんにもなりません。

 

コロナについて日々ニュースを見る時間を削り、
自分の専門性を高めるため
別のニュースなり
専門書なりを読む努力をしたほうが
よっぽど役立つんじゃないか、と思うのです。

 

 

『News Diet』は名著だ!

 

 

『News Diet』という本があります。

 

 

以前ブログでもご紹介しましたね。

 

 

この本のポイントは
「ニュースばかり観ているバカになる」
というものです。

 

 

ニュースに接する量を減らし、
その分を自分の専門を磨く時間にしていく。

 

 

これが大事なのですね!

 

 

 

むろん、私が飲食業など
「コロナによる営業制限」情報を
常に知らなければ業務ができない業種なら
話は別です。

 

ですが、基本的に私は
「大学院進学」や
「大学進学」に関する講義をしているので

日々コロナニュースで一喜一憂するよりも
「受験情報」なり
「大学情報」なりを知った方が
受講生のためになるのではないか。

 

コロナニュースよりも
こういうニュースを
もっと掘り下げたいな、と思うのです。

 

これを実感しています。

 

 

 

今回のポイント

 

 

今回のポイントです。

 

 

コロナで一喜一憂するくらいなら
ニュースを「断って」
自身の専門性を磨く! 

 

 

コロナ情報を知っても、正直なんにもならない。

 

昨年2月から
毎日ニュースになっているのが
「コロナ」関連です。

 

 

これ、正直言うと
「めちゃくちゃ大事なニュース」って
コロナ関連では
ここ1年なにも動きがなかったように
感じます。

 

 

 

であればコロナ系のニュースをすべて断ち、
自分の仕事の「これから」につながる本を
1冊でも読んだほうがプラスになるのでは、
と思っています。

 

 

どうせ新聞でコロナ関係を読み飛ばしていても
誰かかしらはコロナ関連の情報を
教えてくれるものです。

 

 

(世間話の主なテーマですし)

 

コロナについて仮にめちゃくちゃ詳しくなっても、
実はそれだけでは仕事にもなりませんし、
「次どうするか」というヒントにもなりません。

 

 

コロナのニュースでウンザリしているなら、
そのニュースを目にする「だけ」で
やる気や集中力が奪われていきます。

 

 

 

これって「もったいない」のです。

 

であれば
思い切ってそういうニュースを
見るのを一切やめ、

自分の「これから」に繋がる情報収集・
学習に取り組んでいってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ではまた!

 


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください