時間管理の基本は記録にある!毎朝支給される24万円、あなたはどう使いますか?

今回のポイント
毎朝24万円を支給されているイメージで
1日を過ごす。
どうせなら価値あるものに時間を使おう!

 

ダラダラしがちな休日…

 

  「うわっ、やってしまった!」

私、休日になると
ついついダラダラしがちです。

 

現に、毎年ゴールデンウィークなどの
連休って
ホント有意義に過ごすのが大変です。

 

 

まして、今年のように
「お店がやっていない」
「そもそも外に出られない」時は
なおさらですね。

 

 

家や事務所で
ついついだらけがちです。

 

 

それを防ぐため、
今年は「小論文対策特別相談会」を
5/4-5/6、実施しています。

 

お問い合わせも入ってきているので
ありがたい限りです。

どうなる今年の大学入試?小論文試験対策を行い、夢に近づこう!大学入試小論文の個別相談会、5/4~5/6に開催します!!!

 

 

仕事がない期間に入ると、
ついつい気が抜けてしまい
時間をダラダラ使ってしまいがちなことが
多いです。

 

私自身も、

 「ブログを書かなきゃいけないけど、
ちょっとだけこの本を読もう…」

と流されてしまい、

 「しまった、もうこんな時間だ!」

と驚くこともしばしばです。

 

 

ひどい時は夜になってから

 「今日って、一体何をして過ごしたんだろう…」

と思い出せないこともありますので、反省です。

 

 

フジモトが時間管理法をブログに書く理由。

 

このメルマガにおいて、
私はしばしば時間管理の仕方を書いています。

 

 

こう書くと私が
めっちゃ時間管理がうまいように思う人も
いらっしゃるかも知れませんが、
全く逆です (笑)

「ああ、時間をムダにしたな…」

という後悔をしょっちゅうしているからこそ、
そうならないために、
あと付けで勉強しているわけです。

 

 

時間の記録をつける大事さ。

時間の使い方をうまくなるポイントに、
「時間の使い方を記録をつける」
というものがあります。

 

 

例えば、節約や貯金を行う際に
大事なことってなにかご存知ですか?

それは「家計簿をつける」ということです。

買い物の際にレシートを必ず受け取り、
それをノートやスマホアプリに打ち込んでいく。

 

このような家計簿づけの作業は
節約・貯金の最初の一歩になります。

 

 

なぜかと言うと、
「家計簿をつける」「記録する」という
意識になるだけで、
無駄遣いが劇的に減るからです。

 

 

感覚論で言うと、
それまでは何の気無しに
自販機で缶コーヒーを買えたのが、

 「自販機だとレシートが出ないし、
いちいち130円の記録を付けるのが
  面倒だから買うのをやめよう」

とガマンできるようになるのです。

 

いまはレシートさえあれば
Zaifなどのアプリを使うことで
手軽に家計簿をつけられるようになりました。

 

 

私も家計簿アプリを使って、
毎日家計簿をつけています。

 

 

それだけでなく、
当たり前ですが
自分の事業の帳簿付けもやっています。

 

 

こういう家計簿や帳簿への記録が
節約・貯蓄だけでなく、
経営改善など、すべての基本になります。

 

 

時間管理の基本1)時間管理も「家計簿」をつけるところから。

 

 

これは時間管理も同じです。

 

 

時間管理の基本も
「時間の使い方を記録する」ことです。

 

 

これは私が
経営学者のピーター・ドラッカーから
学んだ発想法です。

 

ドラッカーは何度も
〈時間の使い方を記録する〉
大事さを伝えています。

 

 

 

私も手帳で
「今日どう過したか」を
記録するようにしています。

 

使途不明時間、ありませんか?

 

記録してみてわかるのは

  「あれ、この時間、
   何をしていたか思い出せない…」

という時間帯が見つかることです。

 

いわゆる「使途不明時間」です。

 

 

家計簿をつける際でも、

 「クレジットカードのこの支払い、
いったい何に使ったんだろう…」

「なぜか知らないけど、
3,000円足りない…。
何に使ってしまったの…?」

という「使途不明金」が見つかります。

 

無駄遣いの追放には
「使途不明金」をなくしていくことが
一番の近道につながります。

 

 

時間管理においても、
まずは「使途不明時間」を
なくすため、
記録付けをするのが大事なのですね!

 

 

☆5/8(金)12:00-の
「個人事業主としてドラッカーを学ぶ会」でも
ご紹介しますよ!

今こそ!個人事業主としてドラッカーを学ぶ会/『経営者の条件』読書会〜ドラッカーを読んでいま一度「経営」の基本を身につけませんか?〜

 

時間管理の基本2)価値ある活動に時間を使う!

 

時間管理において
次に大事なのは
「価値ある活動に時間を使う」ことです。

 

以前動画でも話しましたが、
時間管理をする上で大事なのは

 「毎朝 誰かから24万円を支給される」

というイメージで時間管理を考えることです。

 

毎朝 あなたの手元には
24万円が支給されます。

 

もちろん、
24万円=24時間、という発想ですので、
念のため。

 

 

あなたはこの24万円の
使いみちをその場その場で
自由に決めることができます。

 

 

その上、
この24万円、
貯蓄もできないので
〈今日中に使い切る〉必要があります。

 

さあ、あなたはどう使いますか?

 

例えば、通勤に1万円(1時間)を使うこともできますし、
打ち合わせに1万円(1時間)を使うこともできます。

上司への報告書作成
1.5万円(1時間半)を使うこともできますし、
飲み会に3万円(3時間)を使うこともできます。

ジョギングに0.5万円(30分)を使えますし、
映画鑑賞に2万円(2時間)を使うこともできます。

読書に1万円(1時間)を使えますし、
テレビに3万円(3時間)を使うこともできます。

自分一人で喫茶店で1万円(1時間)を使えますし、
家族だんらんに1万円(1時間)を使うこともできます。

そして、睡眠には
6万円(6時間)使うことも
7万円(7時間)使うこともできます。

 

 

(あくまで1万円=1時間で考えるほうが
発想しやすいので書いているだけですので
誤解なきように)

 

 

…こう考えてみると、
どうせ使うなら
「価値的なもの」に
使っていきたいな、と思いますよね。

 

ダラダラして
3万円(3時間)を使うこともできますが、

どうせ3万円(3時間)を使うなら
「ああ、価値的だった!」
と言われることをしていきたいものですね。

 

 

自分一人で楽しむだけでなく、
家族・友人などと
楽しく過ごすと時間も輝きだしますね。

 

 

個人的には
「毎朝24万円を支給される」
とイメージすることで

 「よし、今日も価値的に過ごそう!」

と思えるように感じています。

 

よければあなたも
「毎朝24万円を支給されている」
イメージ、持ってみてはいかがでしょうか?

 

 

今回のポイント

今回のポイントです。

 

毎朝24万円を支給されているイメージで
1日を過ごす。
どうせなら価値あるものに時間を使おう! 

 

 

「あっという間に休日が過ぎる」の対処法

 

時間って、どうしても
「気付けばあっという間に過ぎ去る」
ものです。

 

 

お金と違うのは、
「ほっておいても消えていく」点です。

 

 

ですので、
「使わない」と決めることもできません。

 

 

ということは
瞬間瞬間に
「何に使うともっとも価値的かを
 考えていく」
ことが必要なわけですね。

 

 

だからこそ、
時間の価値的な使い方を
考えていきたいものです。

 

 

嘆いていても悩んでいても
1万円(1時間)は過ぎていきます。

 

であれば、どうせ過ごすなら
楽しいこと・明るいこと・価値的なことに
1万円(1時間)を使っていきたいものです。

 

 

ぜひ
「毎朝24万円が支給される」
イメージ、持ってみることをオススメします!

 

ではまた!

☆時間管理の基本はこちらもどうぞ↓

使える時間を増やす!時間管理の基本

 


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください