やった言い訳はどんどん考える!まずは気楽に始めよう!コロナ時期こそ何かを始めるチャンス!

今回のポイント
まずは気楽に書いてみる!
まずは気楽に始めてみる!
「やった言い訳」をどんどん考えていく!

 

「いつか本を出してみたい」なら。

 「いつか、
  本を書いてみたいんですよね…」

そういう思いを持っている方も
多いのではないでしょうか?

 

 

そういう思いがあるなら、

  「いまできる範囲でいいから書いてみる」

ことをオススメします。

「いつか本を出したい」
というのを「一生の目標」にする人がいますが、

そうすると
「よっぽど」のものを書かないといけないことになります。

…これって、なかなか取っ掛かりにくいですよね。

「一生の目標」にする以上、
ヘンなものを作れません。

するとどうしても「始める」ことすらできないまま、
そのままになってしまいます。

これだと、
「もったいない」と思ってしまいます。

私、すでに何人かの方々に
本を出すアドバイスやお手伝いを
行ってきました。

 

 

いまでは
AmazonのKindle出版などを使えば
誰でも本が出せます。

 

「これを本で伝えたい!」

というアツい思いさえあれば
出版して伝えることができるのです。

 

 

だからこそ、
「どうやって本を出すか」
「どうやって書くか」
をアドバイスしているのです。

 

 

☆お問い合わせはこちらからどうぞ!

アクセス・お問い合わせ

 

 

「誰でも」本を出せるからこそ。

 

今の時代、
理論上は「誰でも」本を出せます。

 

 

 

であれば
「書く気があるかないか」が全て、
になっています。

 

 

「書きたい!」という気持ちを持ち、
実際に書き始める。

 

 

それを持続するだけで
(理論上は)誰でも本を出せる時代になったのです。

 

 

 

 

…とはいうものの、
なかなか「取り掛かる」のは
大変ですよね(笑)

 

 

リーンスタートアップとは?

 

起業の世界には
「リーンスタートアップ」
というものがあります。

 

 

色々細かい定義はありますが、
「リーンスタートアップ」とは
要するに

【ちょっとした取り組みでいいから
まず「小さく始めてみる」】

ことを意味します。

 

 

ちょっとした取り組みを行い、
「小さく成功」したり
「小さく失敗」をしたりしていく。

 

 

こうやって試行錯誤することが大事、
ということです。

 

 

フジモトの見切り発車。

 

 

私はわりと
「とりあえずやってみる」
見切り発車が好きなタイプです。

 

 

先日も、講師仲間の﨑野希実子さんと
「公務員試験対策を解説した動画」
を撮りました。

 

 

 

この動画も
「遠大な計画」があったわけではなく、
打ち合わせ中になんだか面白くなり、

「いまから動画撮りませんか?」

という「勢い」で作ったものです。

 

 

「勢い」で撮ったにもかかわらず、
Facebookにシェアしてくださる方も出てくるなど
反響があります。

 

 

(ありがとうございます!)

 

 

もし「遠大な計画」があって取り組んでいたら
いまだに撮影もしていませんし、
「何を話すか」も決まっていなかったことでしょう。

 

 

「とりあえずやってみる」って
大事だなあ、と思っている次第です。

 

「とりあえず始める」大事さ。

 

 

なんでかというと、
とりあえず「すぐに始める」場合、
うまくいかなくても
「言い訳」がしやすいからです。

 

 

つまり
「すぐ始めたからうまくいきませんでした」と
「言い訳」できると気が楽になります。

 

 

これが、たとえば

 

「準備・構想に10年、
数百万円をかけて準備したプロジェクト」

だったらうまくいかない場合、
「言い訳」すらできません。

 

 

言い訳はどんどんしよう。

 

 

私、「言い訳」って
そんなに悪いことじゃないと思います。

 

 

それは
「やった言い訳」だったら
全く問題ないと思うのですね。

 

作家・中谷彰宏さんも

「やった言い訳はどんどんしよう」

といっています。

 

 

これは至言だなと
いつも思っています。

 

今回のポイント

 

今回のポイントです。

 

まずは気楽に書いてみる!
まずは気楽に始めてみる!
「やった言い訳」をどんどん考えていく! 

 

始めるなら「アッサリ」「すぐに」。

 

 

新プロジェクトや新たな取り組み。

 

 

始めるなら
「アッサリ」「すぐに」始めたほうが
圧倒的に楽です。

 

 

 

始めた以上はベストを尽くす!

 

ただし、1つポイントがあります。

 

 

それは始めた以上は
「ベストを尽くす」ことが必要ですね。

 

アッサリ・すぐに始め
「ベストを尽くす」。

 

 

それでうまくいったら
おそらくその分野に才能や
チャンスがある証拠です。

 

うまくいかなくても、
「なんでうまくいかなかったか」を
分析し検討すると次に活かしていくことができます。

 

 

コロナ時期は新しいことを始めるチャンス!

 

 

あまり大きな声で言えませんが、
コロナの時期って
新しいことにチャレンジするチャンスです。

 

 

うまくいけば万々歳、
うまくいかなくても
すべて「コロナ」のせいにできるので
「やった言い訳」も考えやすいのです。

 

 

ぜひ「アッサリ」と「すぐに」はじめ
できる時点での「ベストを尽くす」ことを
オススメします!

 

☆参考動画です↓

 

 

ではまた!


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください