悩んだ時こそ勇気を持って「外」に出るべき理由!





今回のポイント
内にこもっていても
問題は解決しない!
勇気を出して外に出るのが
解決への一歩につながる!

 

「どん底なのに、何をやったらいいかもわからない…」と悩んでませんか?

「いま、どん底だ…」

「何をやったらいいか、
なにもわからない…」

 

そういうことで悩んでいる方、
いらっしゃるかもしれませんね。

今回はそういう方のお役に立てれば、
と思い記事を書きました。

 

よければどうぞ↓

 

 

昨日11/10は朝から
ある勉強会に参加しました。

集まって色んな人の話を聴くと
大変勉強になります。

 

私、12/6に
リボーンアワードという
全国規模のプレゼン大会に出場します。

 

チャンスはアウェイにある。祝?リボーンアワード2019出場決定!外に出てプレゼンする機会を大事にしよう!

2019.10.11

 

開催場所は広島です。

 

さいきん、ずっと
リボーンアワードでの
プレゼンをどうするか考えていました。

 

そのため、勉強会で
発表している人を見ていて、
プレゼン内容を考える
いい機会になりました!

 

内にこもっていても、悩みは解決しない。

悩んだ時、
私、ずっと家なり事務所に
引きこもりがちなんです。

外に出ようという思いがなくなり、
ひたすら内にこもりっぱなしになります。

こういう時間って大事なんですけど、
内にこもっただけで解決することって
ほぼないです。

 

 

悩みを持った状態で
何らかの会に出たり
映画を観たり
話を聞いたりすることで
ちょっと方向性が見えてきます。

 

 

特にリボーンアワードは
プレゼンの大会ですので、
他の人の話し方・
他の人のプレゼンを見ると
参考になるのですね。

 

ひとりで内にこもっていても、
なにも解決できません。

 

勇気を出して外に出る。

外で知った情報を元に
悩みを解決するヒントを得る。

これが大事なのだと思います。

 

今回のポイント

 

今回のポイントです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
内にこもっていても
問題は解決しない!
勇気を出して外に出るのが
解決への一歩につながる!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

 

独立して開業したものの、売上ゼロ・お客ゼロの半年間。

 

今回の内容、
まさに自分が
【売上ゼロ・お客ゼロ】で
悩んでいたときに実感したことです。

 

2016年4月。

高校教員を辞めて
塾を開業したものの、
待っていたのはお客が全くいない状況でした。

 

 

「チラシを配らなきゃ…」

と思っても、
誰もチラシをもらってくれない状況に耐えられず、
やる気が無くなる。

 

広告を打とうとしても、
お金がなくて行うこともできません。

 

生活のために引き受けた家庭教師の案件も、
請負元が給料を払ってくれず
裁判所まで行って督促をすることに。

 

 

「早稲田卒」と
「元高校教員」というプライドが邪魔して
誰にも相談できない。

 

誰も叱ってくれない。

 

やったことが何も結果を生まない。

そもそも、何をやったらいいか、
さっぱりわからない。

 

 

そういう悩みをずっと持っていました。

 

最終的には
誰も来ない塾の教室に、
ほぼ一日ぺたりと体育座りしていました。

 

夕日が差し込む薄暗い部屋の中で
来るはずのないお客を
何時間もボ〜っと待っていました。

何かしないとヤバい状況。
なのに、何をしたらいいか、わからない。

 

なにかやろうとしても、
「どうせうまく行かないんじゃないか」
という思いがよぎります。

 

結果、
何もできない自分になっていました。

 

ちょうどその頃は妻が
知り合いの塾でアルバイトをしていました。

 

妻が帰ってくるまで
ただひとりでずっと教室に
座っていたのです。

 

 

独立一年目なので、
売上がゼロなのに
社会保険料がそれなりの金額で
請求されます。

 

 

(社会保険料は「前年の所得」で
金額が決まるのです)

 

 

その額、およそ2万円。

これだけの金額すら払えません。

やむなく支払いを待ってもらう書類を作り、
送りました。

たかが2万が払えない。

 

情けなくてますます
やる気なくなってしまいました。

 

 

ちょうどこれ、
2016年の8月ごろの様子です。

 

独立して半年が経つころでした。

思えばこのころも
ずっと内にこもってばっかり、でしたね。

 

 

外に出ると

「あいつは早稲田出てるのに、
塾経営が全くうまく行っていない
だめなやつだ」

「あれで
奥さんのヒモらしいぜ」

と言われるような気がして、
うかつに出れないのです。

(実際、そう言われていましたし)

 

 

プライドが邪魔して
まったく外に出られなかったわけなのです。

 

 

このどん底状況。

これを乗り越えるきっかけが
【365日まいにちのブログ更新】でした。

 

ですが、そもそもを言えば
「笑われるかも」
という恐怖を振り払って
外のセミナーに行くようになったのが
どん底を乗り越えることにつながったのですね。

 

どん底状況で出会った
セミナー講師の板坂裕治郎さんから

  「人生変えたいんやったら
365日まいにちブログを書け!」

と言われたのが
自分を変えるきっかけになったわけですから。

 

悩んでいるなら、勇気をもって外に出る!

 

…人生経験を書いていたら、
なぜかリボーンアワードで話す内容の
記事になってしまいましたが 笑、

悩んだときこそ「外」に出たほうがいい、
というのは私の実感でもあります。

 

「外」に出るということは
ある意味「笑われるかも」
「バカにされるかも」という不安との
戦いでもあります。

 

ですけど、
プライドを捨て、
勇気を持って「外」に出ないと
けっきょく問題なんて解決しないのですね。

 

「いま、どん底だ…」

「何をやったらいいか、
なにもわからない…」

そういう方の気持ち、
私もよくわかります。

 

だからこそ、
「何をやったらいいかわからない」
ときって、
意識的に「外」に出たほうがいいのです。

 

笑われる不安・
バカにされる恐怖を乗り越えてでも
「外」に出たほうがいいですよ!

 

すると問題も解決しやすくなります。

 

それに、今の私のように
「妻のヒモでした」
「周りからバカにされていました」
とネタに出来るようになります 笑

 

ぜひ悩んだときこそ、
意識的に「外」に出るのを
大事にしてみてくださいね!

ではまた!


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


2 × five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください