一人で仕事する落とし穴。セルフ週報を書いて、ムダな行動をしていないか振り返ろう!

今回のポイント
日々ブログで自分を振り返る!
それに追加して、週末には1週間分を振り返り、
「セルフ週報」を書こう!

一人で仕事する落とし穴。

 

☆本日の内容は動画でもお伝えしています。
動画にしかない内容もありますので
気軽に聞き流してみてください。

 

私は自分の事務所にて、
基本的には【一人】で仕事しています。

 

個人事業主やひとり社長など、
自分1人で仕事をするのって
気持ち的にラクです。

自分のやりたいように仕事ができますし、
それでお客さまに喜んでいただければ
万々歳ですし。

 

 

でも。

 

 

この状態だけだと、
いつか「頭打ち」になるなあ、
と自分自身を見てそう思います。

 

 

なんとなく、
売上は立つ。

なんとなく、
仕事は回る。

今と同じことをしていても、
お客さんにも恵まれているから
なんとかなりそう。

 

 

…こういう状態って、
「理想的」なようで
実はけっこう「キケン」です。

 

起業2年目に陥った問題点、それは「中だるみ」

 

私自身、起業2年目に
一時期こういう状態に陥りました。

 

 

起業1年目の「危機」を乗り越えた後、
こういう状態に陥ったのです。

 

 

 

起業1年目の最初の半年は
「売上ゼロ・お客ゼロ」。

 

独立した事自体を
後悔したし、

「妻のヒモ」状態の情けなさで
恥ずかしくて外に出られない。

 

そんな時期から
起業2年目に入り、

「まあ、なんとなく売上が立つから
まあいいか」

という状態になった。

 

 

ある意味「進歩」なんですけど、
ある意味「キケン」な状態でした。

 

 

なぜかと言うと、
これには「何も変化がない」ことが
前提とされているからです。

 

 

ほっといてもうまくいく状態というのは
理想ですが、

なにか大きな変化があると
途端にぐらついてしまいます。

 

 

例えば、
いまの「コロナ」もそうですね。

 

 

本来「気楽にできる」し、
「自分のやりたいように仕事ができる」
ことから独立したのに、

社会の変化でその基礎がぐらつけば
待っているのは「地獄」。

 

 

でも、すでに「なんとなく」
うまくいっているから、
何をしていいかよくわからない。

 

 

そういう
「中だるみ」的な状態に
陥ったのですね。

 

 

起業2年目に陥った問題点、
それは「中だるみ」だったのです。

 

 

【振り返り】の大事さ!

 

 

…では、これを「なんとかする」には
どうしたらいいのでしょうか?

 

それは
【振り返り】を行うこと、
です。

 

自分でなにか目標を立て、
その進捗状況を
日々確認し、

どうやったらもっとよく出来るか
【振り返っていく】、

ということが必要なのです。

 

 

例えば目標とは
「1日の売上金額目標」でもいいですし、

「1週間で1人新規の
お問い合わせを得る」を目標にしても
いいかもしれません。

 

私自身は
「365日まいにちブログ・メルマガを書く」
というのが「目標」として
機能しています。

 

 

このおかげで、
起業2年目の「中だるみ」を
乗り越えることができました。

 

 

365日、
まいにちブログ・メルマガを
書き続ける。

 

 

この目標のポイントは
「イヤでもやる!」
というところにあります。

 

 

一人で仕事をしていると、
朝何時に起きようが、
何時まで仕事しようが、

仕事中に何をしようが
基本的に自分の自由です。

 

そうなると人間
「楽をする」ことばかり
考えるようになるのですね。

 

 

毎日ブログを書くのは
そんな「自堕落」な自分を
乗り越えるのに役立ちました。

 

 

毎日ブログを書く中で
イヤでも自分を【振り返る】ことができます。

日々自分が効率的に仕事できたか
「振り返る」こともできます。

 

毎日ブログを書くことは
言ってしまえば「自己修行」になるだけでなく、
日々自分の仕事の仕方を
【振り返る】きっかけになるのです。

 

それでいて、
ブログを観た方から
お問い合わせを頂いたり、

「テレビ出演してもらえませんか?」

という依頼を頂いたりすることが
あります。

 

実は4月冒頭にもそんなお話を
頂いたのですが、

コロナの関係で出演者が
札幌に戻ってこれなくなり、
急遽の「延期」となってしまいました 笑

 

 

ブログで自分を【振り返る】!

 

ブログを日々淡々と書き続けることは
単に「宣伝」のためにやっているのではありません。

 

そうではなく、
日々書き続ける中で
自分の日々を【振り返り】、
次に活かすためにやっているわけなのですね。

 

 

今回のポイント

 

今回のポイントです。

 

 

日々ブログで自分を振り返る!
それに追加して、週末には1週間分を振り返り、
「セルフ週報」を書こう! 

 

毎日のブログ・メルマガに追加して。

 

 

さて、これまでの私は
「ブログ」「メルマガ」「YouTube動画」を
毎日書いてきました。

 

これは【毎日の振り返り】を
日々行うことと同じです。

 

 

 

ただ、これだけだと
ちょっと「不足」も感じるようになりました。

 

 

 

毎日ブログやメルマガを書くだけだと、
単に日々の業務にただ追われるだけで、

「そのためにこれから●●を行う!」

「来週は●●に挑戦する!」

 

 

という計画立てにあまりつながっていないように
感じてきたからです。

 

セルフ週報のススメ。

 

だからこそ、
今後は1週間の終わりに

【1週間の振り返り】も
行っていこうと思っています。

 

それは何かというと
【セルフ週報】というもの、ですね。

 

 

毎週土曜の夕方、
セルフ週報を毎回書いていこうと思い、
先日からやり始めたところです。

 

 

会社などだと
「週報」をムリヤリ書かされるところも
少なくありません。

 

これ、ムリヤリ書かされると思うとツラいですが、
実は【合理的理由】もあったように思います。

 

 

今週の動きを振り返り、

「では来週何をするか」

「どうやったらもっと
無駄なく行動ができるか」

 

を検討していけるからです。

 

セルフ週報に書くべきことは、この3つだけでもOK!

 

なお、【セルフ週報】といっても
そんな「大層なこと」を
書く必要はありません。

 

 

基本的には下の3つを
紙なりパソコンなりに書き出せば
OKでしょう。

 

 

(1)今週良かったことはなにか。

(2)今週良くなかったことはなにか。

(3)来週どうしていくか。  

 

 

気づいた人もいるかも知れませんが、
以前ご紹介した「KPT法」(ケプト法)ですね。

 

「反省会」の効果が2倍以上あがる、3つの質問とは?効果倍増の【振り返り】方法をお伝えします!

 

 

これをただ書くだけでも、

 

「あ、こうすれば
仕事ってうまくいくんだ〜」

「この訪問、
単なる雑談で終わったから
ムダだったな…」

 

などと発見につながるはずです。

 

現に私も先日やってみて

「あ、これ、けっこういい!」

と実感してきました。

 

人間が動物と違う点

 

人間が動物と違う点。

それは「振り返り」ができるかどうか、
にあります。

 

 

リスは冬場の食糧難に対し
食糧であるどんぐりをあちこちに埋めて
保管しようとします。

 

…ですが、大部分は埋めた場所を忘れてしまい 笑、
翌春にはそこからどんぐりの芽が生える、
と言われています。

 

 

にもかかわらず、
次の年もその次の年も
リスはせっせとどんぐりを埋め続けます。

 

「埋めた場所をどうやって記録するか」

「どう埋めたら忘れないか」

という振り返りを行うことは
一切ありません。

 

 

ただ「なんとなく」「やみくもに」
行動しているだけです。

 

 

ある意味、ムダな行動なのです。

(結果的に、
どんぐりだけは
芽を伸ばせて得するわけですが)

 

 

社会人の方、
特に個人事業主の方が
ムダにバタバタ動くのも
これに近いと言えるかもしれません。

 

 

だからこそ、
毎週末の「振り返り」が
重要になりますよ!

 

 

…今週金曜のドラッカー勉強会でも、
こういう「セルフマネジメント」について、
お話していければと思っています〜。

 

☆4/10(金)10:00-は
札幌駅前or Zoomにてドラッカー勉強会、
開催です!

続々お申し込みいただいています〜!
ありがとうございます!

今こそ!個人事業主としてドラッカーを学ぶ会〜ドラッカーを読んでいま一度「経営」の基本を身につけませんか?〜

 

ではまた!

「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください