作文の書き方59 五七五でまとめてみよう。

五七五でまとめることは、すごく簡単な要約力トレーニングになる!

五七五でまとめてみよう

私の作文の講座では「100マス作文」を導入しています。

これは【3分間で100文字】を目安に、作文に挑戦するというものです。

三谷先生の著作で知って以来、私なりにアレンジして活用させてもらっています。
(詳しくはこちらをご覧ください。)

 

9k=

この100マス作文で学べる力には、
集中力・文章構成力があります。

また、普段から「書くネタを探す」意識をもてるようになります。
なによりも書くことへの抵抗がなくなります

最後に、言いたいことをまとめる力を学ぶことができます。

100マス作文を書いた後、「1分で五七五にまとめる」練習もするからです。

これは本ブログに書いた作文のコツ㉝【保存版】わかりやすい文章を書くには?〜「発散」と「収束」のワザを使いこなす!〜にも通じます。

作文で「言いたいこと」「伝えたいこと」は通常「一言」でまとめられるのです。

この「一言」を日本的にアレンジすると「五七五」になります。

2Q==-1

松尾芭蕉・小林一茶をはじめ、日本の伝統の俳句。

「五七五」の17文字だけで、世界観・情景を描くことができます。

街にある五七五を探してみよう

さて、街を歩き、まわりにある看板・ポスターに注目してみてください。

至る所に「五七五」のあることに気付くはずです。

今日も街を歩いていて、こんな看板を見つけました。

IMG_5035

数えてみると、見事に五七五。

他にも何かの本に、こんな五七五がありました。

この土手に 登るべからず 警視庁

a0830_000137

 

話を作文に戻しましょう。

文章を書いた後、こう問いかけてみてください。

この作文 五七五だと どうなるの?

(お気づきだと思いますが、この問いかけ自体五七五です)

この問いかけ、はじめはなかなか答えられないことと思います。
ですが、何度もやるとスラスラ書けるようになってきます。

五七五にまとめる。
これだけで要約力も身につけられます。

 

こちらもどうぞ!

 

 

 

 

ブログランキング参加中!1日ワンクリックをお願いします。


教育・学校 ブログランキングへ





 

 

 


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください