作文の書き方㊿よくばらず、「アッサリ」書こう。

昨年終わりより書き始めた「作文のコツ」も、はやいもので50回目。

「記念すべき」50回目です。
毎日読んでくださる皆さまに感謝、です(ぺこり)。

o0600053512564950434

 

50回目だから、何か「すごいこと」を書こうかと悩みました。

ちょうどゾロ目だった33回目には「【保存版】わかりやすい文章を書くには?〜「発散」と「収束」のワザを使いこなす!〜」を載せました。

この記事、なかなか好評です。
(未見の人はこちらから)

 

さて、人間「すごいこと」を書こうとすると、身構えます。

「この内容ではダメじゃないか」
「もっと推敲しないといけないのでは」

研究者にも多いです。

「もっと研究してからじゃないと、論文は書けない」
「本を出すにはもっと調べてからじゃないと出せない」

いつか出す「すごい」本・「すごい」論文のために、いま書けることを書かなくなります。

 

その結果、どうなると思いますか?

「めんどくさいなあ」
「書くのはまだ早い」
「とりあえずいまは書かなくてもいいか」

・・・そして結局書かないままになってしまうのです。

 

だからこそ。

よくばらず、
身構えず、
「アッサリ」と、
「とりあえず」書いてしまいましょう。

何度も書きますが、「書き始めると、書きたいことは見つかる!」のです。

 

「すごい」文章なんて、誰も期待してません(残念ながら)。

むしろ「いま書ける文章」をすぐ書くことが重要です。

 

10年後の「すごい」文章より、「いま書ける文章」を大事にしましょう。

「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

はじめての方はこちらもご覧ください。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください