9/7は「どん底からの復活」ダブル講師豪華出版記念講演会@札幌




今回のポイント

出版記念講演は著者のナマの声を聞けるチャンス!
本の内容以上に「熱意」も受け取れる!

豪華!ダブル講師講演会「どん底からの復活」

いま、
ある方の出版記念講演会の準備を進めています。



それが「どん底からの復活」講演会です。

正式名称が

  出版記念ダブル講演会「どん底からの復活」

…というものになっています。

いまコロナ禍や円安・原油高など
今後どうなるかわからない要素が
きわめてたくさんあります。

そんな「どん底」とも言える状況を
いかに乗り越えていくか。

それを著者2人の講演と
ディスカッションからつかみ取っていただくという趣旨の
「出版記念講演会」を来月9/7、
札幌駅前にて開催する運びとなりました。

なぜか私が中心者っぽいことをすることになったので
日々あたふたしています(笑)

なんだかんだ毎年出版記念講演会を開催中!

…なんだかんだ私、
ここのところ毎年
【出版記念イベント】の企画・開催をしていますね。

昨年は札幌にて「読書会」の中で
著者の人にお話しいただくというイベントを開催していますし。

で、今年は
出版記念講演会を
なんとダブルで行なうことになったのです!

2人の講師による
豪華な出版記念講演会です。

まず1人目は
7/27に出版された
『英語は最初の10秒!』の著者・
小池リオさんの出版記念講演会です。

NYで日本人スタンダップコメディアンとして
活躍しているリオさんが
自ら見出した
「外国人と仲良くなるコミュニケーション法」が詰まった
英会話入門の書となっています。

 

2つ目は
私のブログと経営の師匠に当たる
板坂裕治郎さんの出版記念講演会です。

裕治郎さんの本は昨年出ている2冊めの著作・
『日本一わかりやすい「自分の強みの見つけ方」の教科書』
という本です。

 

本は著者の「身体」を通して作り出される。

こういう出版記念講演の場などで
本の著者の話を直接聞くと、
本に対する理解が進むことも多いです。

肉声を聴くことで
本の内容が単に文章に書かれた内容であることを超え、

その人の視点・
その人の身体を通ったものとして
理解が深まるのです。

これは文学者の魯迅(ろじん)も言っていますが、
本というのは著者が一滴いってき
「血」を垂らしながら書いている側面もあります。

ある意味、自分の身を削りつつ
言葉を紡ぎ出している側面もあるのです。

そういう著者の身体とも関わりが深い内容を
直接聞けるのが出版記念講演のいいところです。

そういった意味から
著者による講演会、
特に出版記念講演会って以前から好きでした。

今回、中心者として企画・運営を行っていると
こういう主催をする側の大変さとやりがいを
日々実感するようになっています。

(どなたか、お力をお貸しください…)

今回のポイント


出版記念講演は著者のナマの声を聞けるチャンス!
本の内容以上に「熱意」も受け取れる!

久々開催のイベント!

それにしても、
コロナ禍で久しくこういうイベントって
できていませんでしたが、

三密に留意した上で
開催できるようになってきたのは
本当にありがたいことだと思います。

(開催は感染拡大防止に留意して行いますので
 ご安心ください)

著者の考えを講演会の形で知れると
それだけでも楽しいです。

「どん底」を乗り越える!!!

まして今回は
「どん底」経験を乗り越えた2人の話を聞けるのが
最大のポイントとなっています。

NYで日本人スタンダップコメディアンとして
ビヨンセはじめ有名人を笑いの渦に巻き込んでいる
小池リオさんですが、

学生時代の英語の成績は
10段階中「2」だったといいます。

渡米当初も英語が伝わらないだけではなく
会話をどう続けていいかすらわからなかったといいます。

そんななか、
試行錯誤しながら
「リオ流・外国人と仲良くなる英語コミュニケーション術」を
獲得し、
そこからライブハウスやテレビ出演を重ねるまでに

なっていかれたのです。

もうひとりの著者である
板坂裕治郎さんは
やり手経営者として広島でアパレル・飲食店を
何店舗も経営していましたが、

不況に耐えられず気づけば
ヤミ金からの借金1億円に…。

そんなどん底を乗り越え、
いまでは全国の経営者が
どん底を乗り越えられるよう
経営コンサルタントとして

全国を回るようになっていらっしゃいます。

かくいう私も裕治郎さんに「救ってもらった」1人でもあります。

(私が毎日ブログ&メルマガをしているのも
 裕治郎さんのセミナーに出たのがきっっかけです)

この札幌講演会は
ある意味で私なりの裕治郎さんへの
「恩返し」の機会でもあります。

正直、やることは多いですが
1人でも多くの方に来てもらい
「どん底」を乗り越える機会や今後の触発に
役立てていただければ幸いです!

9/7のイベント詳細はこちらです↓


https://school-edu.net/lp/459-2/

ではまた!