ネットやテレビのニュース、「わかったつもり」になっていませんか?新聞できっかけを掴み、本を買う!




今回のポイント

ニュースだけ見て「わかったつもり」に
なっていませんか?
ニュースを元に本を選ぶ習慣を。

ニュースの洪水で溺れていませんか?

ニュースを見ていると
日々多様な出来事が
世の中で起きていることがわかります。

ほかにもSNSの投稿やYouTube動画では
いまのニュースに対し自説を展開していたり、
ニュース自体が大量にシェアされていたりします。

また「わかりやすく解説」している記事・動画があったりと
関連する情報が大量にあります。

 

 

「わかったつもり」になるのが一番危険!

こういう時代だからこそ、
危険なのは「わかったつもり」になることです。

 

たとえば
ずっと続いているウクライナ侵攻にしてもコロナ禍にしても
ネットの記事に出ているような
カンタンな説明だけですべてが分かるわけではありません。

 

 

世の中の事象は
思っている以上に複雑ですし、
関係する人物も多岐にわたります。

 

だからこそ
短い説明・わかりやすい説明だけで
納得するのは危険なのですね。

 

 

にもかかわらず、
ネットには断片的に解説した説明が
大量にあふれています。

 

 

だからこそ、
ネットのニュースやSNSにシェアされる情報だけで
「わかったつもり」になることは
そうとう危険ではないかと思っているのです。

 

(自戒の意味も込めていっていますが)

 

ニュースを真に理解するには本を読むこと!

では、世の中の出来事を深く知る上で
重要なものは何でしょうか?

 

そんなときに役立つのが
書籍だと私は思います。

ニュースに出ている内容を深く知るため
書籍を買って読むのが一番いいのです。

 

 

書籍の場合、
ネットの記事に比べ信憑性が高いほか、
じっくり時間をかけて書かれていることがほとんどです。
 

 

断片的な情報だけでなく、
多くの場合は多様な視点から情報がまとめられています。

 

1冊に情報が整理されているからこそ
読み切るのは少し大変なところもありますが
多様な視点から理解を深めることができるのです。

 

新聞を購読するメリット

なお、
私はいぜん新聞を2紙とって読んでいましたが
いまは1紙だけに減らしました。

 

 

 

正直言うと
あまり新聞自体を読んでいません(笑)

新聞をもとに読むべき本を決める!

でもなぜ読んでいるかと言うと
新聞で取り上げられている話題や
書籍の紹介記事を活用し
自分で読む本を選ぶ基準にしているのですね。

新聞できっかけを掴み、
書籍で詳細を知る。

 

 

こうすると
いま話題になっていることだけではなく
より深い視点から物事を見れるようになることも
多いのです。

 

みんな本を読んでいないので、読むだけで注目される!

それに、今の時代
ほとんどの人は本を読んでいません。

 

だからこそ、
本をきちんと読み込むだけで
その分野について専門的内容を
話すこともできるようになるのです。

 

 

複雑な概念も書籍の場合は
1冊にまとめてくれているので
だいたいは読むだけで全体像が見えてくるのですね。

 

(もちろん、1冊読むだけで
 完全に理解することは不可能ですので
 何冊・何十冊と読むことが必要となりますが…)

 

 

今回のポイント


ニュースだけ見て「わかったつもり」に
なっていませんか?
ニュースを元に本を選ぶ習慣を。

『ニュース・ダイエット』に今こそ学ぶ!

『ニュース・ダイエット』という本があります。

 

テレビや新聞・ネットでニュースを読むのをやめれば
物事の理解がより深まる。

 

そういった「逆説」的な内容を伝える
本となっています。

 

  

複雑な世の中を知るために読書を。

テレビや新聞・ネットのニュースは
物事の「断片」だけを
伝えている事がほとんどです。

だからこそ
「わかりやすい」ですし、
直感的に理解できるのですね。

一方、現実で起きていることは
そんなに「わかりやす」くもないですし
理解もしづらいです。

ページを大量に使わなければ
複雑な事情を描くことはできないのです。

書籍ですべてが理解できるわけでは
もちろんありません。

ですが、より深く理解ができるようになるのは事実です。

なので
ニュースでちらっと疑問に感じたテーマなどは
書籍の形で読んでみるのをオススメしますよ!

(わたしも新聞で見た『エシカルフード』という
 新書を昨日買って読み始めました)

ではまた!