奨学金を使って大学院に通っている人は約半数。進学に掛かる費用、奨学金で捻出してみませんか?




今回のポイント

社会人も【奨学金】申請はできる!
…でも申請が大変なので
「気合を入れて」対策を!

大学院進学にかかる「お金」をどうやって捻出するか?

大学院進学を阻む「大きな壁」。

その1つは
「お金」の問題です。

自分の専門性を高めるため、
大学院で学びなおしたい。

専門スキルを身に着けたい。

MBA(経営管理修士)やCNS(専門看護師)資格を取りたい。

 

 

そう思っていても
「学費」をどうするかが解決しなければ
なかなか先には進めません。

 

大学院にかかる費用はいくら?

一般的には大学院の学費は
文系の場合 年間60万円-100万円程度となっています。

(MBAの一部はもっと高いこともあります)

 

それだけではなく、
入学時には「入学金」も必要になります。

 

たとえば小樽商科大学大学院
アントレプレナーシップ専攻(MBA)では
入学金が28万2,000円、
授業料が前期26万7,900円、後期も26万7,900円ですので
初年度は大体90万円近くかかります。

 

奨学金制度のフル活用を!

この費用をなんとかしたい…。

 

そんな方に活用を検討いただきたいのが
【奨学金制度】です。

 

いまや日本学生支援機構の奨学金制度は
大学生の半分以上、
大学院修士課程学生の半分近くが
利用をしています。

 

 

これは現役学生だけではなく
社会人の方が大学院に入る際にも
使用することができるのです!

ただし「貸与型」しか使えない…!

もっとも、社会人の場合、
返済義務のない【給付型】ではなく、

修了後に返済する義務のある
【貸与型】の奨学金しか使用できませんので
注意が必要です…。

 

(日本学生支援機構の奨学金以外で
 大学や各種団体が運営している奨学金のなかにも
 社会人が利用可能なものもあります。
 こちらも調べてみてください)

 

社会人の申請方法がわかりにくすぎる件。

…ただ、
日本学生支援機構の奨学金を
社会人が申請する方法、

申請するのがなかなか大変です。

 

サイト内で資料を熟読しても、
「高校生」や「大学生」対象の内容が多く
社会人が当てはまるのかどうか、
イマイチわかりにくいのです…。

 

なので、気になる方は
「気合を入れて」観てみていただければ幸いです…!

  ☆日本学生支援機構のサイトはこちら↓
   https://www.jasso.go.jp/shogakukin/about/taiyo/index.html

 

今回のポイント

社会人も【奨学金】申請はできる!
…でも申請が大変なので
「気合を入れて」対策を!

使えるなら奨学金制度をフル活用!

進学を阻む「お金」の話。 

 

日本学生支援機構の奨学金は「借金」ではあるものの、
利率は他の教育ローンよりも圧倒的に低いので
使用できるなら使用した方がいいです。

(私も修士課程修了まで活用したので
 「借金」がまだ200万円以上残っています(笑)。
 ただいま絶賛返済中…!)

 

博士課程に行くなら「学振制度」の申請を!

ほかにも、
大学院博士課程進学を目指す場合でしたら
日本学生支援機構以外にも
日本学術振興会の【学振(がくしん)制度】を
使うことが出来ます。

 

こちらは日本学術振興会の
特別研究員の申請です。

 

端的に言えば
2~3年のあいだ毎月【20万円】の
研究奨励金が出る、
という制度です。

 

定員は決まっていますが、
比較的枠も広いので挑戦する価値は
十分にあると思います。

 

(私の知人でも取得している人は多いです)

 

問題点。働きながらは使えない…!

ただ・・・。

 

こちら最大の欠点は
「基本的にはこれ以外に仕事をしてはいけない」
という点にあります。

 

(厳密には「週20時間」を越えなければ
 アルバイトはできるようですが…)

 

端的に言うと
「ほかに仕事をしながら学振制度も使う」
ということは不可能、なのですね。

 

こういった厳しい条件が付与される点を見ていると、
いまの日本の仕組みって、
大学院で研究したい人にかなり厳しい状況になっています。

 

なんとか変えていけないかな、
と思っているところです…。

 

 

もっとも、いろいろ問題はあるとはいえ
日本学術振興会のDC1・DC2の申請は
チャンスも広がるので
博士課程進学を志す方は
挑戦なさってもいいと思いますよ!

 

博士後期課程に進学する前に申請するのが
一般的なやり方となっていますので
確認してみてくださいね!

 

 ☆日本学術振興会サイト
  https://www.jsps.go.jp/j-pd/pd_sin.html

 

ではまた!


☆メルマガ登録後1通目が届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合