感謝 チャンネル登録者数1,000突破です!コツコツと継続するのが力になる!




今回のポイント
動画チャンネル登録者数1,000突破!
実際にやってみるからこそ、
やっている人の苦労がよく分かる!

 

感謝!チャンネル登録者数1,000達成です!

 

これまで数年間
コツコツと続けてきたYouTubeチャンネル。

 

 

 

なんと先日ついに
チャンネル登録者数【1,000】を
達成できました!

…あのクオリティで
1,000登録も頂いているということ、
本当にありがたい限りです。

 

 

YouTubeって
やってみたら分かりますが
チャンネル登録者数を増やすのが
ホントに大変です。

 

 

年々 動画に求められるクオリティも上がっていますし、
映像の美しさや編集技術なども
多く求められています。

 

 

その上、
YouTubeは今後益々
「プロが集団で行う」
傾向が大きくなるようです。

 

そんな状況でも
私の動画を観てくださっている事自体に
感謝の思いでいっぱいです。

 

 

自分がやって見るからこそ、「凄さ」がわかる。

 

YouTube動画を作っていると、
継続的にYouTube動画を作っている人の
「凄さ」を感じられるようになりました。

 

 

私も気分転換に
ちょくちょくYouTubeを観ていますけど、
めちゃくちゃわかりやすく解説している物が多く
勉強になりますね。

 

 

自分も作る側だからこそ

「ああ、この人、
 ホントにスゴいな…」

という苦労が分かってくるのです。

 

 

YouTubeって観るだけだと
なんにもストレスが掛かりませんが、

「ストレスなく見れる」ようにするため、
作り手は多大なストレスを負っているもんです。

最近の動画には概要欄に
動画の途中から再生できる
「目次」がつくようになっていますが、
これでさえ設定するのはなかなか面倒です。

 

超・弱小YouTuberだからこそ、
何万人も登録者のある動画って
ホントにスゴいなと素直に思います。

 

 

 

YouTubeなどを見ていると
素人が適当に作ってみたようなものも
数多くあります。

 

そういう動画の場合、
一瞬だけ見られることがあっても
人気が持続しません。

定期的な投稿をしていないので
埋没していってしまうのです。

 

だからこそ定期的に動画を作っていく努力が
見る人にも伝わっていくのだろうと思うのです。

 

 

継続的な努力を、周りは見ている。

 

これは日々学習や研究においても当てはまります。

大学院入試の他、
大学院での学習というものは

一気に一時だけ頑張ったとしても
結果には繋がりません。

 

継続した努力を積み重ねるからこそ
結果にもつながっていくのです。

 

 

 

コツコツとした努力をしているかどうか。

 

これが結果につながるだけではなく、
まわりも意外と見ているものなのです。

 

 

 

今回のポイント

 

今回のポイントです。

動画チャンネル登録者数1,000突破!
実際にやってみるからこそ、
やっている人の苦労がよく分かる! 

 

 

チャンネル登録者数1,000がある意味のスタート。

 

ちなみにYouTube界隈では
チャンネル登録者数1,000を超えてはじめて
収益化できるようになります。

 

 

つまり「広告収入」を
受け取れるようになるわけです。

 

 

しかしながら
私もやっていて思いましたが、
YouTubeでチャンネル登録者数1,000を超えるのは
なかなか至難の業です。

 

 

一説ではYouTubeチャンネル登録者数1,000というのは
YouTubeをやっている人のうち
ほんの【12.8%】に過ぎない、
とのことです。

 

(出典:http://pasokatu.com/19059

☆YouTubeを「観るだけ」の人も入っているので
そう考えるとどれだけなのかが微妙ですが…。

 

 

私の動画は多くの人が
必要とするタイプのものではありません。

 

「大学院進学」をしたい社会人という
「少数派」向きのものが多いです。

 

 

そんななかで
登録者数1,000に到達できたこと。

 

 

 

日頃から応援してくださる皆様のおかげです。

 

改めて御礼申し上げます。

 

ではまた!


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください