作文の書き方⑫「一人」を決め、その人のために書く!

文章を書くとき、自分の好きなことをテーマに書くと楽しく書けます。
ですが、一定以上の量の文章を書こうとすると途端に悩みだすものです。
坂本龍馬の好きな人が「坂本龍馬物語」という文章を書く場合を例に取ってみましょう。

photo0000-3680

いろんな書き方があります。
高知県で龍馬が生まれるところから書くことも、
江戸で勝海舟と出会うところから書くことも、
近江屋事件で暗殺されるところから書き【死ぬ直前の回想】として文章を続けていくこともできます。

書き出しからしてたくさんの書き方があります。
文体も「だ」や「である」という常体で書くこともできますし、
「です」「ます」という敬体で書くこともできます(ちなみに本稿は敬体で書いてます)

☆常体・敬体がイマイチわからない方はこちら

内容も「幕末」がどんな時代か詳しく書くこともできますし、
その辺りをはしょり、全く解説無しで歴史事項を書くこともできます。

こと坂本龍馬物語を書くだけでも無数の書き方があります。
(そんなわけで作家は悩むのです)

いちいち書き方を考えているだけで時間だけが過ぎます。

そんな時はどうすればいいのでしょう?

それが「『一人』を決め、その人のために書く!」というコツです。

文章には無限に書き方がある、と書きました。
そのときに書き方の方向性を示してくれるのが「誰に向けて書くか」という点です。

誰かに書く手紙や入試の際の作文問題などでは「誰に向けて書くか」はハッキリ見えます。

当然、読んでくれる相手に届くように書くことになります。
(当たり前のようなこのことを忘れている作文も多いのですが・・・)

一定以上の量の文章を書くときも、これを使います。
自分がいちばん読んで欲しいのは誰か、を考えるのです。

坂本龍馬物語の例では、歴史マニアに読まれたいのか、歴史嫌いの小学生に歴史の面白さを伝えたいのか、ビジネスマンに坂本龍馬から何か教訓を学び取って欲しいのか等を決めることから始まります。

そして身近に当てはまる人がいれば、徹頭徹尾その人に届くようにだけ、工夫して書いていくのです。

不思議ですが、「一人」にあてた文章ほど心に響きます。

「誰でもいい」「みんなに読んでほしい」ために書いた文章は、何故か心に響きません。

100万人のために唄われたラブソングなんかに僕はカンタンに想いを重ねたりはしない(ポルノグラフィティ「ヒトリノ夜」

「自分がいちばん読んで欲しいのは誰か」を考え、その「一人」のために書く!

やってみてください。

「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

はじめての方はこちらもご覧ください。

11 件のコメント

  • […] ▼【保存版】元・高校教員が教える、AO入試/推薦入試の裏ワザ〜「書けるようになる!」究極の教材リストと、方法論〜 ▼作文のコツ⑦作文こそ、口ベタ人間の生きる道! ▼作文のコツ⑫「一人」を決め、その人のために書く! […]

  • […] ▼【保存版】元・高校教員が教える、AO入試/推薦入試の裏ワザ〜「書けるようになる!」究極の教材リストと、方法論〜 ▼作文のコツ⑦作文こそ、口ベタ人間の生きる道! ▼作文のコツ⑫「一人」を決め、その人のために書く! […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください