試験直前期の「不安」を払拭する方法!勉強スタート時の自分の原稿を読み直す!




今回のポイント
たまには「過去の自分」と対話する!
これまでの原稿・データを読み返し、
今後を展望する!

 

試験直前期、不安を払拭するのに最良の方法とは?

 

試験直前期になり、
不安で押しつぶされる。

そうなることって
多いかも知れません。

 

今回は試験直前期で不安になったときに
やるべきことについて
書いていますのでどうぞ!

 

 

昔のデータを読み返すと、ちょっと楽しい。

 

 

さいきん、
PCを新しくした関係で
データ容量が大きくなりました。

 

なので、
過去のデータを入れていた
外付けHDの中身をいまのPCにも移してみました。

 

私が大学1年生ではじめてPCを買ったときから
今に至るまで作ってきた原稿データが
大量にPCに入っています。

 

 

自分のPC内を検索すると
そういう過去のデータが「ついで」で見つかるのが
面白いですね。

 

学生時代の自分からすると

「社会人、
特に看護師の方への
大学院進学のアドバイスをしている」

という未来像は
まったくつながっていないように思います(笑)。

 

ただ、その頃から
「本を出したい」
という思いがあったようです。

 

過去原稿を見ていると、

「こういう本を書きたい」

というような内容のメモが
たくさん残っていましたし。

 

 

私は大学2年生の頃からブログを書きはじめて
今に至っています。

あのときは「気が向いたらブログを書く」くらいで
毎日なんて書けていませんでした。

今年の9月で【365日まいにちのブログ投稿が
丸5年達成】になるということを考えると、
よく頑張っていると言えるのではないか、
と思います。

 

 

「過去の自分」を振り返ると、成長に気づける

 

ともあれ、
時折は「過去の自分」を
振り返ってみると
自分の成長や変化に気づけることが多いですね。

 

 

特に、学生時代に自分が作った原稿データなどを
読み返してみると、
意外と面白いものです。

 

「ああ、昔はこういう言葉遣いだったんだな…」

「こういう内容でレポートをまとめたことがあったな…」

データが残っていれば
検索で簡単に見つかりますし。

 

 

今回のポイント

 

今回のポイントです。

 

たまには「過去の自分」と対話する!
これまでの原稿・データを読み返し、
今後を展望する! 

 

 

 

いま大学院進学に向けて勉強している方も、
自分の成長・変化を実感するために
時折 過去の原稿を観てみることをオススメしています。

例えば、うちの塾に通っている方ですと
通いはじめの時期に書いた小論文の内容を
読み返してみるのがおすすめです。

 

「あまりこれまで成長を実感できていなかったけれど、
意外と自分、この頃より
書くのが上達しているな…」

こうやって、自分の成長を
自分で実感できるわけです。

 

 

勉強していて自信を失う…!そんな時、周りと比べるな!

 

勉強していて自信をなくしてしまうことって
たびたびあります。

 

そういうとき、
ついつい「周り」と比べてしまいがちです。

 

 

でも、そうではなく
「過去の自分」と比べてみることが
成長を実感する上で重要ですね。

 

 

特に試験直前期は
不安になりがちです。

 

そんなとき、
以前の自分の原稿を
読んでみることで
「成長を実感する」のがオススメですよ!

 

勉強スタート時の自分の原稿を読み直す!

 

試験直前期の不安は
勉強初期の「原稿」を読み直して
「成長を実感する」のが一番です。

 

それに、小論文試験には
「以前書いた内容を応用して
 答案を作る」
というテクニックもあるからです。

 

 

不安も解消できる他、
読み返した際の原稿を
試験本番にも応用ができる。

 

まさに一石二鳥なのですね〜。

なので、やってみていただければ幸いです!

 

ではまた!

 


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください