作文の書き方⑨試験に出すための作文は必ず音読!

いかがお過ごしでしょうか?

前回は作文のコツ⑧「必ず」読みなおす!を書きました。
このポイントは「必ず」です。

何かを書いたら、誰かに見せる前に1分でもいいから見てみる。
1分の時間がないなら「さっ」とでもいいから見る。

すると、ミスに気づいたり、「ここはこうしたらいいのでは?」と気付いたりします。

今日はその派生系。
AO入試への出願や会社へ出すエントリーシートなど、
「絶対受かりたい!」ときに使う作文のコツです。

それは「試験に出すための作文は必ず音読!」。

url

文章にはリズムがあります。
どの順番に文をつなぐかで印象が変わります。

そのリズムを実感するには音読が最適です。

声に出して作文を読む。
すると、スラスラ読めるところと読めないところに気付きます。

スラスラ読めないところには鉛筆・ペンで線を引きます。
そして音読後に文章を再検討します。

この作業、ハッキリ言って面倒です。

ですが、見違えるほど文章は良くなります。

本当の意味で「読み手」の気持ちになるにはこの「音読」が欠かせません。

ぜひやってみましょう!

 

 

「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

はじめての方はこちらもご覧ください。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください