作文の書き方⑧「必ず」読みなおす!





書いたら「必ず」読み直す!

☆今回の内容は動画でもお伝えしています。
お忙しい方はこちらから聞き流してみてください。

 

さて、今日の作文のコツは「必ず」読みなおす!
(自戒も込めての内容です・・・)

これは読む人のことを考えることでもあります。

読む人はある意味、
貴重な時間とエネルギーを割いて文章を読んでくれています。

(本当に自戒も込めています・・・。
お読み下さりありがとうございます・・・。)

 

 

情報社会の今、
文字・写真・動画など、あらゆる情報があふれています。

 

「それにもかかわらず」、
書こうとした文章を読んでくれる人がいるのです。

 

 

作文試験の審査員は大変なのです。

それに気付くと、
「ちょっとは字は丁寧に書かないとな」
「大事なところには下線を引こうかな」と気づけるはずです。

 

ところが。

書く側は往々にして「読む人」を忘れています。

 

作文を書いたあと、「そのまま」提出する人がいます(自戒も込めて・・・)。

一度、「読者」になって読み返す。

すごく大切です。

 

軽くでもいいので、読み直すだけでいろいろなことに気付きます。
書き終えたあと「あと1分読みなおす」だけで、
ぐっと良くなることがあります。

 

 

あと1分の努力」でいいのです。

 

もっと言えば【あと1秒の努力】でも、構いません。

 

少なくとも、明らかな誤字・脱字は気づくはずです。
他にも、次のミスにも気づくでしょう。

漢字ミス・
「ら」抜き表現(れる/られる)・
人名ミス・タイトルの書き忘れ・
原稿用紙への通しナンバーのつけ忘れ・
ホチキスのつけ忘れ
エトセトラえとせとら。

 

「なんでこんな当たり前のことを書いているの?」
と思う人もいるでしょう。

 

私も教育関係に関わっていますので言いますが、
読みなおすという「当たり前」が
できていない人があまりにも多くいます。

 

 

それで損していることに、どこかで気付いてほしい。
そう思います。

 

「必ず」読み返しましょう!


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

5 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    six − 3 =

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    SNSでシェア