「いつかやろう」は「永久にやらない」のと同じ。「いきなり大学院」のハードルが高いなら、まずは手軽なところから勉強の継続を!

今回のポイント
大学院進学という「ハードル」が高く感じられるなら
まずは手軽なところから勉強を
コツコツ始めてみよう!

 

「いつかは大学院に行ってみたい」とはいうものの。

「大学院をいつか目指したいけれど、
なかなか大変そう…。

いま別にこれといって
 研究したいテーマがあるわけではないし…」

大学院進学を目指す方から
時折こういったご相談をいただくことが
あります。

 

 

大学院に行ってみたい。

でも、明確に志望理由があるわけではないし、
研究テーマも定まっていない。

 

こういう方って
けっこういらっしゃるかもしれませんね。

 

 

自分にはまだ早い?

 

 

そういう場合、

「まだ自分には早いから
 そのうち考えよう」

としてしまいがちです。

 

「そのうち考えよう」と思っていて、
何年もそのまま。

そんな方も
いらっしゃるかもしれません。

 

 

 

「いつかやろう」は「永久にやらない」ことになりがち

 

 

大事なことがあります。

 

それは「いつかやろう」と思っていることって
(ほぼ)永久にやらないままになってしまいがち、
なところです。

 

 

掃除もダイエットも
「いつかやろう」と思うまま
月日だけが経ってしまうことが
多いものですね。

 

(私も
「毎日ランニングしよう!」
と思って何もせず半年くらい経っています…)

 

 

特に大学院進学のように
お金も時間も「それなり」にかかるものについては
なかなか始め時が見つけにくいところがあります。

 

 

大学院の場合
どうしても1年で数十万円はかかりますし、
1〜2年という期間も
修了するのに必要になります。

 

 

いまできる範囲の学習からコツコツと。

 

では、どうしたらいいのでしょうか?

 

それは
「いまできる範囲の学習から
 コツコツと進めていく」
ことです。

 

 

大学院を目指す場合
まずは関連するテーマの学習から
入っていくのがオススメです。

 

たとえば

「大学院に行って臨床心理士の
資格を取りたい…!」

などという思いのある方は
まずは「心理学」の本を何冊も読んでみることが
スタートになることでしょう。

 

場合によってはその時に
放送大学など通信制の大学を活用するのも
有効です。

 

 

つまり、いきなり大学院を目指すのではなく、
関連しそうな授業を
放送大学などで履修してみるのも
オススメなのです。

 

放送大学の場合
1単位5,500円で履修できますし、

学習センターが
全都道府県に存在していますので
テストを受けるのもラクです。

おまけに
「科目等履修生」の制度を使えば
1つの授業だけを履修することも
可能です。

 

 

4月入学だけでなく
10月入学の制度もあるので
入学時期を気にせず学習することもできます。

 

 

いきなり大学院に行くハードルが高いならば、
まずはできるところからコツコツやっていくことも
有効ですね。

 

今回のポイント

今回のポイントです。

 

大学院進学という「ハードル」が高く感じられるなら
まずは手軽なところから勉強を
コツコツ始めてみよう! 

 

手軽なところから勉強することが大学院の志望理由にも直結する!

 

手軽なところからコツコツ勉強を開始する。

 

実はこれこそ
大学院進学に活用する「研究計画書」や
大学院への志望理由を考える上で
有効です。

何かを勉強してみなければ

「もっとこれを研究してみたい!」

「これを研究してみたら
 面白いんじゃないか…」

という発想は出てきません。

 

 

勉強することで、研究テーマは見つかっていく!

 

コツコツ地道に勉強を続けるうちに

 「そういえば、
  これってどうなっているんだろう?」

などと研究したいテーマも思いつくように
なってくるのです。

 

 

研究テーマって、
実際に勉強してみないと
なかなか思いつきません。

 

だからこそ、
「できるところから
 学習をはじめてみる」
のをオススメしますよ!

 

 

下の動画ではその一例として
「放送大学での学習」も説明しています。

 

興味のある方はご覧ください↓。

 

 

ではまた!

 


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください