学習進捗状況を知るための3つの方法!〜十数年ぶりに歯医者に行って気付いた「早期発見」の大事さ〜




 

今回のポイント
歯も勉強も痛くなる前に対応を!
定期的な確認が自分を救う!

 

 

十数年ぶりの歯医者。

 

☆本日の内容は動画でもお伝えしています。
動画にしかない内容もありますので
気軽に聞き流してみてください。

先日、
ホント久しぶりに歯医者に行きました。

 

 

実に十数年ぶり。

 

 

思えば、社会人になってから
初めて、ですね。

 

 

 

きっかけとなったのは知人から

「痛みがなくても
定期的に歯医者に行ったほうがいいですよ!」

と言われたからです。

 

 

なんでも、歯医者に定期的に通うことで
歯石を取って歯がスッキリするほか、
歯周病や虫歯の早期対応、
口臭予防も可能になるそうです。

 

 

いまでこそZoomで講座を行うことも多いですが、
直接お会いしての講義・講座を
担当することも多い私。

 

 

受講生の方のためにも
一度行っておこうかな、と思ったんです。

 

 

衝撃の事実

 

 

行ってみると…。

 

なんと
虫歯がいっぱいあるという、
【衝撃の】診断を受けました 笑

 

 

当然、私は毎食後に歯みがき・うがいをしていましたし、
デンタルフロスも使っていました。

歯が痛くなることも全くありません。

 

にもかかわらず、
虫歯がめっちゃあり
いささかショックでした。

 

早期に分かると被害は軽い。

 

…でも、これ、
いずれも「軽い虫歯」の段階だったそうです。

 

 

軽い虫歯の段階だったので、
治療も短期間で済むようです。

 

 

虫歯の数でビビリましたが、
結果的に今わかってよかったな、
と思います。

 

 

 

虫歯って痛くなる前に対応したほうが
結果的に時間とお金を節約することが出来ます。

 

 

受験も資格試験も、痛い思いをする前に進捗状況の確認を!

 

 

痛くなる前に歯医者に行って検診をする。

すると小さな段階で問題を対処出来ます。

 

 

 

これは入学試験や資格試験を受ける際にも
心がけたい点です。

 

日々、勉強していても、
ひょっとしたらムダなことをしていたり、
必要な内容の学習ができていなかったり
するかもしれません。

これは私が毎食後歯みがきし、
歯を大事にしている「つもり」だったことと
近いです。

 

勉強している「つもり」になっていても、
それが無意味だったり、
やり方がまずかったりすることも
意外とあるかもしれません。

 

 

勉強している「つもり」のまま
試験当日を迎えると
痛い思いをしてしまいます。

 

(虫歯をほっといて
痛みが出始めると
ホント悲惨です…)

 

だからこそ、
大事なのは「進捗状況の確認」だと
言えるでしょう。

 

勉強をどれくらい日々取り組めているか。

試験の合格につながる内容に
取り組めているか。

 

定期的に確認をしていたほうが
結果的にはいい結果につながるのです。

 

 

今回のポイント

 

今回のポイントです。

歯も勉強も痛くなる前に対応を!
定期的な確認が自分を救う! 

 

 

学習の進捗状況を確認する3つの方法

 

歯の場合は専門家である
歯科医院に行くことで
現在の歯の状態を確認することが出来ます。

 

 

では勉強の場合、
どうすればいいでしょうか?

 

 

大きく分けて
3つの方法があります。

 

(1)自分で記録する

 

家計簿、つけている人も多いですよね。

さいきんはスマホアプリでもつけられるので
ホント便利です。

 

 

私もコンビニで物を買う度
「習慣」としてスマホで家計簿をつけています。

 

家計簿をつけていると、
何に・いくらお金を使ったかが
一目瞭然です。

 

 

節約も貯金も、
まずは「家計簿」づけから始めるのが
一番です。

 

 

で、この家計簿を
「勉強」にも活かすことをオススメします。

 

つまり、
「学習家計簿」をつけると
自分の学習状況が一目瞭然です。

 

 

やり方としたら手帳やノートに
「今日勉強した内容」を
書いていくだけです。

 

例えば、

 ・『○○』という問題集を20ページ進めた

・英語のリスニングを30分勉強した

などと書いていきます。

 

すると自分が何を・どこまで日々勉強しているか
一発でわかります。

 

 

オススメなのは1日の終りに
「明日の学習予定」も書いておくことです。

 

・明日は『○○』を25ページ、
英語のリスニングを35分勉強する

などと書いていると、
翌日やるべきことも明確になるのです。

 

 

(2)専門家のところへ行く

歯科医院同様、
「専門家」に見てもらうというのも
進捗管理の上で重要です。

 

塾や予備校などには
「専門家」がいるので

「この計画の進め方でいいか」

を聞いてみるといいですね!

そのためだけに「体験授業」を受けることも
可能ですし。

(うちも体験授業だけでも大歓迎です!
勉強したい方の応援ができれば幸いです)

 

あるいはすでに通塾なさっている方でしたら
毎回の塾に行く度

「次に通塾するまでに何を行うか」

手帳やノートに書いていくといいでしょう。

 

 

こうやって塾に行くことを
目標の進捗状況確認の場面にするといいですね!

 

 

(3)模試を受ける

 

資格試験や受験によっては
「模擬試験(模試)」が行われることもあります。

模試は自分の進捗状況を図る上で有効ですね!

 

資格試験では
「行政書士」や「司法書士」にも
模擬試験はありますし、

大学入試にも「模試」があります。

 

合格可能性も数値で出るので
励みになりますね!

 

 

 

…ただし、
大学院入試にはこの「模試」というのは
ないのが現状です。

 

誰か作ってくれないかな…?
(私が作るのもありですが…)

 

 

 

以上、
学習の進捗状況を確認するために
学習家計簿・専門家の活用・模試、
という3つの方法をご紹介してきました!

 

ぜひ、あなたの学習のお役に立てていただければ
幸いです!

 

(余談ですけど、
歯科検診、
痛くなる前に定期的に行ったほうがホントいいですよ!)

 

ではまた!


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください