対面授業VSネット授業。どちらのほうが役立つか?

今回のポイント
ダイレクトに教員に相談できる。
意見を表明できる。
ネット授業はリアルよりも効果的!

 

専門学校の授業が急遽Zoomに!

 

私、実は専門学校でも
授業を担当しています。

 


(写真はイメージです)

 

週1で非常勤講師として
講義を担当しているのです。

 

 

その専門学校が試験的に
1度 Zoomで
授業を実施することになりました。

 

急遽、私の授業も
Zoom実施に切り替わりました。

 

 

私、Zoomでセミナーを行ったり
1対1の講義をしたり
打ち合わせをしたりはしていますが、

専門学校の授業で行うのは
初めての試み。

 

 

ちょっとドキドキしましたが、
結果、めっちゃ楽しかったですね〜。

 

ネット授業のほうが、受講生の反応が即座にわかる!

 

ふだん講義中に

 「なにか質問や意見など、
ありますか?」

と聞いても、
普段反応なんかありません。

 

(手をあげにくいですよね…)

でも、Zoomのチャットなら
気軽に書き込んでもらうことが可能です。

 

 

そのため、いつもの数倍、
受講生からの「発言」(コメント)が
ありました。

 

 

「講師に対してのプライベートチャット」
(講師にだけコメントを送る機能)を
使うことが出来るので、

受講生の意見・感想が
どんどん送られてきます。

 

すると、
反応がいつもの数倍になり、
いつも以上に授業している【手応え】がありました。

 

特に、普段あまり喋らない受講生が
Zoomチャットだと
講義中に意見や質問などを
書いてくれたのが
特に嬉しく感じました。

 

 

「Zoom等をつかったネット授業って、
 意外といいかも!」

と発見した感じがします。

 

 

 

教室では
「手をあげにくい」雰囲気や
「自分の考えを発表しにくい」雰囲気が
存在しています。

Zoomなどの機能を使うと
そういう部分を克服できる可能性が
あります。

 

 

むろん、リアルでの授業でない分、
「熱意」や「思い」などを共有しづらい部分は
存在します。

 

でも、ネット授業ならではの
コメント機能は
そういったデメリットを
補うだけの価値があるようにも
感じているのです。

 

 

今回のZoom授業、
やってよかったですし、
何より反応をすぐに知ることが出来て
やりがいもありましたね〜!

(やりがいを感じた背景として、
【Zoomをつなげられない人との
やり取りをしなくて済んだから】、
というのもあるかもしれませんが…)

 

 

今回のポイント

 

 

今回のポイントです。

 

 

ダイレクトに教員に相談できる。
意見を表明できる。
ネット授業はリアルよりも効果的! 

 

 

対面授業の良さ、ネット授業の良さ。

 

授業において
対面がいいのか、
それともネット利用がいいのか。

 

 

このところ議論になっています。

 

私は「チャット機能」など、
ネットならではの機能を使うなら
ネット授業も十分効果的だなと思っています。

 

 

リアルの授業の場合、
受講生同士の私語に
頭を悩ます講師が多いです。

 

ですが、
ネット授業だと
そういう悩みが皆無です。

 

 

物理的に同じ場所にいないので
私語もしずらいのです。

 

 

反対に、「一方的に話す」形だけだと
受講生が退屈するので
適時「チャット」を使ったワークも
必要になるでしょう。

 

ネット授業の特徴を活かすと
いままでよりも楽しく授業が出来るようにも
なるかもしれないな、と実感しています。

 

 

いま、大学院の授業も
「ネット授業」のところが多くあります。

コロナ感染防止のためしかたなく始めた大学院も
多いようですが、

 「仕事の合間でも参加できる」

として好評な声も
あるようです。

 

フジモトの希望!コロナ収束後も大学院の「ネット授業」継続を!(希望者に対して…)

 

後期からは「対面授業」に
戻すところも出ていますが、
「ネット授業」のメリットも十分活かしていくのが
必要かもなと思います。

 

 

ただ聞くだけでなく、自分から意見を表明する!

 

授業って、
本来はただ参加するだけでなく、

自分で考えたり
意見を発表したりすることで
はじめて知識が定着します。

 

ですが、リアルの授業だと
「人前」なので遠慮して
自分の考えを表明しない人も多いです。

 

それが、
Zoomなどのネット授業では
チャット機能の形で表明しやすくなりました。

 

 

せっかくなので、
一律にリアル授業に戻すのではなく
「ネット授業」のメリットも検討していってほしいな、
と思うところです。

 

 

コロナ禍での学生対応の仕方、確認してみませんか?

 

ちなみに。

 

今年 大学院を選ぶ際は

「コロナ禍において
 どんな授業対応をしてきたか」

なども大学院の担当者に
聞いてみるといいかも知れません。

 

 

それが学生本位の対応だったら、
あなたが進学した際にも
良い対応をしてくれるはずです。

 

逆にイマイチな対応だったら
別の進学先を探すのもありかも知れません。

 

 

コロナ時期こそ、
逆説的に

  「学生本位の授業を出来ているかどうか」

が問われているように感じています。

 

大学院選びの際は
ぜひこの点からも
調べてみてくださいね!

ではまた!

「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください