大学院を目指すなら、まずは英語の勉強から!仮に試験に出なくても英語を学ぶべき理由。

  今回のポイント
大学院進学を目指すなら
まずは「英語」を学ぶところから!
たかが英語で夢を断念するのはもったいない!

 

大学院を目指すなら、1日も早く英語の勉強を!

 

大学院を目指す場合、
まずやるべきことがあります。

 

それは、
なんといっても【英語】の勉強です。

 

 

大学院で出題される3つの試験

 

大学院の試験で出題されるのは
基本的に次の3つのです。

 

(1)英語

(2)小論文

(3)面接 

 

 

このうち(2)小論文と(3)面接については
ほっといても学習をすすめる人が多いです。

 

 

志望理由書を書く時や
出願書類を書く際にも
イヤでも本を読んで学ぶことが出来るからです。

 

 

それに、自分の興味あることなら
ほっておいても学んでいけますよね。

 

 

ネックとなるのが英語の学習。

 

 

でも、そこで課題となるのが
「英語」です。

 

 

もしちょっとでも大学院に進学する思いがあるなら
1日も早く始めるべきなのが「英語」の学習です。

 

 

英語ができる・できないで
合否が決まることも多いからです。

 

 

英語の試験がでない場合にも、英語の学習が必要な理由

 

「でも、大学院に英語が出題されないことも
ありますよね?」

 

そんなご意見を持つ人も
いらっしゃるかもしれません。

 

 

実際、北大をはじめ
社会人入試に
英語が出題されない大学院って多いです。

 

 

ですけど、そういう大学院でも
志望理由書に
「ここ2年以内のTOEICやTOEFLなどの点数」
を書く欄がある場合もあります。

 

 

 

これ、例えば

「よし、3ヶ月後に実施される
○○大学の大学院の入試を受けよう!」

と決意しても、

英語の成績で書けるものが
なにもない、という場合もあります。

 

 

空欄で出してはダメ、というものではないですが
読み手の心象は悪くなりますよね。

 

(高校3年で取った
「英検準2級だけ」
というのだとツライですね)

 

 

 

せっかく大学院をめざすのに
「英語」のせいで夢を断念するのは
もったいないなと思います。

 

 

だからこそ、
1日も早く
英語の勉強をスタートさせるのが必要ですね!

 

今回のポイント

 

 

今回のポイントです。

 

大学院進学を目指すなら
まずは「英語」を学ぶところから!
たかが英語で夢を断念するのはもったいない! 

 

 

入学後、急に英語力が必要になる!

 

 

試験に英語が出題されないからと言っても、
英語を勉強しないでいいわけではありません。

 

 

大学院に入ると
急に「英語」を使う機会が増えます。

 

 

ゼミ生に留学生がいる場合、
共通言語が「英語」しかないこともあります。

 

 

学術会議に急に呼ばれて
英語でディスカッションさせられることもあります。

 

そもそも大学院のゼミで
「原典購読」というものがあります。

英語の論文を担当を決めて
レジュメを作って発表・
ディスカッションする時間も

あります。

 

だからこそ
英語を勉強しておくと
大学院に入ったあとも役立ちますね!

 

 

逆に、英語を勉強していないと
入ってからつまづくことがあります。

 

 

最悪の場合、
それで大学院の学習が
続かなくなることもあります。

 

だからこそ
英語の勉強は
1日もはやくはじめたほうがいいですね!

 

 

フジモトもジタバタ英語を勉強中。

 

 

…ただ。

 

エラそうな事を言っていて恐縮ですが、
私は英語、めっちゃニガテですね…。

 

 

大学院によっては
英語で修士論文を書かされるところ・
授業が英語でしか行われないところもありますが、

母校・早稲田の教育学研究科がこういう場所なら
絶対卒業できなかったですね(笑)

 

言い訳ですが、
私も「毎日1ページは洋書を読む」などの
低レベルな挑戦はまいにちやっています。

 

 

できないなりでいいから、
毎日少しは英語を学ぶ。

 

 

これが大事だなあ、と思います。

 

 

こうやってできないなりでいいので
勉強し続けておくことが
大学院合格後にも役立つ力となります。

 

私もジタバタ勉強していますので…。

(先日も英字新聞を買って
勉強しました)

 

ということで、
ではまた!


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください