それがお客に違和感を与えている?!貼ったままになっている先月のカレンダーを、剥がそう。

今回のポイント
観光客になったつもりで
職場内・自宅内を見回す!

 

先月のカレンダー、貼ったままにしていませんか?

 

 

私、どうしても
気になってしまうことがあります。

 

それが飲食店や会議室などに
貼ったままになっている古いカレンダーです。

 

飲み会や打ち合わせで入ったお店に
「先月のカレンダー」があると、

  「めっちゃ剥がしたい…!」

という欲求が出てきます。

 

 

なぜかというと、
めちゃくちゃ違和感を
おぼえるからです。

 

毎回、
この欲求を抑えるのが
めちゃくちゃ大変です。

 

なんというか、
「気になる」からこそ、
打ち合わせ内容も
料理の味も
わからなくなってしまうことすらあります。

(これは大げさですけどね)

 

 

場所によっては
けっこう人が通っているところなのに

「先月」のカレンダーが貼ったままで
全くはがされていないこともあります。

 

ひどい場合は2ヶ月前、
もっと最悪の場合は
半年前のカレンダーのままに
なっています。

 

 

私、そうなると
もう気になってしまい、
何も手につかなくなってしまうのです。

 

「剥がし忘れ」が店の価値を下げている?

 

こういう「古いカレンダー」、
何らかの意図があるなら別ですが、
大体は「剥がし忘れ」です。

 

これがあるだけで、
流行っているお店も

 「このお店、大丈夫?」

と思う要素になってしまいます。

 

 

古いカレンダーに、フジモトが違和感を猛烈にもってしまうワケ

私はなぜ
古いカレンダーが
気になってしまうのでしょう?

 

それはおそらく
小さい頃の原体験にあります。

 

私が小学校低学年の頃、
祖母は近所のラーメン屋で
パートに出ていました。

 

その関係上、
よくそのラーメン屋さんに
遊びに行っていたのが懐かしいです。

 

このラーメン屋、
なぜか壁一面にカレンダーが貼ってありました。

 

中には「剥がし忘れ」のカレンダーがあったのが
妙に心に残っているのですね。

  「あ、これ、古いカレンダーだ」

なんだか、1つでも
先月のカレンダーがあるだけで
店全体が古びて見えてしまうように感じたのです。

 

 

剥がしてあげようと思っても、
背が低くて、届かない。

 

そんなモヤモヤしたもどかしさを
妙に覚えています。

 

 

このラーメン屋、
店長さんが亡くなって閉店しました。

すごく私をかわいがってくださった
店長さんだったからこそ、

 「古いカレンダー、
代わりに剥がしてあげたら
  良かったなあ…」

という思いをいまだに思い出すのです。

 

カレンダー、「風景の一部」になってません?

 

それはさておき。

 

カレンダーって
意外と「剥がし忘れ」るもんです。

 

なぜかと言うと
そこにいる人は
毎日見ているからです。

 

毎日見ていると、
カレンダーが「景色の一部」になります。

その月のカレンダーに出ている写真や
カレンダーの色合いが、
「日常の一部」「インテリアの一部」になります。

 

すると、
だんだん違和感を覚えなくなります。

 

 

だからこそ、
先月・先々月のカレンダーが
貼ってあっても「ふつう」に感じてしまうのです。

 

 

これ、コワイことです。

 

 

なぜかと言うと、
外から来たお客さんが見ると、
1枚の古いカレンダーがあるだけで
私のように猛烈に気になってしまうことが
あるからです。

 

 

たった1枚の古いカレンダーのせいで、
すべてが古く見えてしまうからです。

 

いいお店であればあるほど、
これ、ホントもったいないな、
と思ってしまうのですね。

 

 

今回のポイント

 

 

今回のポイントです。

 

観光客になったつもりで
職場内・自宅内を見回す!  

 

 

その汚れ、「日常の一部」になってませんか?

 

 

今回、カレンダーについて
見てきました。

カレンダーって、
中にいる人には「日常の一部」になるからこそ、
ついつい剥がし忘れてしまうものです。

 

 

カレンダー同様、
店内装飾の汚れなども
毎日見ていると「日常の一部」に
なってしまいがちです。

 

装飾だけでなく、
日々出しているチラシ、
各種資料やWebサイトも、

毎日見ていると「古びて」いても
気づかないものなのです。

 

 

行政窓口で受け取る資料も、
何度も「コピーのコピー」を繰り返し、
ところどころ判読不能になっている資料が
渡されることがあります。

 

どう考えても
汚い資料なのに、
毎日見ていると何故か
違和感がなくなってしまうのです。

 

 

ホント、コワイことだと思います。

 

 

観光客のように職場・家の中を見つめ直す!

 

では、これを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

大事なのは定期的に
「観光客のように」
職場の中・家の中を
見つめ直すことです。

すると、
けっこうあちこち問題があることに
気づきます。

 

壁にはられた資料を留めている、
黄ばんだセロハンテープ。

なぜか刺さったままの画びょう。

1冊だけ上下逆に差し込まれている
本棚の書籍。

床についている食べこぼしのシミ…。

 

こういう存在が、
お客さんに

 「あ、ここ、無いな」

「なんかここ、ヤダな」

と思われる原因になるのです。

 

同様に、Webサイトやブログも
古いイベントをそのまま載せていたり、
肩書きが間違っていたりすると

それだけでお客さまに
違和感を与えてしまうものです。

 

 

…正直、
これ、私もできていないので
自分のことを「棚上げ」して言っています。

 

 

分かっていても、
ついそのままになってしまう。

 

だから、
「自警」の意味で書いています。

 

まずは古いカレンダーを剥がすこと!

 

 

こういう、お客さまに違和感を与える事柄に
気づく「第一歩」は

「壁にはられたままになっている
古いカレンダーを剥がすこと」

から始まります。

 

ぜひ「観光客のように」事務所内・
室内を見回してみてくださいね!

 

ではまた!


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください