「起きたら昼だった」現象を防ぐ方法!前日のうちに、スケジュールを書き出そう!





今回のポイント
スケジュールを
前日のうちに書き直す!
時間軸も入れれば
行動のムダが無くなる!

今日の内容は動画でもお伝えしています。
忙しい方はぜひ「聞き流して」みてくださいね!

「起きたら昼だった」現象

 

  「あ、起きたら昼だった…」

 

 

以前、土日など
仕事が休みの日には
スケジュールの整理を全くしていませんでした。

 

すると

「あ、起きたら昼だった…」

ということがしょっちゅうでした。

 

 

これ、なんだか虚しいんです。

 

すごくソンしてしまったような気がして
ならないのですね。

 

 

仕事が休みな土日は
昼間で寝てしまうほか、
ひたすらダラダラネットサーフィン
してしまうこともザラでした。

 

 

  「まあ、休日だからいいかな・・・」

そんな調子でした。

 

これが続くと、
平日にも響くんですね。

 

 

特に一人で仕事をしていると、
午前中にアポがない場合、
午前中寝ている事ができてしまいます。

 

これだと
仕事がまったくはかどらないんですね。

 

前日のうちに、スケジュールを紙に書き直す!

 

 

でも、前日に【あること】をすると
全然違いますね!

 

それだけで
1日が有効に使えるようになったんです!

 

 

この【あること】、
とっても有効なんですよ!

 

 

それは何をするかというと

前日の間に、
手帳を見ながら翌日のスケジュールを
紙に書き直すという作業です。

 

これをやると、
本当に全然違いますね!

 

 

なんというか、
時間を大事にしよう、
という意識になるんです。

 

その中で
あすの「予行演習」が
できるのですね。

 

明日のどの時間で
「いつYouTube動画を撮るか」と
「いつブログ&メルマガを書くか」を
予め書いておくのです。

 

するとスムーズに予定を進めることが出来ます。

逆にこれらを書いておかないと
けっこうダラダラしてしまうからです。

 

今回のポイント

 

今回のポイントです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スケジュールを
前日のうちに書き直す!
時間軸も入れれば
行動のムダが無くなる!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

 

起業してお客さんに来てもらえるようになった
最初の頃。

 

私、けっこう【行き当たりばったり】で
仕事をしがちでした。

 

 

闇雲に仕事をして、
闇雲に動き回っている。

 

こんな状態ですと、
行動に無駄も多かったです。

 

 

ですけれど、
前日にスケジュールを書き直していると
ちょっと行動がよくなってきたのですね。

 

ちょうど私、
日報コンサルタントの
千田涼介さんのセミナーにも
出ています。

 

千田さんも言っていますが、
日報に予め
翌日のスケジュールを書くのって
やっぱり有効ですね!

 

時間だけは万人平等!大事に使おう!

 

いくらお金を持っている人も
持っていない人も、
時間だけは共通です。

 

偉い人も偉くない人も、
時間だけは共通です。

 

であれば、
せっかく24時間もある時間を
大事に使いたいですよね。

 

 

命というのは
結局「時間」そのものだからですよね。

 

だからこそ、
「時間」の使い方を
意識していきたいものですね!

 

ぜひあなたも
「明日の計画」を
前日に書き直してみることを
オススメします!

 

 

特に、明日のどのタイミングで取り組むか
決まっていない案件は、

「いつやるのがいいか」
前日の間に決めておくと
翌日の結果が大きく違いますよ!

 

やってみてくださいね!

 

ではまた!


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


twelve − six =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください