本棚でホコリをかぶらせている専門書をラクラク読み切る方法!1日1章ずつ、どんなに単調でも読みぬく!

今回のポイント
分からなくても、1日1章ずつでいいので、気にせず読む。
読み続ければ、しだいに分かってくる!
1冊で分からなくても、何冊か読むと見えてくる!

 

本棚にしまったままになっている本、ありませんか?

 

 

突然ですが、あなたには
「いつか読みたいと思っている本」は
ありますか?

 

「読むぞ!」
と考えて買ってきたものの、
本棚にしまったままになっている
分厚い専門書はないでしょうか?

 

今回はそういった本に挑戦する
「ヒント」をお伝えできれば幸いです!!!!

 

 

ドラッカーの本、1日1章ずつ読んでいます!

 

私はいま、
経営の勉強のため
ピーター・ドラッカー著
『傍観者の時代』を読んでいます。

 

ドラッカー自身による
初の「自伝」的側面もある本です。

読んでいて、
ドラッカーの洞察が冴え渡る感じがします。

 

 

思えば2ヶ月前から

【ドラッカーの書いた本を
1日1章ずつ読む!】

と決めて、読んできました。

 

 

1日1章ずつ読むのって、
せいぜい20〜30ページほど。

 

 

あまり時間もかかりません。

 

それでも、
『すでに起こった未来』と
『未来企業』、
『プロフェッショナルの原点』という3冊、
気づいたときには読み終えていました。

 

こういう本を読むときのポイントは
「分からないところも気にせず読む」
ことです。

 

分からないところで立ち止まり、
「これって、どういう意味だろう…?」
と考え出すと、

とたんに読書が止まってしまいます。

 

 

 

【1日1章ずつ読む】ことの利点は、

「あまり分からなくても、
我慢して読む」

ことができる点です。

 

 

きょう読み終える予定のページを
指で挟みつつ、

淡々と読んでいく。

すると、持っているページが
だんだん減っていくのを目で見ながら
読むことができます。

 

 

「あと、これだけか。
がんばろう!」

 

そんな気持ちになります。

 

 

だからこそ、
どんなに単調で
どんなにつまらなくても
読み切ることが出来ます。

 

分からなくても、気にせず読む!読み続ければ、分かる!

 

だいたい、本を読んで
「すべて理解できる」ことなんて
不可能です。

 

 

まして、世界的に有名な経営学者の本を
一発で理解してしまっては
ドラッカーに申し訳ないような気がしてしまいます。

 

 

多少我慢しながらでも、
【1日1章ずつ読んでいく】と、
いつか読み終わる日が来ます。

 

 

読み終わると、
「あ、あの内容、こういうことだったんだ…」
と気付くことも多いです。

 

 

だからこそ、分からなくても
淡々と読み込んでいくことって
意味があると思うのですね。

 

今回のポイント

 

今回のポイントです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
分からなくても、1日1章ずつでいいので、気にせず読む。
読み続ければ、しだいに分かってくる!
1冊で分からなくても、何冊か読むと見えてくる!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

 

作者を1人決めて、徹底的に読みぬく!

 

私がオススメする読書のやり方があります。

 

それは自分の好きな作家を見つけ、
その人の本を片っ端から読んでいく、
という方法です。

 

「何冊も問題集をやっているのに、なんで成績が上がらないの?」〜小論文が書けるようになる裏ワザお教えします〜

 

自分の好きな作家の本を読み漁っていくと、
だんだんその作家の考え方が
自分の頭の中に入ってきます。

 

 

作家の考え方が
まるで「イタコ」になったかのように、
自分に「降りてくる」瞬間がやってきます。

 

「この内容、
いつも読んでいる○○さんなら
どう考えるだろうか?」

 

こういう発想も
できるようになります。

 

 

すると、ゼロから自分で物事を考えるよりも
深く思考することができるようになります。

 

 

一人、作家を決めて読み込んでいくことで
自分なりの思考を深めていくことができるのです。

(これ、小論文や作文の試験対策にも役立ちますよ!)

 

 

私はいまドラッカーの本を読んでいますが、
塾の経営を考える際や
他の方の経営についてアドバイスする際にも

「ドラッカーならどう言うだろうか?」

と考えられるようになってきました。

 

 

すると、
ゼロから自分で考えるよりも
深く考えること・より適切にアドバイスすることが
できるのです。

 

 

難しいと感じる本の場合は
【1日1章ずつ読む】と決めれば
意外とアッサリ読み終わってしまうものです。

 

本棚でホコリをかぶっている専門書、せっかくなので読んでみませんか?

 

あなたには
「いつか読みたいと思っている本」は
ありますか?

「読むぞ!」
と考えて買ってきたものの、

本棚にしまったままになっている
分厚い専門書はないでしょうか?

 

 

せっかくなので、
毎日1章で構わないので
読み込んでいくのをオススメします。

 

 

通勤用のかばんに入れ、
通勤時に読んでもいいでしょう。

あるいは、
ベッドの横に置き、

「寝る前に1章ずつ読む!」

のもいいと思います。

 

あまり細かいことが気にならない方は
トイレに置いておいて

「1日1章ずつ読む!」

のもアリかもしれません 笑

 

 

ともあれ、
せっかく買ってきた本、
ホコリをかぶせるだけだと
もったいないですよね。

 

 

1日1章ずつなら意外と
苦にならないものです。

 

 

1日1章ずつであっても、
まいにち取り組むなら
10日ほどで読み終えてしまうものです。

 

 

読み終えると達成感も大きいです。
続けると、理解も深まっていきます。

 

 

ぜひ、この機会に挑戦してみてくださいね!

 

 

ではまた!

「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください