お金の使い方は帳簿につけるのに、時間の使い方を記録につけないのは、なぜ?





今回のポイント
お金は帳簿につけないとムダを発見できない。
時間の使い方も記録をつけないと
ムダを発見できない。
お金以上に、時間の無駄遣いに注意する!

 

会計士さんにお願いするようになりました

 

「あれ、この引き落としって、いったい何?」

 

 

最近、自力で帳簿付けするのを
辞めました。

 

 

これまではクラウド会計ソフトを使って
自力で行っていました。

 

…ですが、取引数も増え、
自力で行う「限界」に達したので、
会計事務所に相談することにしたのですね。

 

会計士さんのアドバイスのおかげで、
いままでよりも克明な
帳簿づけがようやく出来るようになりました。

 

 

(もっと早く相談したら良かった、
と後悔もしています)

衝撃!謎の引き落とし!

 

帳簿を付けていると、
「謎の出金」に
気づくことがあります。

 

  「あれ、この引き落としって、いったい何?」

 

お恥ずかしながら、
気軽にカードで買ったものが多く、

  「何にいくらお金を使ったか」

不明確なまま、これまでは帳簿を付けていました。

 

 

会計事務所に相談してから、
こういう「よくわからない出費」が
意外とあったことに気づいたのです。

 

 

これまで、事業が発展してくるにつれて、
けっこう適当に
カードを使っていたところもありました。

 

 

本当は請求書や領収書をもらわないと行けないのに、

 「あ、別にいいですよ」

自分から言ってしまっていたことにも
気づきました。

 

 

これではせっかくの売上・
せっかく利益が
よくわからないところから
漏れていってしまいます。

 

 

我ながら、
「今まで、ダメだったな…」
ということにようやく気づきました。

 

せっかくお金を頂いた以上、無駄に使ってはならない!

 

これでは良くないのですね。

 

 

私自身、会計事務所指導のもと、
厳密に帳簿付けをするようになり、
このことを実感するようになりました。

 

 

売上や利益って、
お客様から頂いた大事なお金なわけです。

これを
ムダに使ってはいけないわけですよね。

 

会計士さんから
重要な気づきを頂いたように思います。

 

お金の使い方は帳簿につけるのに、時間の使い方を記録につけないのは、なぜ?

 

さて、事業をしている方なら
誰でも帳簿を付けています。

(たまに付けていない
「豪傑」を見ることもあります 笑)

 

自宅でも「家計簿」を付けている方も
多いですよね。

 

最近は「マネーフォワード」や「Zaim」など、
スマホで家計簿を付けられるソフトも
多くなってきました。

 

無論、私はビジネス分は会計士さん、
自宅の家事消費分はZaimというアプリで
管理しています。

 

 

…実は無駄に使っていけないのは
お金だけではありません。

 

 

 

当然ながら
【時間】もそうですね。

 

お金の場合は「帳簿」を付けます。

帳簿をつけていない場合、
「脱税」として後々怒られることになります。

 

 

…ところが、
時間の場合「帳簿」を付けていない人が
多いのですね。

 

 

時間の使い方を記録しよう!

 

私自身は手帳で
時間の使い方を記録しています。

私にとって手帳は
「時間管理ツール」でもあります。

 

 

つまり、予定を書くだけでなく、
「実際にどのように時間を使ったか」
も書き入れているのです。

 

 

予定より仕事が早く終わった場合・
予定通り仕事が終わった場合は
万々歳。

 

 

そうでない場合は「反省」して
明日以降の日程を直していく。

 

 

この繰り返しです。

 

 

私の手帳には
起床した時間から
就寝した時間も書いています。

 

 

すると、自分の普段の様子が
一目瞭然なのですね。

 

なお、こういうプライベートなこと以外については、
「フジモトのカクロン」メルマガにも書いています。

 

ありがたいことに、
この「日記」を愛読してくださる人も
いらっしゃるようです。

若干テレますが 笑

 

 

手帳だけでなく
メルマガに「日記」を書くようになると、
自分の中で「見栄」も働きます。

 

 

つまり、
「メルマガに書くために、
 時間のムダをなるべくなくす」
意識になるのですね。

 

 

時間の使い方を記録する意識が、
時間の無駄遣いを減らしてくれるのです。

 

 

ともあれ、
お金は記録をつけない限り
「何に無駄に使っているか」なんて
全く見えません。

 

 

自分で事業をしている方は
帳簿を付けています。

家計簿を付けている人もいます。

 

これも大事ですが、
「時間」の使い方の記録をしていない人って
けっこういらっしゃるのですね。

 

 

だからこそ、
手帳なり日報なりに
「時間の使い方」の記録をつけていくことを
オススメしています!

 

☆ちなみに私、手帳は
4年連続で
【アクションプランナー】という手帳を愛用しています。

別名「自分を予約する」手帳。

タイムマネジメントの習慣を勝手に身に着けられる、
便利な手帳ですのでおすすめですよ!

「来年の手帳、そろそろ買わないと…」
という方にオススメしたい手帳です。

(A5サイズなので若干大きいです。
ですが大きい分、書きやすい手帳です。
サイズにこだわらない方にはぜひオススメです)

【アクションプランナー】の詳細とお求めはこちら↓
https://amzn.to/2J9m1tO

 

今回のポイント

 

 

今回のポイントです。

・・・・・・・・・・・・・・
お金は帳簿につけないとムダを発見できない。
時間の使い方も記録をつけないと
ムダを発見できない。
お金以上に、時間の無駄遣いに注意する!
・・・・・・・・・・・・・・  

 

時間を記録せよ!ピーター・ドラッカーの教え

 

経営学者のピーター・ドラッカーも、
「時間の管理」のあり方を
厳しく伝えています。

 

 

タイムマネジメントを進めるには
まずは自分の普段の時間の使い方を
記録する必要がある。

 

 

ドラッカーはそう言っています。

 

ですから、日々の時間の使い方を
紙に書いていくことを
ドラッカーは勧めているのです。

 

私も書いてみることで、

「あ、ここにムダに時間を使っていた…」
「なんにもしていない時間があった…」

ことに気づきました。

 

☆時間の使い方の記録法は
こちらをごらんください↓

まずは時間を記録せよ!それが忙しさから逃れるための道!無駄な時間の存在に気づこう!

2019.02.08

この時間の管理、
1回やって終わりではなく、

ドラッカーは「定期的に行うように」
提唱しています。

 

 

そうすることで
自分の時間の使い方に
自覚的になれるのですね。

 

時間はお金より大事。時間は命だから。

 

お金以上に大事なもの。
それは時間です。

 

 

なぜかと言うと、
時間は結局「命」「寿命」のこと
だからですね。

 

 

だからこそ、
時間をムダにすること無く、
有意義に活用していきたいですね!

 

ではまた!


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


7 − five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください