フリーで仕事をするための鉄則!お客さんが求めるなら「魚の釣り方」だけでなく「魚」も提供する!





今回のポイント
下手に「魚の釣り方」を教えるよりも、
手っ取り早く「魚」を提供したほうが
喜ばれることがある!

 

最近は代筆の仕事もしています

 

さいきん、
今までやっていなかったタイプの仕事も
しています。

 

それがブログやメルマガの代筆です。

代筆を依頼してくださった方の
キャラクターを見ながら、
その文体で文章を書いていきます。

 

 

なかなか、やっていて楽しいです。

 

 

以前の私でしたら
こういう代筆系の仕事って
やっていませんでした。

 

なぜかというと
妙なプライドがあったからですね。

 

  「文章の書き方を教える仕事をしているのだから、
代わりに書くような事があってはならない」

と勝手に思っていたのです。

  「代筆なんて、邪道だ」

なんて思っていました。

 

思えば
自分が愚かだったなあ、
と思います。

 

魚の釣り方よりも、魚を与えることのほうが大事だ。

 

以前、こんな記事を書きました。

「魚の釣り方よりも
 魚を与える」ことの方だ大事だ、
ということをお伝えしたのです。

「教える仕事」の方必見!「魚を与えるより、魚の釣り方を教えよう」は嘘です!

2019.05.31

 

 

「魚」というのは
書いた文章それ自体であり、

「魚の釣り方」というのは
文章の書き方、ということを意味します。

 

「文章の書き方を教えないと
 意味がない」
とかつて思っていたことを
反省した記事です。

 

 

本来的にいえば
「魚」それ自体よりも
「魚の釣り方」を教えるほうが
価値的なのかもしれません。

 

魚の釣り方を知っていても、魚を買うことのほうが多い。

 

でもですね、魚の釣り方って
みんながみんな必要なわけではないのです。

 

現に、みんな「魚の釣り方」を教わるよりも
スーパーで魚を買いますよね 笑

 

もっと言えば、
「魚の釣り方」を知っていても、
ふだんは釣りなんかしないわけです。

「魚の釣り方」を知っていても、
「めんどくさいから」
魚をスーパーで買ってきています。

 

逆に休みの日に「魚釣り」をすることは
「趣味」になっているわけです。

 

 

 

であれば、
文章も全く同じなのだと思うのです。

 

魚の釣り方(ブログ・メルマガの書き方を伝える)よりも、
魚である
「ブログ記事」や
「メルマガ」を提供することが
役に立つことってあるのです。

 

 

特に「手っ取り早く結果が欲しい人」や
「来週出すチラシを作って欲しい人」にとっては
こちらの方が大事なのですね。

 

これは私自身
もっと重視していきたい側面です。

 

 

今回のポイント

 

今回のポイントです。

・・・・・・・・・・・・・・・・
下手に「魚の釣り方」を教えるよりも、
手っ取り早く「魚」を提供したほうが
喜ばれることがある!
・・・・・・・・・・・・・・・・  

 

人間の思いって、
人それぞれです。

 

「やり方」まで完全に自分でわかってから
自分だけの力でできるようになりたい、
という人もいます。

とりあえず来週出すチラシだけ
作って欲しい、
という人もいます。

 

一通り作ってもらったあと、
最後に少しだけ自分で直したい、
という人もいます。

 

 

お客さんの思いも多様です。

 

 

であれば
そういった多様な思いに応えていくことが
必要なのですね。

 

自分のやり方だけにこだわってませんか?

 

特にフリーで仕事をしている人は
自分のやり方だけにこだわってしまう人が多いです。

 

以前の私もそうだったので
よく分かります 笑

 

「私は○○を教えるだけであり、
○○をそのまま代わりにやるなんてやりません」

 

そういうのをやめていくことが
結果的にお客さんの役に立つこともあるのです。

 

 

お客さんの役に立つと、
結果的に自分の売上にも繋がりますね!

 

 

「魚」を提供している人は「魚の釣り方」も提供しよう!

 

今回の内容は
逆のことも言えます。

 

ふだんデザイナーや
イラストレーターとして
「魚」それ自体を提供している方って
いますよね。

 

 

そういう方は逆に
「魚の釣り方」も教えたほうが
売上につながるのです。

 

「デザインのやり方講座」や
「イラストの書き方イベント」などで
「魚の釣り方」を教える講座を開催するのです。

 

不思議なのですが、
「魚の釣り方」を伝えると、
その人が提供する「魚」自体を
買いたいという人が出てくるのです。

 

 

ハンドメイド作家さんなら、
ハンドメイド教室を開催すると、
結果的に自分のハンドメイド作品も
売れるようになります。

 

「魚の釣り方」を教えてもらうと、
「魚」自体にの価値も
お客さんにわかってもらえるからです。

 

「こんなにわかりやすく
魚の釣り方を教えてくれる人なら、
この人の提供する「魚」は
価値があるに違いない!」

そう思ってもらえるのですね。

 

ともあれ、
「魚」と「魚の釣り方」、
両方を提供できるようになるのが
フリーで仕事をするための鉄則ですね!

 

ではまた!


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


four × 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください