やるべきことは紙に書き出そう!イヤな仕事をゲームに変えよう!心と頭をスッキリさせて、仕事に集中するためのワザ!





今日のポイント
心と頭をスッキリさせて、仕事に集中するためのワザ!
やるべき事が多いとき、
まずは紙に書き出そう!

 

☆今日の内容は動画でもお届けしています。
お忙しい方はぜひ耳で聞き流してみてくださいね!

「ああ、あれもやらないと、これもやらないと…」

「何からやっていいか、分からない…」

 

ゴールデンウィークなどの連休明けって、
だいたいの場合山ほど仕事が溜まっていますよね。

そのため非常にうんざりしてしまう人も
いるかもしれません。

かくいう私も、
連休中に仕事をしていたのにもかかわらず
連休明けの業務に
じゃっかん「ウンザリ」していました。

 

個人事業主って
自分のペースで仕事ができる「メリット」があります。

にもかかわらず
こう感じてしまうのなら、
ふつうの職場はどれだけ大変なんだろう、
と感じてしまうのです。

 

業務量が多いとき、まずは紙に書き出せ!

 

業務量が多くて、
うんざりしてしまう。

 

そんなとき、
オススメの方法があります。

それが
【やるべきことを紙に書き出す】
という方法です。

一見すると
「当たり前じゃないか」
と思う人もいるかも知れません。

「すでにやっているよ」
という人もいるかも知れません。

 

ですが、意外と
「当たり前」に見えることの中に
本質があるものです。

 

バタバタしたり、
仕事が立て込んだりしたときこそ、
紙に書き出すべきです。

 

 

そして、「優先順位の高いもの」や
「すぐ終わるもの」から取り組んでいきます。

 

一つ終わる度に、
赤ペンで消していきます。

これはちょっとした快感です。
達成感を味わえます。

 

イヤな業務をゲームに変える方法!

 

紙が真っ赤になっていくほど
「オレ、頑張っている!」
という妙な自己肯定感でいっぱいになります。

 

紙に書くだけで、
イヤな業務が
「終わったら赤く消していくゲーム」に
早変わりします。

 

半分も消してきたら
「よし、今日中に全部消してしまうぞ!」
という思いに変わっていきます。

 

イヤな業務が、
なぜか楽しみに変わっていくのです。

 

時間のムダと言わず、まず書き出そう!

 

でも、意外とこういうときに
紙に書き出すのを「時間のムダ」と
感じてしまう人も多いのです。

「やることを書き出している間に、
手っ取り早くメールの返信をしたほうがいいし、
お客様に電話したほうがいい。
書いているのは時間のムダ」

そう感じる人が
異常に多いんですよね。

 

かつての私も、そうでした。

私は前職、高校で教員をやっていました。

 

学校教員って、
忙しい時期は死ぬほど忙しいです。

 

特に忙しいのは長期休暇直前。

通知表に「所見」を書いて、
「夏休みの生活について」という資料を作り、
決済を受け、宿題表を作成し、
全員分印刷する。

 

やることが次々あります。

 

しかも、「決済」がないと
できないものばかりです。

「決済」をもらうために
事前に作成をする。

 

スケジューリングをミスると
一発ですべてが「徹夜」モードに入ります。

(反面、夏休みなどの期間は
死ぬほどヒマです)

 

そういうとき、
かつての私は
「何からやっていいかわからない」
と軽いパニックに陥っていました。

 

ですが、途中から
次のように考えるようになりました。

「まずはやることをノートに書き出そう」
「今日やるべきことだけを紙に書いてみよう」

すると、
急に頭がフッとラクになった気がしたのですね。

頭が軽くなった気がします。

「あれもやらないと、
これもやらないと…」

うなされていたように仕事をしていた自分が、
急に集中力を取り戻しました。

 

「まずはこれを取り組んで、
その次はこの書類を作成して…」

段取りを組めるようになりました。

このおかげで、
無事仕事を終えることができたわけです。

 

今日のポイント

 

今日のポイントです。

・・・・・・・・・・・・・・・・
心と頭をスッキリさせて、仕事に集中するためのワザ!
やるべき事が多いとき、
まずは紙に書き出そう!
・・・・・・・・・・・・・・・・  

 

業務量が多いとき、
やるべきことを紙に書き出すか、どうか。

 

すべてはこれにかかっています。

 

やるべきことを書き出すのって、
長くても5分もかかりません。

 

慣れてくれば1分ですべて書けます。

 

 

書いてみると
「意外と、やるべきことって
 ちょっとしかないんだな」
ということに気づきます。

 

また、
「これ、別に明日でもいいか」
ということに気づきます。

「○○さんに、この業務はお願いできないかな?」
と、人の力を借りることも考えられます。

 

「そもそも、この仕事、
やらなくてもいいか」
と、気づきこともできます。

優先順位の低い仕事は
思い切って「やらない」という選択も
見つけられるのです。

 

まさに紙に書くか否かで、
仕事の成果が変わってくるのです。

 

忙しい時期こそ、
やるべきことを紙に書き出す!

 

これを実践してみることを
オススメします!

心にあるモヤモヤも書き出そう!

 

このときのポイントは
心にある「モヤモヤ」も
ついでに書き出すことです。

 

「上司の○○なところがツラい」とか、
「どうしよう、お金が足りない…」とかの
「モヤモヤ」も書き出すのです。

 

別に書いたからと言って
解決するわけでは、ありません。

 

ですが、書き出すことで
フッと心が楽になります。

 

モヤモヤを紙に吐き出すことで
「いまは仕事に集中しよう!」
と気持ちを切り替えられるのです。

この方法、
私も毎日やっていますので
ぜひ試してみてくださいね!

ではまた!


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


1 × five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください