キャリアアップ直結!新聞と新書という2つの【新】を読もう!





今日のポイント
キャリアアップしたいなら
「新聞」「新書」という2つの【新】を
読んでいこう!

 

私、周りの人にはさんざん
「キャリアアップのためには
 新聞を読みましょう!」
と言っています。

 

でも、正直な話、
普通の新聞って
あんまり好きじゃないんです。

 

 

どうでもいいゴシップやら
スポーツの記事やら、
あんまり好きじゃないからです。

 

 

地方紙が好きだった時期もありますが、
毎日どうでもいい「ご当地ニュース」が
氾濫するのも、ちょっと食傷気味になるからです。

(たまに、ならいいんですけれどね)

 

 

でも、日経新聞は違います。

 

日経新聞の中心は
「経済」です。

各企業の動向や経済の動きを知ることで
今後の日本がどうなるか、
どんなビジネスがこれから評価されるのか、
よく分かるのです。

 

経済にはイデオロギーはほぼ
ありません。

そのため、日経新聞を日々読んでいるわけです。

 

 

  「新聞、なんかめんどくさい・・・」

そんな方には日経新聞、
おすすめですよ!

 

 

新聞って、
どうせ100円ちょっと。

日経新聞でも180円くらいです。

缶コーヒー1本ほどの金額です。

 

缶コーヒーは躊躇なく購入する人も、
なかなか新聞を買うことは少ないですね。

 

 

新聞は読んだ分、
必ずためになります。

特に自分の仕事に関わる記事って
毎日1本くらいは見つかるもんなんです。

それをノートに貼ったり、
スマホで写真を撮ったりしていると
後々使える情報源になります。

 

集まった新聞記事を元に、
自分なりに今後の日本を分析したり、
仕事の方向性を
知ることができるんです。

 

 

 

私は、大学入試の小論文対策を行っている受講者の方に

「小論文対策のために2つの【新】に
 取り組みましょう!」

と言っています。

 

2つの【新】とは
「新聞」と「新書」です。

 

新聞と新書で
自分に関わる記事や内容を読み込むことで
文章力がアップするんです。

 

 

これは大学入試対策に役立つだけではありません。

 

 

キャリアアップしたい社会人の方にも
おすすめです!

 

現在社会人の方でも
新聞も新書もほとんど読まない人も
いらっしゃるかもしれません。

 

 

これって、実にもったいないことです。

新聞や新書って、
読む人が大きく減っています。

代わりに
信憑性の怪しいネットニュースばかりを
見ています。

 

みんなが信憑性の低いニュースを読んでいる
今の時期こそ、チャンスです。

 

 

みんな、怪しいニュースばかりに
踊らされている中で、
自分だけは新聞と新書で
きっちりと情報を読み取っていく。

 

 

両者の間には大きな「差」があります。

 

 

 

この「差」は埋まることはありません。

 

今日・明日でも広まります。

1年・2年でも広まります。

 

先日聞いた阿刀田高さんの講演会でも、
「読書」は値上がり間違い無しの
優良株だ、という指摘がありました。

作家・阿刀田高さん直伝!文章力アップのための秘密の読書術とは?

2018.11.05

 

同様に、「新聞」「新書」という
2つの【新】は
みんながあまりやっていないからこそ
今後「差」が付く要素になるのです。

 

今日のポイントです。

・・・・・・・・・・・・・・
キャリアアップしたいなら
「新聞」「新書」という2つの【新】を
読んでいこう!
・・・・・・・・・・・・・・ 

 

この2つの【新】を
実践すれば何からのメリットがあるはずです。

 

 

1回新聞を読んだり、
1冊新書を読んだりするだけで、
自分の成長につながっていくのです。

 

 

ぜひ今日から
2つの【新】、取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

ではまた!


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


10 + 19 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください