自己PR文や志望理由書を書く裏ワザ!自分に次の質問をしてみよう!深掘りすれば書くことは見つかる!

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

今日のポイント
「普通の人」は存在しません。
「なぜ? 何? どのように? 具体的には?」と
自分に質問することで、
思わぬ強みを見つけませんか?

 

大学の志望理由書のシーズンです。

他にも今まさに就職活動中の方も
いらっしゃるかも知れませんね。

 

そんな際に出さないといけないのが
自己PR文や履歴書です。

 

 

自己PR文や履歴書って、
書くのが大変ですね。

 

 

 「自己PR文と言われても、
書けるようなことはなにもないんです…」

そんな悩みを持つ人も
多いのではないでしょうか?

 

作文教室ゆうにも
そんな悩みを持つ人が
多くいらっしゃっています。

 

作文教室ゆうの小論文対策コースでは
大学や大学院に行きたい
高校生や社会人の方が
大勢来てくださっています。

社会人のための書き方・文章・作文・論文講座@札幌

 

多くの方は
「自己PR文」や「履歴書」など、
自分のことを表現することに
苦手意識を持っていらっしゃっているようです。

 

作文教室ゆうの小論文対策コースでは、
実は「志望理由書」や「自己PR文」の
添削も行うことが出来ますので、
そういった相談も多いです。

  「自己PRといわれても、
私、普通なんで何もPRすることがありません」

そういう意見を
話してくださる方もいらっしゃいます。

 

私、講座やセミナーで
いろんな人にお会いしていますが
「普通の人」に会ったことはありません。

 

 

みなさん、何らかの強みを持っています。
「普通」としか言いようのない人って、
いないんです。

 

 

でも、多くの人は
「自分なんて普通なんで、何もPRすることがない」
と悩んでいます。

 

 

これって、
もったいないことだな、と思います。

 

 

自分が「普通」に見えて、
自己PR文が書けないのは
自分を「深掘り」していないからです。

 

自分を深掘りすることができれば、
必ず書くことは見つかるのです。

  「私って、普通の経験しかしていないので、
何もアピールすることがありません」

そういって自分を卑下する人を
これまで私はたくさん見てきました。

不思議なんですが、
その人の話をじっくり聞いてみると
「普通の経験」しかしていない人って、
そんなにいないんです。

 

意外と自分では「大したことない」と思っていることが、
他の人よりも優れている場合が多いんです。

 

 

今日のポイントです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
「普通の人」は存在しません。
「なぜ? 何? どのように? 具体的には?」と
自分に質問することで、
思わぬ強みを見つけませんか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 「私って、普通なんで
何も取り柄がありません」

 

そういうセリフを言っている人は、
いちど自分を深掘りしてみませんか?

 

深掘りしてみると、
意外と自分しか持っていない強みに
気づけるものなのです。

 

 

その際のポイントは
下の質問を自分にすることです。

「なぜ? 何? どのように? 具体的には?」

自己PR文を書く時は
この4つの質問を自分にしながら
取り組んでみることです。

 

 

この4つの質問を自分に行うことで
思ってもみない自分の強みに気づけます。

 

例をあげてみましょう。

「自分は音楽が好きだ」
と思っている人がいます。

 

音楽が好きな人って、たくさんいますよね。

 

いわば「普通」なことです。

でも、この段階で自己PRを書くと
「普通」な人で終わってしまいます。

 

自己PRにならないんです。

そのため、
「なぜ? 何? どのように? 具体的には?」
という質問をしてみましょう。

 

なぜ好きか?
それは音楽を聞いているとリラックスできるから」

、つまりどんな音楽が好きか?
ジャズを聞くのが好きだな」

どのように好きか?
高校時代から每日聞いても飽きないくらい好きだ」

具体的には?
毎週ジャズバーで演奏を聞くくらい好きだな」

いかがでしょうか?

4の質問をしてみると、
「ジャズが好きで、
 ジャズを聞くとリラックスできるし、
 高校時代から每日聞いても飽きないくらい好きだ。
 だから毎週ジャズバーで演奏を聞きに行っている」
という事実が見えてきます。

 

単に「音楽が好きだ」
と言うよりも、
いま見えてきた事実を伝えるほうが
本当に「音楽が好き」であるということや
「ジャズを極めている」ということが伝わります。

 

これはある意味自分の強みなわけです。

でも、ほとんどの人はせっかくのこの強みを書かず、
自己PR文に「音楽が好きである」ということしか、
書かないんです。

 

自分がせっかく強みを持っていても、
うまく言葉にできなければ意味がありません。

 

言葉にするためには
「なぜ? 何? どのように? 具体的には?」
という4つの質問をしてみることが重要です。

 

この4つの質問を自分に投げかけることで、
自分が気づいていなかった自分の強みに気づけるはずです。

 

なお、この4つの質問は
何にでも役立ちます。

志望理由を書く時も、
「なぜ? 何? どのように? 具体的には?」
と自分に問いかけることで
書くべき内容が見えてきます。

 

 

ぜひ
「なぜ? 何? どのように? 具体的には?」
という質問を自分に投げかける習慣、
実際にやってみてくださいね!

ではまた!

LINEで送る
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]

「文章、ぜんぜん書けない…」

「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、
キャリアアップ文章アドバイザー・
藤本研一がお届けする2つのメルマガです!

毎日届く
キャリアアップ文章アドバイザー・
藤本研一の書く技術か、

7日間限定の
7日間で文章の基礎が学べる
特別無料メルマガ講座か。

あなたはどちらを購読しますか?
あるいは両方 購読しますか?

どちらも【無料】
朝8:00にお届けします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


twenty − fourteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください