「書く」ことで自分の強みに気づける!忘れてしまっていた夢を思い出せる!





今日のポイント
「書く」ことで、自分の強みに気づける!
忘れてしまった夢を思い出せる!
「書く」ことは自分を変えてくれる!

自分はいったい、何をやっているんだろう…

 

 「なぜかいつもツラい…」

「バタバタと忙しく、
【自分は何をやっているんだろう?】
とむなしくなる…」

 

そういうことってありませんか?

前の職場にいたとき、
私はよくこう感じていました。

 

その状態を私は
「書くこと」によって乗り越えることができました。

 

今日はそんなお話をします。

 

「なんで文章の塾をやっているんですか?」というご質問

 

私はたまに
「なんで文章の塾をやっているんですか?」
と聞かれることがあります。

 

私が文章の書き方・
情報発信の仕方の塾を開いているのは
私自身「書く」ことで救われたからです。

 

 

高校教員時代。

やりがいはあるけれど
毎日しんどい生活をしていました。

 

本州から来た私にとって
当時札幌には知り合いも少なく
相談することも難しかったのです。

 

そういうときに
普段の生活の中で感じるモヤモヤ・
思いをノートやブログに書いていたのですね。

 

書いてみることで気持ちが落ち着いたのを
よく覚えています。

 

読み返すことで
「ああ、自分はこう感じているんだな」
と実感することができました。

 

書かなければ心の中に
モヤモヤがどんどん溜まっていきます。

 

ところがそれを書き綴ると
それだけで気分がスッキリしていくのです。

 

それだけではありません。

ネガティブな思いを書き綴っていると、
だんだん
「そういえば昔、
こういうことをやりたいと思っていた」
という思いも思い出すようになります。

 

高校教員として
毎日に追われていた頃

 「そういえば自分は昔、
自分の塾をやりたいという思いをもっていた」

ということを書きながら思い出したのです。

 

 「では、何の塾をやるか?」

当時の私は手元のノートに書きだしていました。

「起業ノート」と称して
起業アイデアや起業に必要なもの、
セミナーを受けてきた感想などを
書き綴っていたのです。

 

「そうだ、文章の書き方を教える塾を作ろう!

 

書いている間に気づいたのが
「文章の書き方を教える」というアイデアでした。

 

ちょうど高校3年生の担任として、
志望理由書・履歴書の書き方のアドバイスを
していたからです。

 

それだけではなく、
学生の頃から小論文のほか
論文を書いている関係上、
他の人の文章を添削するのが得意だったのです。

 

私自身は「書く」ことを通して
自分自身を見つめていきました。

 

結果、「書く」ことを通して
起業することができたのです。

 

だからこそ、
「書く」ことで自分自身を救うことが出来る、
「書く」ことで自分を変えていけると実感しています。

 

今日のポイント

 

今日のポイントです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「書く」ことで、自分の強みに気づける!
忘れてしまった夢を思い出せる!
「書く」ことは自分を変えてくれる!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

 

じぶんDesign設計所ブログに記事を書きました!

 

…実は今日書いたような内容を
私が一緒にプロジェクトに関わっている
じぶんDesign設計所】という団体ブログに
記事を書いたのです。

ツラい毎日の中でも、自分の夢に気付く方法。

私がなぜ、
【じぶんDesign設計所】という団体に
関わっているか、
という内容を書かせていただいたのです。

 

結論的に言えば、
私が【じぶんプロフィールづくり】に関わっているのは、

自分の人生を紙に書き出すことで
自分では気づかなかった自分の強み・
自分では忘れてしまっていた自分の夢に
気づけるようになって頂きたいと思っているためです。

 

そんなわけで私以外に杉山さん・五嶋さんと
【じぶんDesign設計所】という団体を
運営しているのです。

 

このメンバーで、
ちょうど6月4日にも
【じぶんプロフィール】に関するイベントを
行います。

 

私自身が「書く」ことで
自分の強みと夢を見つけられたように、
あなたの強み・夢を共に見出すお手伝いができれば
幸いです!

☆お申込み・お問い合わせはこちら。

ではまた!


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


12 + ten =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください