大学院進学のために・・・。研究計画書って、どう書くの?①





大学院進学には、大学入試とは違う難しさがあります。

たとえば、公立はこだて未来大学大学院の入試はこんな感じです(社会人以外の枠)。

(1)社会人以外
英語(TOEICスコア)、学力試験(専門科目)、
面接および出願書類を総合して判定

試験科目 配点 時間
英語 (TOEICスコアを換算) 100
専門科目または研究成果審査 200 90分
面接 150
合計 450

 

ここで考えるべきことがあります。

それは、大学の学部(4年間のもの)に
くっついている大学院の場合、
大学の学部からそのまま上がってくる学生が大部分であること
、です。

 

そのまま大学院に進む、
いわば「大学5年生」的な人は、
外部の大学や社会人枠で入試を受けるのとは違う
アドバンテージを持っています。

 

それは文字通り、その大学・大学院に4年いた、ということです。

 

大学院の教授も、当然ですが学部でも授業します。
そのとき、授業で顔なじみであるかどうかも
大事なポイントでしょう。

 

あるいは学部生も指導している教授の場合、
学部のゼミ→そのまま大学院のゼミの指導、
というパターンも多いです。

 

すでに大学4年間いた人たちの間に「割って入る」のが、
大学院から入学する難しさでしょう。

 

だからこそ、対策が必要です。

 

特に難しいのが、研究計画の作成です。

 

研究計画。
これを作るにはいろんなコツが有ります。

ひとつは研究室訪問をするのこと。

外の大学や社会人経験がある状態で大学院進学を目指す場合、これは必須です。

ネット検索などをすると、いきたい大学院の教授のメールアドレスなりFacebookなりは必ず見つかります。

その上で、「大学院進学を目指しています。一度、お話を伺わせてください」と伝えると、大部分はOKされるでしょう。

大学院は学部の4年間以上に、「どの指導教授に教わるか」がキーとなります。
逆に言うと、指導教授に嫌われると学習どころか入学すらできないのです。

研究室訪問の際に気をつけること。
それは少なくとも1冊くらいはその指導教授の著作を読むことです。

 

理想を言えば、
入りたい研究室の教授の論文を「すべて読む」ことです。

 

少なくとも著作1冊と言いましたが、
大学院進学後、その指導教授とは密接に関わりあうことになります。

だから指導教授の書いた論文のうち、
CiNii上でPDFデータで
公開されている論文くらいは、すべて読む。

そうすると、
「ああ、この先生はこんなことをしてるのね」
「こういう指導をしてくれそうだな」というのがわかってきます。

 

 

おまけにCiNiiは無料です。
ネットがあればいつでも・どこでも見れます。

 

無料で、なおかついつでも・どこでも見れるということは、
見ない奴は「やる気が無い」とみなされてもおかしくないわけです。

 

ダメなのは、有名大学の大学院に入ることが目的となり、
指導教授について何も知らずに大学院入試を経てしまうこと。

 

「あ、君のやりたい事なら
別の先生のところでやるといいんじゃない?」

・・・この面接の質問をされてしまうと、もう何もできなくなります。

 

ぜひ、研究計画書、頑張りましょう!

 

☆実は大学院って意外と入りやすいです。
社会人こそ大学院に行き、キャリアアップするべきなんです。
そのための方法をまとめました!

実は入りやすい!社会人こそ大学院に行き、キャリアアップしよう!


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    3 + seventeen =

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください