言い忘れミスを防ぐワザ!スピーチの最後にこのセリフを言おう!

今日のポイント
「言い忘れ」ミスを防ぐ方法!
「他になにか言うべきこと、ありましたっけ?」
と聞いてみよう。

 

6/16、久々にパーティーに行きました。

ホンマルラジオ北海道
開局1周年記念パーティー
です。

ホンマルラジオとは
「本気丸出しラジオ局」。

☆ホンマルラジオ北海道公式サイトはこちら!
http://honmaru-radio.com/

30分のインターネットラジオで、
言いたいこと・
伝えたいことをすべて話す、
という「熱い想い」あふれるラジオ局です。

個性あふれるパーソナリティさんが
大勢いらっしゃる楽しいラジオ局です。

 

私も、これまでに2回出演しました。

☆リンクはこちら↓
(1)【第42回】ゲスト:文章アドバイザー・
   作文教室ゆう代表藤本研一さん「【書く】ことは人生を変える!」

 

(2)好きなことでメシを食うためには3つの壁を乗り越える必要がある!? :
   スキメシライター小川晃司さん、文章アドバイザー藤本研一さん

ありがたいことに
「ラジオ、聴きましたよ!」
という方が何人もいらっしゃいます。

 

 

このラジオ局って、
実は私の事務所がある
「ストークマンション札幌」内にあるんです!

 

作文教室ゆうの事務所は2階ですが、
ホンマルラジオは5階です。

 

 

以前出演する際は
集合時間の5分前に家を出たら
集合時間4分前に部屋についていました。

 

すごい立地だな、
と思います。

 

今回はホンマルラジオ北海道の開局1周年パーティー。
多くの方とご挨拶できました。

 

 

ありがたい機会です。

オープニングでなぜか
シャンパンタワーをやる担当になりました。

人生初のシャンパンタワーとなりました。

また、ゲスト紹介の時間に
全体の前でお話もできました!

 

 

私、高校教員時代が4年あります。

全校生徒の前で
いきなり何かを話さなければならない場面も
多々ありました。

 

 

そのため、大勢の前でいきなり話すのに
慣れています。

 

 

緊張すること無く話せるのです。

 

 

ところが、
「言うべきことをいい忘れる」
ことって、結構あるんですね。

 

私、話をすることを意識するあまり
「自分の仕事紹介」をするのを
すっかり失念していました。

話し終わって自分の席に戻った時、
「藤本さん、仕事の内容、何も言ってないよ!」
とご指摘いただき、はじめて気づきました。

 

 

いや〜、やってしまいましたね!

 

 

何を隠そう、
一番言わなければならないことを
いい忘れてしまったのです。

 

 

ちなみに、
一番言うべきことを言い忘れることって、
前職でも度々ありました。

   「しまった、●●をいい忘れた…」

後悔することもしょっちゅうです。

 

 

久々に前職の失敗を思い出しました。

 

 

何かを伝える際、
「絶対に伝えるべきこと」は
必ずあります。

 

最も大事なことがあるのです。

 

 

前職時代、この「いい忘れミス」を防ぐために
あることを行っていました。

 

それは全体の前で話し終わる際、
「他になにかありますか?」
と他の職員に聞いてみることでした。

いい忘れていたことがあれば
他の職員が教えてくれました。

「他になにかありますか?」
と口にすることで、
自分自身が伝えるべきことを
思い出すこともありました。

 

 

前職の経験を生かすなら、
今回の私のスピーチも、
「他になにか言うべきこと、ありましたっけ?」
と聞いてしまっていればよかったんだと思います。

 

 

「他になにか言うべきこと、ありましたっけ?」
と聞いてみて、
「なにもないよ!」
というヤジがあれば、笑いも取れます。

「藤本さん、仕事紹介してないよ!」
と教えてもらえばそれはそれで笑いになります。

 

おまけにいい忘れていたことを
再確認できます。

 

 

「他になにか言うべきこと、
ありましたっけ?」

この質問、意外と有効なのです。

 

 

振り返ってみると、このテクニック、
意外と使っている人が多いことに気づきます。

「私が言うべきことはこれだけでしたっけ?」
と聞くと、まわりは考え出します。

 

いい忘れていたことがあれば
教えてくれます。

 

今回は「言い忘れ」ミスを防ぐための方法を
見てきました。

ミスを防止するには
「確認する」プロセスを用意することが必要です。

 

「他になにか言うべきこと、ありましたっけ?」
という質問は、
言い忘れがないかを「確認する」ための質問です。

 

今回、見事に「確認する」プロセスをすっ飛ばしていたため、
言うべきことを失念していました。

 

 

今度は
「他になにか言うべきこと、ありましたっけ?」
とさりげなく聞いてみようと思います。

 

 

人間、質問してしまうと
意外と教えてくれるものです。

 

聞き手も主体的に考え出してくれるのです。

 

 

今回の記事では、
「伝えるべきことを伝えたか」不安な時に
役立つテクニックをお伝えしました。

 

「他になにか言うべきこと、ありましたっけ?」と
質問してしまうと「言い忘れ」ミスを防ぐことができるのです。

 

何かスピーチの際、
活用してみてくださいね!

 

ではまた!


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください