パソコンだと勝手に変換されてしまう!ひらがなの方が読みやすい言葉リスト

 

商工会議所セミナー、準備中です!

こんにちは、
文章アドバイザーの
藤本研一です。

 

現在、札幌商工会議所主催の
今日から使える!伝わるビジネス文書&メールの書き方
講座の資料を作っています。

 

せっかく頂いた機会ですので、

「参加してよかった!」
「参加したお陰で、売上が上がった!」

・・・と言っていただけるものに
したいと思っております。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ビジネス文章の書き方って、深い!

さて、資料作りのために
改めて「ビジネス文章の書き方」を
学び直しています。

 

 

 

意外と発見が多くあります。

 

文章の世界って、深いな〜

っと思います。

 

 

特に印象的なのがこの本です↓


著者の潮田先生のセミナーには
私も参加しました。

 

サイン本を頂戴しています。

 

私もこういう本を出したいな〜

と思っている、あこがれの人です。

 

え、これって「ひらがな」で書くべきなの?!

 

先程の潮田先生の本。

 

その中に、
「ひらがなで書くほうが読みやすい言葉リスト」
が載っています(50~52ページ)。

 

 

たとえば、次の文を見てください。

「一層努力する」
「敢えて漢字で書く」
「益々取り組む」
「100円丁度です」
「是非行きたい」

などと書くと、
ちょっと「堅い」イメージがします。

 

イメージですが、
夏目漱石の文章みたいです。

非常に読みにくいです。

 

 

これを、
「ひらがな」に直してみます。

いっそう努力する」
えて漢字で書く」
ますます取り組む」
「100円ちょうどです」
ぜひ行きたい」

 

いかがでしょう?

こっちのほうが
数倍読みやすいですね!!!

 

 

パソコンで書くと、
勝手に「変換」されてしまいがちな
言葉は多いです。

 

 

でも、それをあえて
「ひらがな」のままにすると、
圧倒的に読みやすくなる。

 

そんな言葉があるのです。

 

パソコンだと勝手に変換されてしまう、
ひらがなに戻すほうが読みやすい言葉リスト

 

ここで一覧で出してみます。

 

☆いい使い方:
この表を印刷し、
「よく漢字で書いていた!」という文字に
赤丸を付けます。

パソコンの横に貼っておいて、
うっかり漢字で入力していないか
確認してみましょう。

 

思わず「ハッ」とする!
パソコンだと勝手に変換されてしまう、
ひらがなに戻すほうが読みやすい言葉リスト

 

敢えて➡あえて 予め➡あらかじめ
何時か➡いつか 一層➡いっそう
一体➡いったい 今➡いま
今にも➡いまにも 至って➡いたって
大いに➡おおいに 概ね➡おおむね
主に➡おもに 却って➡かえって
必ず➡かならず 極めて➡きわめて
決して➡けっして 殊に➡ことに
更に➡さらに 暫く➡しばらく

随分➡ずいぶん 直ぐ➡すぐ
既に➡すでに 折角➡せっかく
是非➡ぜひ 大体➡だいたい
大分➡だいぶ 大変➡たいへん
絶えず➡たえず 互いに➡たがいに

沢山➡たくさん 例えば➡たとえば
多分➡たぶん 段々➡だんだん
丁度➡ちょうど 一寸➡ちょっと
共々➡ともども 中々➡なかなか
長らく➡ながらく 何だか➡なんだか

何と➡なんと 何ら➡なんら
後ほど➡のちほど 甚だ➡はなはだ
殆ど➡ほとんど 益々➡ますます
丸で➡まるで 滅多に➡めったに
最も➡もっとも 最早➡もはや
余程➡よほど 割りと➡わりと

・・・いかがでしょうか?

 

意外と漢字で書いているものが
多いことに気づかれたかと思います。

 

これを「ひらがな」で書く。

それだけで
あなたの文章は「読みやすい」と
評判になりますよ!!!

 

ぜひ実際に印刷して
チェックしてみてくださいね!!!

 

ではまた!

 


☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください