社会人なら、「忙しい」とは言ってはいけない!じゃあ何を言えばいいの??





ファミレスで「イラッ」とした会話

 

こんにちは、
作文・論文アドバイザーの
藤本研一です。

 

最近、ファミレスで食事しました。

後ろの席の人が
携帯電話で話していました。

 

「ちょっと今忙しいので、
あとで連絡しますね。

はい、
ではまたあとでよろしくお願いします」

 

上司に対しての連絡のようです。

 

なんか聞いていて、
イラッとしました。

 

 

「なんで、
いま自分はイラッとしたんだろう?」

と、考えてみました。

 

「忙しい」は自分に対して使ってはダメ!

 

その理由は
「忙しい」
にありました。

 

新人社員がよく言う言葉に
「忙しい」
があります。

 

 

例1)

上司「ねえA君。
悪いんだけど、この資料、
10部コピーして総務部に
届けてくれない?」

新人A「ちょっといま忙しいんで、
後でもいいですか?」

 

 

 

・・・この会話、
どこが問題か、
わかりますか?

 

 

私が上司だったら、
ムッとします。

 

 

「忙しいって、なんだよ!」
「もうお前には頼まないよ!」

 

 

密かに心で思います。
(口には出しません。シャイなので)

 

そう。

会社において
自分のことに
「忙しい」
を言ってはいけないのです。

 

「いま忙しい」
と言っている人は
偉そうです。

 

 

そしてこの新人A君は
ずっと
「忙しい」「忙しい」
といい続けます。

 

上司だけでなく、
同僚にもお客にも、
平気で使います。

 

だんだん、
みんなから引かれていきます。

 

でもみんな本人に
「忙しい、って言っちゃダメだよ」
とはいいません。

(「やさしい」し「シャイ」なので。)

 

「忙しい」の代わりに「バタバタ」を使え!!!

 

では、
「忙しい」の代わりに
何を言ったり・書いたりすれば
いいのでしょうか?

 

私の思うベストは
「バタバタ」です。

 

✕ いまちょっと忙しいので、
あとでもいいですか?

 

この言い方だと、
相手に怒られることがあります。

 

「なにそれ?!
私が暇だとでも思ってるの?!
もう頼まないよ!!」

 

でも、こう言うといかがでしょうか?

 

◯ ちょっといま、
バタバタしてまして・・・。
あとでもいいですか?

 

こちらだと
「まあ、仕方ないな」
となります。

 

「忙しい」ではなく、
「バタバタ」を使う!

 

これは鉄則です。

 

 

「バタバタ」が嫌な人は「立て込んでまして」を使え!!!

 

「バタバタ」が嫌な人は、
「少し立て込んでまして・・・」
がいいでしょう。

 

先程の例をもとにします。

 

◯ ちょっと立て込んでまして・・・。
あとでもいいですか?

 

これで角が立たなくなりました。

 

普段使っている
「忙しい」
ということば。

 

自分に対して使うと、
まわりに悪い印象を与えてしまいます。

 

「あ〜忙しい、忙しい・・・」

 

って言ってる人に、
仕事を頼みたくはないですね。

 

「忙しい、忙しい」

と言っている人は
なんかイヤです。

 

仕事したくありません。

 

 

そうではなく、

「ちょっとバタバタしてまして・・・」
「ちょっと立て込んでまして・・・」

という、
魔法の言葉を使うようにしてみましょう!

 

 

メールもそうです。
「ちょっとバタバタしておりまして」
と書いてもOKです!

 
「いま忙しいので、あとでご連絡します」
はアウトです!!!

ではまた!


「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

 

はじめての方はこちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


16 − 2 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください