作文の書き方㉚インプットとアウトプットを繰り返す!

作文。
これは自分の考えを「文字」にしていくことです。

自分の内面にしか無い思いを「文字」に出していく行為です。
アウトプットすることです。

アウトプットをする場合、どんな方法があるでしょう?

話すには、話を聞いてくれる相手が必要です。
(たまに無限に自分の話だけする人もいますが)

書くことについては、「相手」が必要ありません。
自分だけでできます。

さて、このアウトプットですが自分を成長させるのにも役立ちます。

青木仁志『一生折れない自信のつくり方』というすごいタイトルの本を見てみましょう。

人は、インプットとアウトプットを繰り返して成長します。情報を入出力することで、自分で自分の考え(思考)をつくり出しているのです。(136)

このアウトプットを手っ取り早くやるのが作文です。
ただ本を読んだり、話を聞いたりしているインプットのみでは、自分の考えは作られません。

面倒でも、紙なりキーボードなりに向かい、作文する。

そのなかから、真に「自分」の考えが湧き上がるのです。

 

51FaHN6rkHL._SX340_BO1,204,203,200_

☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください