作文の書き方㉘焦ったときの対処法。短時間で書いてみる

年が明けると、大学や専門学校などの一般試験も近づいてきます。

就職を進めている人も、焦ってきます。

「ああ、もう時間がない!」
「どうしよう!」
「就職、決まらないかも・・・」

不安が多くなってきます。

提出すべきエントリーシートや履歴書に空欄があると、「もう間にあわない!」と焦ってきます。

大学でも卒業論文の提出時期。
「もう書けない!」
「もう来年かも・・・」

実際、修士論文を書く人にはこんな人がいます。

 

作文を書かないといけない。
でも時間がない。

そんなときって、結構あります。
「余裕を持って準備をする」という人もいますが、大体はうまくいきません。

エントリーシートや履歴書などの文章執筆で焦ってしまう時、どうしたらいいのでしょう?

それが今日の作文のコツ㉘「短時間で書いてみる」です。

本来は1時間かかりそうな作文も、やっつけでもいいから10分で書いてみる。
書けないなりに、5分・10分「がんばって」みる。

きちんとタイマーを使いましょう。
いまはスマホにタイマーもストップウォッチもついています。

用意できましたか?
9k=

それではその時間、ほかのことは一切なにも考えず、書くことだけに集中してください。

鉛筆/ペンの走る音を聞く感じです。
PCならばキーボードの叩く音だけを聞くイメージです。

ひたすら書き続ける。
絶対書ききれる。

そう信じながら書いていきましょう。

 

タイマーが鳴ったとき、ふっと我に返ります。

すると思った以上に作文が進んだことに気付きます。

 

何故うまくいくのでしょうか?

それは焦っている時、人間は「集中」できていないからです。
何か一つのことに集中/没頭している時、焦りは生じません。

焦っている時、人間は迷っているのです。

「ああ、どうしよう!」
「書かないといけないのに書けない!」

【書く】という行為と【書けないんじゃないか】【怒られるかも・・・】【うまくいかないかも・・・】という迷いが同時に起きているのです。

そんな状態で集中できるはずはありません。

 

 

だからこそ、時間を決め、「書く」ことだけに集中する。

すると何故か落ち着いてきます。

 

ぜひやってみよう!

「文章、ぜんぜん書けない…」「もっと書く力をアップしたい!」

そんなあなたにオススメするのが、【フジモトのカクロン】メルマガです。

文章アドバイザー・藤本研一が365日毎日【無料】朝8:00にお届けします!



☆登録後、なぜかメールが届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合

はじめての方はこちらもご覧ください。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください