スマホのメモ機能、活用していますか?思いついたら6秒以内にスマホにメモを!

今回のポイント

思いついたらすぐにスマホにメモ!
メモアプリは即座に開ける設定を!

メモ魔(?)なフジモト

突然ですが、
スマホのメモアプリ、
使っていらっしゃいますか?

私は以前から
やたらと紙にメモを取ってきました。

学生時代、授業中などの
講義メモはもちろん、

日常的にメモ帳を持ち歩き
思いついたことをメモしてきました。


スマホメモ、使っていますか?

ここ数年は紙のメモ帳ではなく
スマホのメモアプリを
フル活用しています。

「あ、このアイデア、
 ●●に役立ちそう!」

そう思ったら
即座にスマホを取り出して
メモしておくのです。

こうやってアイデアを
思いついた時に
ダダっとスマホにメモしておくと
あとで活用しやすいのです。

スマホメモのメリット

以前は手書きメモで書いていましたが、
私は書字が得意でないので
後から読めなかったり(壊滅的)、

無くすこともあったりするので
なかなか非効率だったのです。



ところがスマホメモの場合、
少なくとも読めない文字になることは
一切ありません。


検索性も高いのがいいのですし、
そのままメモを活かして
原稿を書くことも出来ます。


(スマホだと
 フリック入力で
 かなり速く書けますし)


実際、私が毎日書き続けている
ブログやメルマガ記事も
最初はスマホのメモアプリに書き出したものが
元になっているケースが極めて多いです。


(パソコンを開いていたら
 パソコンのメモアプリにも打ち込んでいます)


大学院進学をめざすならスマホメモの活用を!




で、このスマホメモの活用は
大学院進学を考えている方にこそ
ぜひ活かしていただければと思っています。

なぜなら志望理由や研究計画を書く際に
非常に役立つからです。

志望理由や研究計画というのは
机に向かっている時だけに
思いつくものではありません。



歩いている時やトイレの中などで
ふとアイデアが湧いてくるものです。

だからこそ
せっかく出てきたアイデアを
忘れる前にメモするのが重要ですね!



以前なら紙とペンを持ち歩くことが重要でしたが、
いまほとんどの人がスマホを持っている以上、
これをフル活用するに越したことはありません。


今回のポイント


思いついたらすぐにスマホにメモ!
メモアプリは即座に開ける設定を!

メモアプリはiPhoneに最初から入っている「メモ」が一番!


ちなみに
「メモアプリは何がいいですか」という質問も
よく受けます。



私もいろいろ試しましたが、
iPhoneの方ですと
iPhoneに最初から入っている 
純正のメモアプリが1番いいです。

(「メモ」という、
 そのものズバリのアプリです)




これ『メモの変態が手帳をスマホに変えた理由』
にもありました。

タイトル通り、
私以上の「メモ魔」が

あれこれ試行錯誤した結果
スマホメモ、

なかでもiPhone純正のメモアプリが
一番ということを熱く語ってくれる本です。

 

なお、iPhoneのメモアプリは
かなり性能が高いらしくて
アップル社内などでも
そのままこのメモアプリを
使う人が多いそうですね。

データ同期も容易!

フォルダ分けもできますし
検索性もいいほか
iPhoneとMacでのメモの同期や
Gmailのメモデータも共有できるのがいいところです。



で、私はiPhoneホーム画面下の
ど真ん中にメモアプリを設定しているので
ホーム画面からすぐ
メモを打ち込めるようになっています。

私のホーム画面。下の真ん中が「メモ」です

こういう準備をしておくと役立ちますよ!

即座にメモできる体制を!


スマホのメモ機能は
即座に立ち上げられることに意味があるのです。


…実はアイデアというのは
だいたい【6秒】で忘れてしまう、
と言われています。

(人間の短期記憶は6秒しか持たないのです)


なので
思いついて6秒以内にメモができるよう
スマホのメモアプリを
設定しておくのをお勧めします!


ぜひスマホのメモ機能、 
思いついたアイデアを忘れないために
使ってみてくださいね!



ではまた!


☆メルマガ登録後1通目が届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合