出願書類の書き方って難しい…。ミスがある前提で第三者からのチェックを受けよう!




今回のポイント

出願書類にミスは付き物!
必ず第三者によるチェックを!

大学院受験 出願&本番シーズン!

大学院受験 出願&本番シーズンです。

先週・今週に出願予定の受講生の方が
何人もいらっしゃいます。

試験、応援していますね!

出願書類を正しく書くのは意外と難しい…。

さて、出願の際に必要となるのは
氏名・住所や連絡先を記載した資料作りです。

「出願書類」のなかに
こういった項目の記載が必要となります。

ほかに職務経歴書なども
提出が必要なケースが多いです。

こういう書類って
転職経験が多い人でしたら
比較的スラスラ作れることも多いですが、

そうではない場合
ついつい書き方でミスしてしまうことがあります。

(新卒以来 一貫して同じ職場にいる場合、
 こういった書類を作ること自体 久々、
 というケースも多いですね)

たとえば履歴書の場合
西暦と和暦を混ぜて書く人がいらっしゃいます。

これ、混ぜて書くとわかりにくいので
どちらかに統一したほうがいいですね。

(和暦統一が無難、と言われています)

またよくあるのが
「令和1年」という書き方です。

基本的には「令和元年」と表記するのが一般的ですので
注意が必要です。

こういった出願書類の書き方って
少し慣れが必要です。

よほど転職経験が多い場合以外は
一度 転職サイトなどにかかれている履歴書の書き方を
確認したほうがいいです。

よければこちらを参考にしてみてください↓

 ☆ https://www.jinzai-bank.net/edit/info.cfm/kr/002/

さて、こういう出願書類を作るとき、
自分では「これでいいだろう」と思っていても
ミスをしているケースも多いです。

出身高校名、正しく書けますか?

例えば学校名の表記の仕方でミスしていることもあります。

自分の出身校をどのように書くか、
という点です。

北海道の高校名って意外と面倒でして、
札幌市立の高校の場合は
「市立札幌●●高等学校」が
正式名称になります。

たとえば「市立札幌旭丘高等学校」が
正式名称になるわけです。

しかしながら道立高校の場合は
「北海道●●高等学校」が正式名称にになります。

たとえば「北海道札幌南高等学校」が
正式名称になるのです。

このとき厄介なのは正式名称に「道立」が入らない点です。

このあたり、
私が北海道の高校教員になった際、
他の高校とやり取りする際に非常に困った点です。

「え、あの学校、
 「北海道」が冒頭につくんだ…!」

そんな驚きを感じた次第です。

(北海道以外の地域でもこういうルールはあります。
 いちど公式サイトなどで正式名称を調べてみてください)

なお、私立校の場合は
「私立」を付ける必要はありますが、
「学校法人名」などは特に付ける必要はありません。

なので例えば
「私立 立命館慶祥高等学校」
(北海道にある有名な私立高校です)などと書く必要が

あるのですね。

出願書類、誰かに見てもらおう!

今回は高校名だけを見てきましたが、
高校名1つをとってみても
意外と書き方のルールは細かいのです。

なので、
出願書類は誰かに見てもらったほうが
安心して出願できそうですね。

今回のポイント


出願書類にミスは付き物!
必ず第三者によるチェックを!

ミスが「ある」前提で考える!

出願書類などを書く際のポイントは
「ミスがある前提」で考えることです。

自分では完璧と思っていても
あんがいミスはあるものなのです。

なので、ぜひ誰か第三者に見てもらい
アドバイスしてもらうほうがいいですね!

ちなみにうちの塾では
受講生の方の出願書類を写真に撮っていただき
出願前に一度確認させていただくことがあります。

そうすることで
自分ではわからなかったミスに
気付けるのです。

ともあれ
出願シーズンはバタバタするからこそ
第三者に確認してもらい
ミスを減らしていく工夫をしたいですね!

私もアドバイスを行っていますので
お気軽にどうぞ!

ではまた!