異業種交流会で胸が温かくなったエピソード〜札幌商工会議所主催「異業種交流会」前半で講師をしてきました!




今回のポイント

異業種交流会は意外な出会いのチャンス。

異業種交流会前半!講座を担当しました!

先日、札幌商工会議所様主催の
「第2回 異業種交流会」に参加しました。

 

…厳密には参加した、というよりも
講師として呼んでいただき、
前半部分の「勉強会」部分の講師を務めてきたわけです。

 

全体の流れは
16:00-18:00の2時間のうち、
前半1時間が私の講座、
後半1時間が異業種交流(名刺交換会)という
流れとなっています。

私が担当したのは
【ロジカルシンキング講座】です。

正直いうと、こういう会って
「異業種交流をするため」に来ている方も多いので

「なんで前半によくわからない話を聞く必要があるんだ」

と当初思いつつ、私の講座を聴いてくださった方も
ゼロではなかったと思います。

…そういう中でしたが
ありがたいことに
前半部分、アンケート的にも
たいへん好評だったようです。

個人的に私に

「今回の異業種交流会、
 前半のセミナーがすごく良かったです!
 今まで受けたセミナーTop10に入る感じです」

などというメッセージを
送ってくださった方も実際にいました。

過分な言葉、とてもありがたいです。

異業種交流会をより良くするための講座。

札幌商工会議所の方より

「異業種交流会前半に
 ロジカルシンキングの講座をしてほしい」

という内容の依頼を頂いたことから
今回私がお話をすることとなりました。

せっかくなので
「交流をしやすくなるような講座にしよう」
と考え、

交流会「前」から私の講座内でなんども
ペアワークを行った他、

名刺交換の際 会社紹介をするときにも使える
「説明の型」の紹介やその使い方の実習をおこなっていったのですね。

DSC_0001

自分で言うのもなんですが、
後半部分の「異業種交流会」に
いい感じでつなげることができたように思います。

感想アンケートにも

「全員参加型の講座で
 前半部分からすでに交流ができていたので
 スムーズに名刺交換を行うことができました」

というような内容のものがあった旨を
商工会議所職員の方から伺いました。

ともあれ、
異業種交流会「前」の私の講座、
うまくいってホッとしているところです。

 

当日、札幌は本当に「夏」でしたね。

今回のポイント


異業種交流会は意外な出会いのチャンス。

数年越しのお礼

イベント終了後、
ある方が私のもとに
わざわざ挨拶に来てくださいました。
 

「ずっと藤本先生に
 お礼を伝えたかったんです」

とお話しなさっていました。

 

聞いてみますと、その方のお子さんが
数年前 私の塾の体験授業に来てくださっていたそうです。 

 

体験授業だけでの関わりとなってしまっていましたが、
 

「体験授業だけの関わりでしたが、

 【自分もああいうふうに情熱的に
  物事を伝えられる先生になりたい

 と考え、子どもはいま教育系の大学に通っています。  
 先生になれるよう日々頑張っています

こういった内容を
イベント終了後に話してくださったのですね。 

 

 

私、聞いていて大変ジーンとしていました。

 

事務所に帰ってから
その当時おこなった体験授業の記録を見てみました。

 

 

体験授業の際にその方と
お話をしていた際、

「本当は教員になりたい」

という思いを話されていたことが
記録に残っていました。

 

 

一期一会的な関わりとなったわけですが、
1回の体験授業の内容を覚えていてくださったこと、

 

そして体験授業での経験を
ご自分の夢を考える際の
ヒントにしてくださっていることを
とてもうれしく感じました。

交流会では意外な出会いがある!

異業種交流会で講座を担当すると、
こういう出会いがあるものだなあ、と
たいへん胸があたたかくなります。

私にとっても
非常に貴重な機会となりました。

ご参加くださった皆様、
主催してくださった札幌商工会議所の皆様、
ありがとうございます!

 

ではまた!

 

☆今回の記事の内容、
 個人のセリフなどの部分は
 個人が特定できないようぼかして記載しています。
 あらかじめご了承ください。