10年後、どうなっていたいですか?〜10年後を考えると日々の過ごし方が変わる件




今回のポイント

「今日・明日」のことだけでバタバタするのではなく、
「10年後」のイメージを持った上で動いていく!

文章グループコンサル、好評実施中!

うちの塾の受講生の方と行っている
【文章ゼミ(文章グループコンサル)】。

毎月集まって
ライティングスキル向上のほか、
プレゼンの練習・各自のプロジェクトを進めるなど
今後のトータルなキャリア形成を進めるという
グループコンサルティングの場となっています。


 ☆文章ゼミの詳細はこちら↓
  https://school-edu.net/group

 

10年後のビジョンづくり

毎月行っているこの場で、
先日は「今後の自分のビジョンづくり」を
行いました。

 

これは何かというと
「10年後」をイメージし、
そのために何ができるかを考える、

というワークショップを行ったのですね。

 

10年後、自分はどうなっていたいか。

 

考えてみると
けっこう楽しかったです。

 

たとえば
いま色々なセミナーを受けている人と
「10年後は自分で教える側として
 塾を開く」
というビジョンを考えたり、

「10年後、自分の店を持つ」
というビジョンを立てたりと
参加者の方と夢を一緒に考える機会となったりしました。

 

 

来年・再来年を考えるのと違い、
10年後を考えると
今と全く違う未来を想定することも出来ます。

 

その点で「10年後」を
考え出すと楽しくなるのです。

 

社会人になると「夢」を考える機会はグッと減る事実。

で、よく考えてみると
社会人になってから
「夢を考える」
「夢を語り合う」機会って
めっきり減っていますね。

学生時代はひたすら暇なので
将来の夢やら目標やらを
居酒屋・バーでよく話していた記憶がありますが

社会人になってからはこういった話、
話す機会も減ってしまいます。

 

…これ、ちょっともったいないな、
と思うのです。

夢・目標を考えるのは学生の特権ではない!

夢を考えたり
目標を立てたりするのって
学生時代だけの特権ではありません。

 

先行きが見えない今の時代こそ、
社会人の方も定期的に考えてみたほうがいいな、
と思うのですね。

 

…私もともすれば日々バタバタ過ごしているので
今日・明日をいかに過ごすか・
バタバタに対しどう対応するかということで
いっぱいいっぱいになりがちです。

だからこそ、
文章ゼミのなかで受講生の方と
「10年後のビジョン」を考えられたこと、
いい経験になったように思います。

今回のポイント


「今日・明日」のことだけでバタバタするのではなく、
「10年後」のイメージを持った上で動いていく!

10年あれば、たいていのことは実現できる?!

10年ってけっこうな期間です。

 

10年あれば、
たいていのことは
実現できている可能性があります。

 

例えば、
「医者になりたい!」と強く決意した社会人の方が
真剣に受験勉強をして医学部に入り、
医者として勤務するというのも
「10年」あれば実現は可能です。

(純粋に可能性だけで言っています。

 ちなみに以前私が読んだ本でも、
 35歳の理科教員の先生が
 一念発起して医学部入学、
 いまでは医師として勤務しているというケースが
 描かれていました

…ということは
10年あれば医者にもなれるほか、
ロースクールに行って弁護士になれたり、
歌の練習をして歌手になれたりする「可能性」もあります。

あるいは自分で会社を起こして
全国に店舗を持つことも
「可能性」としてはありえる話です。

10年先を考えると、
今と違う自分になれる可能性は
すべての人にあるのです。

10年先を考えるなら、大学院に行くのも選択肢になる!

で、10年先を考える場合
「大学院に行く」という選択肢が入って来るケースも
あるでしょう。

 

いま学資が足りなくても、
たとえばはじめの5年でお金を貯めて
「仕事をやめて
 海外の大学院に2年間行く」
ことも可能な選択肢に入ってくるのです。

 

 

ほかにも
「定年後に自分の店を持つ」ための
準備とリサーチに10年を充てることも
できるかもしれません。
 

 

10年先を考えるとキャリアの方向性はグッと広まる!

10年先を考えると、
キャリアの立て方はグッと広まってくるのですね。

10年先って、
正直どうなっているかわかりません。

だからこそ、
自分が望む10年後に向けて
コツコツ努力していけば
楽しい未来に近づけている可能性は大いにあるのです。

ぜひ一度
「10年後どうなっていたいか」
を紙に書いて考えてみるのをオススメしますよ!

毎月関わり合うメリット

さて、この文章ゼミに参加くださっている方とは
かれこれ2年近く
毎月集まって勉強を行ってきたわけです。

これくらい関わっていると
お互いがどういう人で
どういうことに興味・関心があるかも
つかめてきます。

だからこそ、
お互いの目標・夢をそのまま受け止めるだけでなく、

「○○さんはこういうことをやってみると
 もっと楽しくなるんじゃないですか」

などと的確にアドバイスをすることも出来ます。

 

単発のセミナーだとなかなかこういう関係性には
ならないことが多いからこそ、
グループで一緒に学ぶ機会って
非常に重要だなと思うのです。
 

 

ともあれ、
10年後をイメージすると
そのために今からできることも
見えてくるはずです。

 

それをコツコツ取り組むうちに
今とは全く違う自分になれる可能性は
すべての人にあります。

 

10年後を考えての行動、
今後も続けていきたいですね!

 

ではまた!