週1早起きのススメ。早起きを習慣化するには、まず週1からスタートを!




今回のポイント

何かを始めるとき「完璧」を求めると挫折する!
まずは気軽に【週1】スタート、してみませんか?

早起きをして勉強時間をつくるには?

 

「勉強時間をつくるため、
 早起きの習慣をつけたい!」

 

大学院進学などを考える際、
勉強時間捻出が課題となります。

社会人の方の場合、
「時間をいかに作り出すか」は切実な問題でしょう。

 

そのために早起きをしたい、
という方も多いかもしれません。

 

今回、私自身の体験から
「早起き習慣の付け方」をテーマにお伝えしますね!

実体験からつかんだ「週1早起き」の効果!

さて、実は私、この4月から
毎週1回「5時起き」を
しなければならないことになりました・・・。

 

断りきれない経緯から
週1で早朝に仕事をすることになったのです。

はじめはホントにイヤでした。

なぜかと言うと私の仕事って
どちらかといえば夕方〜夜の仕事だからです。

(社会人の方向けの講義なので
 どうしても仕事後その時間帯の講義が
 多くなります)

なので、
平日仕事が終わるのが
たいてい21:00ごろとなっています。

その状態で5:00起きするためには
なるべく早く休む必要があるのですが、
なかなか時間のやりくりが大変なのです…。

でも、引き受けた以上は
イヤイヤでも起きないといけません。

もう、テンションがめちゃくちゃ下がっています…。

1ヶ月もやると、だんだん慣れてくる。

ただ。

そんな経緯からイヤイヤ始めた週1朝5:00起きでしたが、
1ヶ月もやっているとだんだん慣れてきますね。

 

週1回とはいえ5時起きをすると、
なんだか普段からずっと早起きをしているようにも
思ってきます。

「私は5時起きしています!」

と、会う人ごとに言いたくなってきます(言いませんけど)。

週1早起きをするだけで、認知が変わる!自信がつく!

たかが週1の早起きくらいですが、
それでもちょっとした自信となるのですね。

 

(もっとも、私の知人には
 毎日3時起き・4時起き、という
 猛者(もさ)も多いのでまったく自慢になりません…

 

何事も習慣なのだな〜と
思う次第です。

 

ちなみにこの記事も朝5:00に起きて
頼まれた仕事をしたあと、
近くのカフェから書いています。 

朝のカフェは
仕事や勉強をしている個人客ばかりですので
いつも以上に集中できます。

(昼間だと商談やら打ち合わせやら
 雑談やらの人が多いのです)

完璧を求めず、まずは週1からスタートしませんか?

ずっと早起きするのは
けっこうツラいですが、
【週1だけ】の早起きは意外と始めやすいです。

週1でうまくいくようになってきたら
週2・週3…と次第に増やしていくこともできるでしょう。

(私はやっていませんが…)

 

週1くらいなら、
ある意味「気合いで」起きることも出来ます。

 

それでいて、
毎週ちゃんと起きることが出来ていると
自分の自信にもつながっていくのです。

何かを習慣にするとき、
多くの場合「完璧に取り組まないといけない」と
考えがちです。

たとえば早起きの習慣も
「ずっと5:00起きにしないといけない」
と決めつけているケースもあります。

(実際、私もそう思っていました)

ところが、【週1でいいんだ】と思うと
気軽にスタートが出来ます。

気軽なスタートであっても
実際に5:00起きをしていると

「自分って、意外とできるかも」

と自尊心が高まってきます。

すると、
「早起きが苦手」という思い込みが
だんだん修正されていくのですね。

こうやって自分の自意識が変わってくると(認知が変わってくると)、
行動も変えやすくなってくるのです。

何かを始める際、
【週1】から習慣化するのも悪くないな、
と思っている次第です。

 

今回のポイント


何かを始めるとき「完璧」を求めると挫折する!
まずは気軽に【週1】スタート、してみませんか?

「早起きして勉強をする!」のが続かない理由とは?

ちなみにですが・・・。

 

よく「早起きして勉強する習慣をつけたい」と
いう決意をする人がいらっしゃいます。

 

これ、ほぼほぼうまくいきません。

 

なぜかと言うと、
「イヤなこと」「負荷のかかること」が
2つも入っているからですね。

早起きするのも眠いので「負荷」がかかりますし、
勉強するというのも「負荷」がかかります。

 

なので早々に挫折することになりやすいのです。

 

「負荷」ではなく「ポジティブ」なものをかけ合わせる!

 

一番いいのは
「負荷」のかかることに「ポジティブ」なものを
掛け合わせること、ですね。

 

たとえば

「5:00に起きたら
 早朝からやっているカフェで
 好きなメニューを頼める」

ということにしたり、

「無事5:00起きができた日は
 自分へのご褒美としてスイーツを買ってくる」

ということにしたりするのも考えられます。

 

あるいは
「5:00に起きたら
 出勤時刻まで自由に過ごしてもいい」
などと自由時間を増やすのもいいかもしれません。

 

 

ちなみにいまの私は
「朝5時置き」プラス「頼まれ仕事をする」という
「負荷」が2つもかかっていますが、

「終わった後、自由に過ごしてもいい」

という「ポジティブ」なものがあるからこそ
続いているのだと思います。 

 

(朝のカフェは清々しいですし)

 

フジモトもニガテなりに頑張っています…!

 

ともあれ、
大学院進学をめざすに当たり
「早起きの習慣をつけたい!」
と考える方は多くいらっしゃいます。

 

早起きは私が苦手とするテーマの1つですが(笑)、
きょうの記事のように
私も苦手なりに「頑張って」はいます。

 

 

なにか参考にしていただけましたら幸いです!

 

 

ではまた!


☆メルマガ登録後1通目が届かない場合はこちらをご確認ください。
メールが届かない場合