大学院は受かった「後」が勝負である!入学後に飛躍するため合格したらすぐに弱点の補強を!




本日のポイント

大学院は「受かった直後」で勝負が決まる!
入学までの期間、
自分に不足する知識を身に着けよう!

 

合格のご連絡、続々頂いています!

1月・2月は
大学院進学の本番シーズンです。

 

受験を終えた方から
結果の報告を続々と頂いています。


今週、すごく嬉しいことが。


なんと今週 結果発表があった
3人全員が合格を勝ち取っていらっしゃいました!

 

北海道大学大学院
小樽商科大学大学院アントレプレナーシップ専攻(OBS)、
そして本州の大学院看護学研究科
まったく違うタイプの大学院に
それぞれ合格なさいました!
 


 

連日 合格の連絡を頂いていると
本当に嬉しいです!

 

合格おめでとうございます!

 

合格者との「これからの計画」面談、実施中です!

さて、こうして合格なさった方と
「大学院入学までに取り組むべきこと」
を一緒に考えていく面談をいま行っているところです。

 

大学院受験は
「受かって終わり」ではありません。

受かった「後」、
入学までに何が出来るかが
ポイントとなります。

自分に「欠けている知識」を調べる!

入試までの取り組みを
客観的に見た上で

「自分にはどの分野の知識が
 欠けているか」

を考えてみることがオススメです。

たとえば大学院に受かった後、

「自分は専門知識が足りないので
 入学までの2ヶ月、
 1冊でもいいから専門文献を読んでおこう…」

と考えると
入学までの時間を有効に使えます。

 

「知っていて当たり前」になるからこそ予習を!

特に大学院では
基礎的知識は「知っていて当たり前」
となることが多いです。

 

「あまり本格的に勉強しないまま
 大学院に合格してしまった…」

そういう思いが少しでもある場合、
受かった「直後」から
勉強を再スタートするのがオススメですよ!

 

 

今回のポイント

大学院は「受かった直後」で勝負が決まる!
入学までの期間、
自分に不足する知識を身に着けよう!

 

学部の倍?大学院の中退率

なんどか書いていますが、
大学院って意外と「中退率」が高いです。

 

仕事が忙しい、
急に勤務体系が変わった、という理由から
中退する方もいらっしゃいますが、

「入ったはいいものの、
 授業についていけない…」

「ハイレベルすぎて
 何が何だか分からない…」

ということから中退してしまうケースも
存在しています。

せっかく合格した以上、
そうなってしまうのはもったいないです。

大学院は受かってからが勝負!

なのでうちの塾では
「受かってからが勝負!」
ということで
入学までの期間の学習計画立てのほか、
入学後の学習の応援も行っています。

そうやって
大学院を無事修了できるところまで
あなたをアシストしていければ幸いです!

ではまた!