年間120日やってくる休日を価値的に過ごすには?理想の休日の過ごし方を書き出そう!




今回のポイント
休みの日、価値的に過ごせていますか?
【理想の休日の過ごし方】を
一度書いてイメージしてみませんか?

 

高校教員時代のバタバタ。

私は独立して塾を開く前、
高校教員として勤務していました。

学校教員の頃、
平日は朝から晩まで
ホントバタバタでした。

 

 

 

授業やら打ち合わせやら
生徒対応やらで、

あすの授業の用意ができるのは
基本的には就業後からでした。

(それすらも、
突然の案件でできないことがありました・・・・)

取り組むことが多すぎて、
テスト前や長期休暇前は
終電に乗りそこねることも
多くあったのも覚えています。

 

 

 

平日めちゃくちゃバタバタする反動で、
何も予定がない休日は
夕方近くまで寝てしまうことが
多くありました。

 

夕日が差し込む部屋で
起きて時計を観た時、

「ああ、なにもしないまま
 休日が終わる…」

そんな、
なんとも残念な気持ちになっていました。

 

 

休日の過ごし方でキャリアプランは大きく変わる!

 

休日にどう過ごすか。

 

 

実際の話、
それで今後のキャリアプランは変わってきます。

 

例えばある人は休日
ストレス発散と気分転換のため
ジムで汗を流したり
仲間とスポーツをしたりしています。

 

またある人は平日がしんどすぎるので
1日中寝て過ごす人もいます
(教員時代の私です…)。

 

ある人はぼーっと
1日中Youtubeだけみて
過ごしているかもしれませんし、

ある人は
1日 図書館で集中して勉強し続けているかも
しれません。

家族でどこかに出かける人も
いらっしゃるでしょうし、

またある人は
「よし、大学院進学のために
 英語を勉強しよう!」
と英会話教室に行くかも知れません。

 

 

休日にどう過ごすか。

 

それは、
完全にその人の自由です。

 

ですけど、
長期的に見ると

「休日を価値的に過ごせているか」

ですべてが変わってくるように
感じるのです。

 

 

…とか言っている私も
休日なかなか朝起きれない方なので
反省しよう、と思っているところです(笑)

 

 

今回のポイント

 

今回のポイントです。

 

休みの日、価値的に過ごせていますか?
【理想の休日の過ごし方】を
一度書いてイメージしてみませんか? 

 

 

「理想の休日の過ごし方」を書いてみよう!

 

 

休日をどうやったら
価値的に過ごせるのでしょうか?

 

そのためには
「自分が考える理想の休日の過ごし方」を
一度 紙に書き出してみることを
オススメします。

 

「理想の休日の過ごし方」は
人によって異なります。

 

朝は何時に起きるのか(あるいは起きないのか)、
どこで日中過ごすのか、
どこに行くのか、
どこで食事するのか、
誰とどう過ごすのか。

 

人によって
変わってくるでしょう。

 

 

書いてみると、
「あれ、意外と自分って
 休日をどう過ごしたいか
 考えていなかった…」
ことに気づきます。

 

 

 

これ、けっこう大事なことです。

 

多くの人は
せっかくの休日を

「なんとなく」「ノリで」

過ごしています。

 

 

周りから誘われれば
食事会に行ったり
一緒に遊びに行ったりはしますが、

「自分として休日をどう過ごしたいか」

をほとんど考えていない人も
多いです。

 

 

「なんとなく」「ノリで」「周りに合わせる」ことで
自分にとって有意義な時間を過ごせることもありますが、

そうならないことも多いはずです。

 

休日は年間約120日やってくる!

 

1年間で土曜日は52回、
日曜日も52回やってきます。

週休二日の場合、
この時点で年間104日
休日がある計算になります。

 

 

祝日は年間16回ありますので
合計120日程度はお休み、
という人も多いかも知れません。

 

 

この120日の休み、

「なんとなく」「ノリで」「周りに合わせる」だけで
過ごすなら、
なんとももったいないな、と思います。

 

だからこそせっかくの休日、
価値的に過ごすためにも

「自分にとっての理想の休日の過ごし方」

を考えてみることをオススメします!

 

ではまた!